転職サイトでフリーターから正社員!アルバイトやパートから就職

更新日:

フリーターが転職サイトを使うと苦戦する

フリーター(アルバイトやパート)でも、正社員が転職に使うような求人サイトに登録して使うことができる。しかし、経験者の立場から言うと、フリーターが転職サイトを使って正社員就職を目指すのは難しい。

フリーターだと転職サイトを使っての就職が難しい理由

「フリーターの採用を前提としていない企業が多い」というのが挙げられる。ライバルには正社員が多くいるので、基本的にフリーターは不利。僕も実際に使っていたが、恐ろしいほど書類選考が通らなかった。

フリーターが転職サイトで正社員を目指すなら

フリーター歓迎の転職エージェントか、わかものハローワーク・ジョブカフェをメインに使いながら、空いた時間に転職サイトで応募する。僕はそうしてた。転職サイトかたでもたまーに書類選考を通過できたので、少しは効率が上がる。

こんなフリーターなら転職サイトもおすすめ

過去の僕のように、アルバイト経験のみのフリーターなら、フリーター歓迎の転職エージェントかわかものハローワークをおすすめしたい。しかし、正社員経験が豊富なフリーターなら、書類選考や面接を通過しやすくなる可能性があるので、そういうフリーターには転職サイトもおすすめ。

アルバイト経験しかないフリーターでも転職サイトを使えるか

アルバイト経験のみ、高卒などのフリーターでも使える。経験者優遇の求人は難しいが、未経験歓迎の求人なら、職歴や学歴が弱いフリーターでも応募できることが多い。

転職サイトの効率的な使い方

複数の転職サイトに登録して使い分ける。サイトごとに掲載されている求人が違うので。これは、求人サイトを使うなら当たり前のノウハウ。

フリーターが転職サイトを使う時の基礎知識

登録する職歴はアルバイトでも大丈夫

アルバイト経験しかない(職歴なしの)フリーターの場合、むしろアルバイトやパート、派遣社員としての経験しかないはずなので、それ以外に書くことがない。書かないよりはマシ。

未経験歓迎の求人にも強いライバルが集まる

正社員でも、転職の際に未経験歓迎の求人を狙うことは普通にある。未経験歓迎しか狙えないような職歴だったり、他の業種にチャレンジしていたりと。正社員就職を目指す場合、常に「ライバルがたくさんいる中で勝つ必要がある」という意識が持った方がいい。

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.