フリーターとしての人生を振り返る!楽しい時も確かにあった

更新日:

7年間の僕のフリーター人生を振り返ってみる。楽しいこともあったけど、なかなか大変だった気もする。「こういうフリーターもいるんだ」とか、思ってもらえたら幸い。もちろん、これは僕の話なので、全てのフリーターがこういう人生を歩むわけじゃない。ちなみに、フリーターとして普通に一人暮らししていくことが可能。「フリーターになったら人生終わり」とか「人生詰む」と考えるのは早い。

フリーターから脱出して正社員になるのはそんなに難しくないし。まあ、若いうちならの話だけど。脱出したいなら、遅くても29歳までには何とかした方がいいというのが、経験上からの意見。

フリーター人生のスタート

僕がフリーターになった経緯!フリーター人生のスタート

ミュージシャンを目指していた僕。それ系の専門学校にも通った。で、在学中に「とりあえず就職しないと!」と思って就活。しかし、「会社に全てを捧げられないなら、アルバイトでもやってろ」的なことを面接で言われ、正社員として就職する気を失う。

>>正社員になりたくない!僕がフリーターになった理由

専門学校を卒業してフリーター人生が始まった

一人暮らしなので、働かないと生きていけなかった。なので、とりあえず派遣で働き始める。しかしながら、すぐに嫌になって辞めてしまい(ダメ人間)、一時ニートに。そのタイミングで、リーマンショック後の株価大暴騰に乗っかり、株式投資で得た利益で数ヵ月間生活することが可能になる。

>>フリーターが株式投資を始める為に必要なもの!資金が一番のネック

ニートにも飽きたし、資金もなくなってきたのでまた非正規で働き出す

今度は、派遣じゃなくてアルバイト(どっちもフリーターには変わりない)。一応、週5日のフルタイムで働いた。相変わらず株式投資は順調だった。そのおかげで生活はそんなに苦しくなかった記憶が。その影響か、音楽よりも金融関係に興味が移行していく(プロのミュージシャンになれる気もしなくなってた)。

フリーター人生最大の汚点

悪魔の囁き!人生の汚点!ネットワークビジネスに出会う

バイト先に、やたら金持ちな人がいた。すんごいマンションに住んでたし。その人は、「ネットワークビジネス」というものをやっていることのこと。「オレも金持ちになりてえ!」と考え、疑うこともなく参入。

※ネットワークビジネスとは、別名「マルチ商法(違法ではない)」。自分が特定の会社の会員になり、子会員を増やす。子会員が買い物した金額のいくらかが、自分にマージンとして入ってくるシステム

ネットワークビジネスにはまってしまい、人生が少し狂う

たぶん、40万円くらい使った。その時は、フリーターのクセにそれくらいの金額は軽く出せてしまった。これが運の尽きか。商品の買い込みとか、セミナー代とか、交際費とかでお金は消えていった。しかし、儲けは皆無。それでも頑張ってた。友達に連絡しまくったり。

ただ、途中で目が覚めたようで、ネットワークビジネスに違和感を感じ出す。結果、一年くらいで撤退。お金と時間の無駄だった。友達とも何人か疎遠になった(これがマルチの怖いところ)

※どんな金持ちに勧誘されても、信じてはいけない。ネットワークビジネスに参加すると、時間もお金も人脈も失ってしまう危険性が高いのだ。参加してはいけない。経験者が言うんだから、信用してほしい。

>>フリーターがネットワークビジネスにハマった結果

フリーター人生の低迷期

バイトを変える。株式投資は停滞。フリーター人生の低迷期

面倒になって、またアルバイトを変えた。これまたフルタイムのアルバイト。これは長続きした。株式投資は上手くいかなくなる。まあ、もともと運だけでやってたようなもんだし。仕方ない。ネットワークビジネス参入のせいでかなりお金を使ったので、財政は危機的状況になっていく。

