転職サイトと転職エージェントの違いとは?どっちがいい?併用も可能

更新日:

転職サイトと転職エージェントの違いについて簡単に解説。名前は似ているが、それぞれ全く異なる特徴を持ったもの。やれることが違うので、併用することもできる。それに、転職サイトを使いながら別の転職サイトを使ったり、転職エージェントを使いながら別の転職エージェントを使ったりと、その辺の併用も可能。

フリーターにはどっちがおすすめかという点で書くと、圧倒的に転職エージェント。しかも、フリーターの就職支援をメインに行っている転職エージェントがいい。僕も実際に使っていたのだが、就活のやり易さがまるで違った。フリーター向け転職エージェントなら、フリーター向けの就職支援を受けられるし、紹介される求人も、フリーターでも正社員になりやすいものばかりだったので。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

転職サイトを使う手順

転職サイトは、簡単に書くと下記のような手順で使う。

  • サイトに登録し、職務経歴などを登録
  • 自分で求人を探し、気になった求人に応募
  • 書類の準備や面接対策などは自分で行う

こんな感じで、自分一人で転職活動をするのが転職サイト。「自分一人で」が当たり前と思うかもしれないが、転職エージェントだとここに大きな違いがある。ちなみに、希望にマッチしてそうな求人を紹介してくれる「スカウト機能」を備えた転職サイトもいくつかある。まあ、実際に使ってみるとわかると思うが、結構的はずれな求人も多く紹介されることも。

転職エージェントと転職サイトの大きな違い

  • 転職エージェントのオフィスに足を運んで就職支援を受ける
  • 求人を紹介して貰える
  • 自分一人でやらない(サポートを受けられる)
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポートが充実
  • 企業と自分の間に入って仲介をしてくれる

ネット上だけで完結する転職サイトとは違い、転職エージェントは、基本的に転職エージェントのオフィスに足を運んで転職支援を受ける。自分に担当者がつき、マンツーマンで支援してくれるのだ。「民間のハローワーク」とでも思っておけば分かりやすいかも。担当者は、希望条件に合いそうな求人を紹介してくれるし、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、応募先企業への推薦、面接日程の調整、面接後のアフターフォローなどをしてくれる。

※転職エージェントによってサービスに違いはある

このように、転職エージェントは、自分一人で活動する転職サイトとは大きな違いがある。一見、転職エージェントの方が面倒にも見えるが、サポートが充実している上に、応募先企業との仲介もやってくれるので、使ってみると意外と便利だったりする。

代表的な転職サイト

  • リクナビNEXT
  • en転職
  • マイナビ転職

書類選考や面接に自信があるのなら、転職サイトでガンガン応募した方が時間的効率はいい。転職サイトと違い、エージェントはオフィスに行くのが基本なので、その分時間を取られるというデメリットがある。

>>リクナビNEXTとは?登録の流れや使い方!フリーターでも使えるか

代表的な転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • doda(デューダ)
  • ワークポート

転職エージェントは、ネットで登録した後にエージェントから連絡があり、面談の日程を決める流れになっている。転職エージェント自体の併用も可能だが、転職エージェントを使いながら、隙間時間に転職サイトを使って応募していくという併用の仕方もある。ちなみに、フリーターだと上で挙げたような大手転職エージェントから登録拒否を食らうこともある。

>>フリーターがリクルートエージェントとdodaに申し込んだら登録拒否された

-フリーター向け転職エージェント
-,

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.