フリーターに社会的信用がない理由と社会的地位を上げる方法

更新日:

フリーターには、社会的信用というものがない。なぜなら、社会的地位が低いから。住宅ローンを組むことなんてまずできないし、正社員になろうとしても冷遇される。世間からは常に冷たい視線が浴びせられる。それはなぜか。

最近の日本では非正規雇用者も増加しているそうだし、「アルバイトやパートで生計を立てるのも働き方の一つ」として認識してくれてもよさそうなものなんだが、日本人はなかなか正社員以外を認めようとはしない。まあ、それなりの理由もあるんだけどね。

世間がフリーターを認めていないから

日本には、「正社員こそ全てだ」と思っている人が多い。「稼いでる個人事業主より、給料安くても正社員!」という変更志向の人もいる。日本の教育システムの成功というか、何と言うか。日本は、働き方の多様性を認めない人が多い。世の中にはフリーターがたくさんいて、その人たちも立派に日本という社会を支えているにも関わらず。つまり、偏見を持っている人が多いということ。偏見を持っている人が多いから、社会的信用がない。

>>フリーターは悪くない!何がそんなに悪いのか

安定した働き方ではないから

フリーター(アルバイト・パート・派遣社員・契約社員)は、雇用契約期間に定めがある雇用形態。つまり、「非正規雇用」なので、正社員ほど「安定した働き方」とは言えない。(正社員は、基本的に定年まで働くことを前提とした「無期雇用」)住宅ローンが組めなかったり、車のローンが組めなかったり、クレジットカードを作りにくかったり、賃貸契約の時に微妙な顔をされたりするのは、「収入が低いから」という要因もあるが、「安定性がないと見込まれるから」という要因の方が強い。

>>フリーターは安定してない?安定性について

フリーターは職歴にカウントされないから

転職市場での話。実際は、アルバイト経験などでも職務経歴書に書くことができる。それに、アルバイトだけで生活していても、立派な社会人である。ところが、これが転職市場になると、「フリーター経験は職歴に含まれない」という扱いになってしまう。学校を卒業してからずっとフリーターだった場合、転職市場では「社会人経験がない(働いたことがない・既卒)」という扱いになるのだ。

>>フリーターと既卒の違い?フリーターは既卒に含まれる場合も多い

それに、前述のように、フリーターに対して偏見を持っている人も多く、フリーター経験がマイナスになっても、プラスに働くことはまずない。このように、フリーターは世間体の面でも、金融の面でも、転職市場でも、社会的信用がない。フリーターに社会的信用がないのは、偏見的なものも多いが、こういうしっかりした理由もあるのだ。

>>フリーターという生き方は自由?メリットとデメリット

フリーターが社会的地位を上げて信用を得る方法

正社員になる

一番確実で簡単な方法。日本では、正社員の方がフリーターよりも社会的地位が高い。住宅ローンが組みやすいなど、社会的信用もある。そして、フリーターから正社員になるのは、20代ならば言うほど難しくない。最近では、転職エージェントのようなフリーター向けの就職支援サービスも充実しているので。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

事業を始めて開業する

何かできることがあるなら、事業を始めて個人事業主(フリーランス)になるのもあり。稼げるようになったら、法人化して社長になるとか。ただし、業種や収入によってはそこまで社会的地位が向上しないという問題がある。しかも、確実性が低いので、正社員になった方が手っ取り早い。

>>フリーターから抜け出すには?脱出方法3選

>>一生フリーターはダメなのか?「別にいい」と思うならやるべきこと

-フリーターの特徴

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.