>>フリーターの年収はいくら?平均年収と限界年収!どれくらいだと高いか

思い付きでブログを始める。ブロガー人生もスタート

ネットワークビジネスという副業を失い、株式投資も停滞していたフリーターの僕は、思い付きでブログを始める。フリーターになってからガッツリ投資の勉強とかお金の勉強とかしていたので、知識量はそれなりにあった。「この知識を活かしてブログ書いたら楽しいんじゃないか?」と思ったのが始まり。最初は、本当にただの趣味だった。

ブログでお金が稼げると知り、フリーター人生に活気が蘇る

広告貼ったりしてみたら、実際に稼げた。数十円くらい。「あ、ブログで稼げるのか!」と気付いた瞬間である。こうして、「楽しみながら稼げる副業」を手に入れる。

新たな副業を見付けたけど、人生はそう簡単に変わらない

フリーターとしてのアルバイト収入しかほとんどなくなったので、生活が苦しくなり始める。このときに、クレジットカードのリボ払いを使ったり、ヤバイときはキャッシング使ったりした。

>>クレジットカードのリボ払いとは?フリーター向きか

奨学金の返済も地味に大変だった。

>>フリーターが奨学金の返済に困った時の制度など!自己破産しない為に

社会保険に入ってたので、年金とかは給料天引き。なので、そこはちゃんと払ってたよ。

>>フリーターが社会保険と厚生年金に強制加入になる条件とは

この頃は暗黒時代。2~3年くらいは苦しい時代が続いた。ブログではほとんど稼げてなかったし。

フリーターの人生も豊かになる

フリーター奇跡の復活!ブログで稼げるようになる

途中でコツを掴んだようで、ブログで稼げるようになってくる。それに伴い、財政難脱出。その頃の月収とかは、別の項目に書いてある。

>>フリーター時代のリアルな最高月収!副業すれば月収40万円以上も可能

アルバイトで残業が多い月は、結構稼いでた。ただ、今までが大変だっただけに、調子乗って無駄遣いが増えた記憶もある。僕、成長しないタイプかも。とりあえず、僕がやってたブログの稼ぎ方も別の記事に書いてある。

>>フリーターが副業アフィリエイトで月30万円稼いだ方法とコツ

フリーター人生からの脱出

フリーター人生から脱出を志すようになる

27歳くらいの時。だかんだで数年間付き合っていた彼女がいた。「そろそろ結婚したい!」と思ったら、「フリーターじゃダメだ!」と感じるようになる。稼ぎはあっても、フリーターはフリーターである。社会の底辺である。世間体の問題もあるので、「フリーターから脱出して正社員になる!」と決意する。状況が変われば、なりたくなかった正社員だって志すわけだ。「キッカケ」って、本当に大事なのかも。たぶん、結婚なんて考えなかったら、フリーターから脱出しようとか思わなかったはず。

つまずきながらもフリーター人生から脱出!

就活経験なんてほとんどなかったので、「転職エージェント」に頼ることに。しかし、大手のリクルートエージェントとdodaからは登録拒否を食らう。

>>フリーターがリクルートエージェントとdodaに申し込んだら登録拒否された

フリーターは、転職市場では価値が低いんだ。当然ながら。落ち込んだけど、気を取り直して、フリーターでも使える転職エージェントを探し、見つける。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

やっとエージェントのサポートを受けながら就活ができるようになったが、そのあとも苦労の連続。就活って疲れるのね。しかし、数をこなすうちにコツを掴んだのか、運が良かったのか、内定ゲット。無事、フリーターから脱出を果たす。

無事に結婚。子供も産まれる。普通の人生を謳歌する

結婚してしばらくして子供が生まれ、野心をなくし、平和ボケしそうな平和な日々を送っている。相変わらず、ブログは続けている。仕事なんかしてないで、ブログ書いていたいくらいである。平和なのはいいんだけど、もっと楽しいことないかなぁ。とか考えたりする。

仕事やめたい

で、今ここ。フリーター時代の方が、やっぱり楽だった。人生って、難しいな。しばらく、我慢の日々が続くのかも。

>>フリーターという生き方は自由?メリットとデメリット

-フリーターの特徴

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.