フリーターがアルバイトを辞める時の理由!就職の内定など

更新日:

労働法の部分では、特に「アルバイトを辞める理由」なんて必要ないのだが、理由があった方が辞めやすい場合もある。なので、ここでは「使えそうな辞める理由」をまとめてみる。ちゃんとした理由がないと、「代わりが見つかるまで待ってくれ」とか言われる場合もある。気の弱い人は、拒否できなかったり。(「代わりがいない」とか、労働者には関係ないので、本当は無視しても何の問題もないのだが)

なので、「待って」と言われにくい「アルバイトを辞める理由」を書いていくことに。

※辞めたいときは「辞めたいです」じゃなくて「辞めます」と言うのが正解

>>フリーターがバイトを辞めたいと思ったら!すぐに辞める方法も

他のバイトや就職が決まっているので辞める

「~月から次の仕事が決まっているので、辞めます」

これが、一番有無を言わせないパターン。決まっているのは、アルバイトでも正社員でもいい。(別に、決まっていなくてもいい)「辞める」と申告する月の、一ヶ月ちょっと先くらいから始める体にしておくとスムーズに辞められる。辞めるまでの期間は、労働法上では、最短二週間。契約上は、一ヶ月が多数。

一ヶ月ちょい前に、「次が決まっているので辞めます」。文句は言われるかもしれないが、法律的にも就業規則的にも問題ないし、拒否できないので、スムーズ。

正社員を目指して就活するので辞める

「就活をしっかりやりたいので辞めます」

ただし、これだけじゃ「ちょっと待って」が発動する危険がある。なので、「就活をしっかりするために、時間に融通が利く短期アルバイトを見付けました。それが来月中旬からスタートなので、辞めます」のように、カスタマイズするといい。(別に、本当じゃなくても・・・ごにょごにょ)

引越すので辞めます

「遠方に引っ越すことになったので辞めます」

嘘の場合、かなりの確率でバレるかも。これも、「就職が決まり、地方での勤務になるので、一ヶ月後に退職します」のようなカスタマイズが必要。

仕事が嫌すぎて辞めます

「仕事がきつすぎて辛いので、もう辞めます」

「職場の人間関係に疲れすぎたので、辞めます」

これを大事っぽい感じで言えば、辞められるはず。本当だったら、これを素直に言い、詳細を説明すれば、本当にすぐに辞めさせてくれるかも。間違っても、「辞めさせて頂きたいんですが・・・」とか言わないこと。「辞める」のは、アルバイトの選択。そこを上司とかに選択権を与えてはいけない。

うつ病になったので辞めます

「うつ病になったのでもう行けません」

知り合いがやってた「アルバイトを辞める理由」。これなら、すぐに辞められる。

(僕の知り合いはかなり頭脳派キャラで、しかも強い人だったので、本当だとは思えなかったが・・・)
(うつ病かどうか疑わしかったら、リアルに病院に行って診断書をゲットすると更に効果的)

アルバイトを辞める理由なんてなんでもいい(嘘も方便)

真面目に、これが結論。上記のような理由付けをした方が、スムーズに辞めやすいってだけ。でも、嘘はよろしくない。嘘は(これも嘘かも)。

>>アルバイトが決まらない時の対処法!フリーター向け

>>フリーターから正社員になるには?就職する為に必要なこと

-フリーターとアルバイト

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.