フリーターの定義とは?わかりやすく解説

更新日:

フリーターの定義とは

「アルバイトやパートが生業の人(学生や主婦・主夫は含まれない)」

フリーターの定義をわかりやすく説明すると、このようになる。ただし、出典によってフリーターの定義は少々違うので、以下に3つだけ引用しておく。

フリーターの定義とは|厚生労働省の定義

フリーターは、15~34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者のうち、以下の者の合計としている。

  • 雇用者のうち「パート・アルバイト」の者
  • 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
  • 非労働力人口で、家事も通学もしてない「その他」の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

{引用}フリーター、若年無職者の推移|厚生労働省

あくまでも、「厚生労働省はこういう定義で統計を取っている」というだけの話。

フリーターの定義とは|Wikipediaより引用

フリーターは、日本で正社員・正職員以外の就労形態(契約社員・契約職員・派遣社員・アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す言葉。学生は含まれない。

{引用}フリーター - Wikipedia

この場合、「非正規雇用の人=フリーター」になっている(学生は含まれない)。もちろん、主婦・主夫も含まれないだろう。Wikipediaも完璧ではない。

フリーターの定義|コトバンクより引用

定職に就かず、アルバイトで生計を立てる人。フリー_アルバイター。

{引用}フリーターとは - コトバンク

この場合は、「フリーター=アルバイトで生計を立てる人」のみで定義されている。

フリーターの定義と年齢

厚生労働省は「フリーターは34歳まで」と定義している。しかし、「40代のフリーター」や「50代のフリーター」がいるのも事実。今の時代、フリーターの定義に年齢は必要なのだろうか?

-フリーターの定義

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.