フリーターは書類選考が通らない理由と対策|バイトから正社員への壁

更新日:

フリーターは書類選考が通らない?

僕がフリーターから正社員を目指し始めた頃、求人サイトを使ってひたすら応募していた。しかし、恐ろしいほど書類選考が通らなくて心が折れそうになったのをよく覚えている。10件応募して、1件でも面接に行ければいい方だった。こんな感じで、フリーターは正社員求人の書類選考に苦戦しやすいそうな。

フリーターが書類選考を通過できない理由

そもそもライバルが強い

「未経験歓迎なら行けるっしょ!」と勘違いし、転職サイトなどを使う。しかし、実際は「正社員経験者」などの強力なライバルがたくさん応募してくるので、書類選考の段階でフリーターは落とされる。

フリーターは低く見られがち

確かに、正社員よりも優秀なフリーターもたくさんいる。しかし、世間はそんなことは考えない。「フリーター=ダメな奴」だし、フリーターとニートも世間的には大差ないので、書類選考という戦場では、フリーターは弱いのだ。

フリーターは転職市場での価値が皆無

フリーターから正社員を目指す際に飛び込む「転職市場」というマーケットにおいて、アルバイト・パートでの経験は、「社会人経験」にカウントされない。つまり、以前の僕のような、アルバイト経験のみのフリーターは、「転職市場での価値はゼロ」となってもおかしくないのだ。そんな人材が、書類選考を通過できるかって話。

フリーターが書類選考を通過するには

フリーター向けの就職支援サービスを使う

僕がやったのがこれ。就活のやり方を変えただけで、アルバイト経験のみにフリーターでも、書類選考で落とされなくなった。まあ、今度は「面接がむずい」という問題に直面したけど。もし、求人サイトで苦戦しているようなら、フリーター向けの民間の就職支援(転職エージェント)か、わかものハローワークあたりを使ってみて頂きたい。

関連フリーターにおすすめの転職エージェント15選!バイトから就職可能

関連わかものハローワークとジョブカフェとは?特徴や違いを解説

とにかく応募しまくる

20代のうちなら、未経験歓迎の正社員求人に応募しまくれば、求人サイトからでも書類選考をたまに通過することができる。通える場所にフリーター向けの就職支援サービスがないなら、その方法も間違いではない。

選考用の書類や職務経歴はちゃんと作る

職務経歴書なんかは、アルバイト経験のみでも書くことはできる。僕の場合、アルバイト・パート・派遣社員の経験しかなかったから、他に書くことなかったし。書類選考では、とにかく「書類」が審査対象になるので、テンプレを使うなどして、しっかり作り込む。求人サイトに登録する職務経歴書も、完璧なものにする。

関連フリーターでも職務経歴書は書ける!効果的な作り方も解説

フリーターから正社員になるのを諦める

正社員になるだけが収入を得る方法ではないし、終身雇用も無事に終わっているしで、他の方法を探すのもあり。年齢的な問題もあるだろうし。まあ、正社員になるのが一番簡単なんだけど。

-正社員になるには

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.