フリーターは書類選考に通らない!落ちる!通過する方法

更新日:

フリーターは職歴が弱いので、正社員求人だと履歴書と職務経歴書だけで行う書類選考で落とされやすい。経験者から言わせると、「フリーターは書類選考が通らない!」と感じているのなら、就職活動のやり方をさっさと変えた方がいい。就活方法を間違えると、フリーターは本当に書類選考で苦戦するのだ。

フリーターが苦戦する書類選考

生粋のフリーターは転職サイトだと書類選考で落とされる

僕が就職活動していたとき、書類選考で落とされまくったのは、「リクナビNEXT」や「en転職」のような転職サイト。一度も正社員経験がないフリーターだったからか、かなり落ちまくった。「未経験歓迎!」の求人にだけ応募してたのに、特に歓迎してもらえなかったのだ。

>>転職サイトでフリーターから正社員!未経験歓迎の求人を狙え

どうしてフリーターは書類選考に落ちるのか

考えられる理由として、「正社員のような強いライバルがたくさんいるから」がある。転職サイトは、多く人が使っている。正社員から正社員の転職の為に使っている人も多い。そんな中で、採用する側からすると、わざわざフリーターなんて選ぶだろうか。それに、未経験歓迎の求人にも、経験者が応募してくる可能性は高い。そんな状況で、生粋のフリーターが書類選考で勝てるわけないじゃん・・・という説も考えられる。

職歴が強いフリーターなら転職サイトでも書類選考通過できる可能性もある

同じ業界での正社員経験がそれなりにある「元正社員のフリーター」とか。やはり、「経験がある」というのは優遇される。特に、中途採用だと、即戦力が欲しいだろうし。

「タウンワーク社員」のような求人情報誌でも書類選考が通らない

いくらアピールしたって、「職歴がアルバイトしかありません」なんて人材を、企業がわざわざ欲しがるとは考えにくい。

フリーターが正社員求人の面接まで行くには

就活のやり方によってはフリーターでも書類選考をガンガン通過できた

フリーター向けの就職支援サービス(転職エージェント)を使ったら、生粋のフリーターでも書類選考を通過できた。むしろ、書類選考に通らないことがなかった。転職サイトや求人情報雑誌を使って書類選考が通らないのなら、使ってみてほしい。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

就職支援サービスなら履歴書・職務経歴書の添削と、企業への推薦をしてくれる

フリーターの就職支援サービスに求人を出している企業は、「フリーターでも正社員として採用する!」という意欲のある企業ばかり。しかも、担当者もフリーターの就職支援に長けているし、冒頭に書いたように履歴書と職務経歴書の添削もしてくて、企業に推薦もしてくれるので、フリーターでも書類選考を通過できる。その後の面接対策(模擬面接など)もしっかりしてくれるので、書類選考を通過したあとのフォローもバッチリ。

履歴書と職務経歴書はパソコンで作るべきか

アルバイトの応募ならどちらもパソコンで作っても全く問題がない。僕がフリーターの就職支援サービスを使い正社員を目指して就活していたときは、「履歴書は手書き、職務経歴書はパソコン」という作り方をしていた(全部パソコンで作った方が、手直しが圧倒的に楽だったけど)。もしかしたら、利用する就職支援サービスによって方針は違うかもしれない。

フリーターが書類選考を確実に通過する方法

それは、書類選考を免除してくれるフリーター向け転職エージェントを使うという方法。扱っているのは、もちろん正社員求人。フリーター向け転職エージェントの中には、書類選考を免除してくれるものがいくつかあるので、そういうエージェントを使ってしまえば、そもそも「書類選考が通らない!」なんて悩む必要がないのである。

書類選考を免除してくれているフリーター向け転職エージェントは、以下の3つ。

リクルート例列の「就職Shop」

リクルート系列だけあって、持っている求人は8,000以上と、フリーター向け転職エージェントの中ではかなり多い。応募先企業は、就職Shopが全て取材済みなので、担当者に詳細を聞くこともできる。拠点がある地域は「東京都(新宿、北千住、立川)、大阪府、千葉県、埼玉県、神奈川県、京都府、兵庫県」と広く、フリーター向けエージェントの中ではかなりの大手。年齢制限は特になし。

>>リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

就職成功率96%以上の「DYM就職」

DYM就職は、フリーターやニートの就職支援にとにかく強い。東証一部上場のような大手企業の正社員求人から、ベンチャー企業の正社員求人まで多数抱えていて、業種も多岐にわたる。持っている求人は2,000以上。拠点がある地域は「東京都(品川区)、愛知県(名古屋市)、北海道(札幌市)、大阪府(大阪市)、福岡県(福岡市)」と広い。使えるのは35歳まで。

>>DYM就職

就活講座で学んでから就活できる「JAIC」

JAIC(ジェイック)

「10日間の就活講座を受けてから、書類選考なしで面接」という、流れ的には少し特殊なフリーター向け転職エージェント。もちろん、個別サポートも充実。JAICが紹介してくれる求人は、入社後の定着率が94%以上の優良求人ばかり。つまり、続けられる仕事が見付かる。拠点がある地域は「東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、福岡県」になっている(期間限定で他の地域に拠点を設けていることもしばしば)。「29歳まで」という年齢制限あり。

>>JAIC

フリーターでも書類選考を通過できる!正社員になれる!

就職活動のやり方を間違えなければ、フリーターでも正社員求人の面接まで行くことは十分可能。「フリーターは正社員になれない!」なんて、迷信でしかないので惑わされないでほしい。

>>フリーターの就職は難しい?無理じゃない証拠

フリーターから正社員として就職するのはそう難しくなく、「正社員になったあと、仕事を続けられるか」の問題の方が大きかったりする。せっかく書類選考の問題を解決し、面接を通過して正社員になっても、アルバイトとは環境や待遇、扱われ方が違う仕事を長く続けられるのか。そっちの方も考えた方がいいと思う。

>>フリーターから正社員になるには?就職する為に必要なこと

-フリーターから正社員

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.