テレアポのアルバイトは辛い?実際の経験から感想

更新日:

テレアポのアルバイトを実際にやった僕が、「どうだったか?」を簡潔に書いていく。結論から書くと、「辛いからおすすめはできない」になるのだが。個人差はあるにせよ、やはり離職率が高かったのは否めない。時代的に難しい仕事になってしまっているので、あんまりおすすめのバイトとは言えないのだ。時給は高い傾向にあるけど、やっている会社は小さい会社が多かったりするのもイマイチな点。

テレアポバイトの特徴

電話でアポイントを取るアルバイト

「テレアポ」というのは、【テレフォンアポインター】の略で、電話を掛けて「アポ」を取るのが仕事。要は【電話営業】である。テレアポのアルバイトで取るのはあくまでも「アポ(行きますよという約束)」で、営業に行くのは別の営業マンというのが基本(これを【ルート営業】と呼んだり)。ちなみに、受信のみのコールセンターとはかなり違うアルバイトになるので、混同しない方がいいかと。

>>コールセンターのバイトはきつい!楽な場合もある!フリーター向けか

テレアポのアルバイトでやることとは

座って一日中電話を掛けまくる

これだけ。不特定多数の法人や個人に電話を掛けまくる。やることは基本的にこれだけ。単純作業だけど、きつい人には本当に辛い。これを続けられる人の精神力は並じゃない。

テレアポのバイトが辛い理由

テレアポのアルバイトはもうやりたくない

フリーター時代にやってみたけど、きつかった。二度とやりたくない仕事の一つ。すぐに電話を切られる「ガチャ切り」は当たり前。ずっと座って機械のように電話を掛け続けるのはマジできつい。アポが取れないとSV(リーダー的な人)に詰められる。

とにかく、精神力を求められるきつい仕事。そもそも、これだけ電話を使った詐欺が横行している世の中だし、受ける側もみんな「慣れてる感」があるし、時代遅れな営業方法な気がしてならない。事実、僕がやってたときの職場では、「昔のエース」でも全然アポが取れない始末だった。

テレアポのアルバイトのメリット

そんなテレアポのアルバイトにも、一応メリットはあるはずなので、絞り出してみる。

  • 時給がそこそこ高い
  • 成績次第ではインセンティブが貰える
  • お客さんとは対面で接することはない
  • 足は疲れない

こんな感じ。僕がやってたところなんて、給料の支払い遅延を普通に起こすような会社だったが・・・

テレアポのアルバイトのデメリット

これに関しては、前述している部分もある。簡単にまとめると、

  • 精神的にタフじゃないと続かない
  • 座り仕事で単純作業なので疲れる

という感じ。テレアポ業務を普通にやっている会社は、かなり小さい会社であることも珍しくないので、それ故のデメリットもあるかと。僕がやってた会社なんて、既に倒産している。

テレアポは決しておすすめできるアルバイトではない

面接に行って、職場の雰囲気を見たときに「なんか胡散臭い」と感じたら、やめておいた方がいい。それだけで生活していこうとしているフリーターなら、尚更だ。すぐに次の職場を探すことになるかもしれない。何より、仕事的に【時代遅れ】感が半端じゃないし、スキルアップに繋がるような仕事でもない。「楽そう」という理由でテレアポのアルバイトを選ぶのは、間違っている。だって、きつい仕事だもの。

※人によって特性は違うので、あなたに絶対に合わないとは言わない。そこは「個人の見解」として、逃げさせて頂く

>>楽なアルバイトときついアルバイト!フリーター経験から選別

-フリーターとアルバイト

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.