正社員になりたくない!僕がフリーターになった理由

更新日:

僕は二十歳の頃から7年間もフリーターをやっていたわけだが、そうなった理由をここに書いておくことに。単純に言うと「正社員になりたくなかったから」なのだが、どうしてそう考えるようになったのかについて。まあ、昔から日本社会に疑問を持っていたので、当然と言えば当然の流れだったのかも。

個人的には、「正社員こそが全てだ」という日本の偏向思考に疑問しか持っていないので、別にバイトだけで生活するフリーターになるのも問題だとは思ってない。「フリーター=クズ」じゃなくて、僕みたいに「フリーター=働き方の一つ」と捉える人がいてもいいじゃん。みんなが同じ考え方の社会なんて、気持ち悪いだけじゃないのかなぁ。

>>フリーターは悪くない!何がそんなに悪いのか

正社員になったら、仕事だけの人生になる気がした

別に、正社員として働きたいわけじゃなかった。僕は本気でプロのミュージシャンを目指していたので、「仕事に忙殺されて、仕事だけで人生が終わる」のがどうしても嫌だった。今思えば、正社員で夢を目指している人もいるので、考えすぎだったかもしれない。ただ、当時の僕は、正社員になりたくないので、「フリーターになる」という道を選んだ。

一応、在学中に就職活動はした

したんだけど、一社だけ面接をした感じだと、「仕事に全てを捧げてほしい」的なことを言われたので、げんなりして就活を辞めた。そこから更に、「正社員になりたくない」と強く思うようになった。世間知らずだったし、若気の至りなんて、こんなもんだよね。

夢を追うなら、正社員か、フリーターか

正社員でも、夢を追いかけている人がいる。でも、「毎日終電まで仕事」なんて生活を強いられる会社に入社してしまったら、夢を追うどころではなくなるだろう。結局、「どんな会社に入るか」で、正社員でも夢を追えるのか否かが決まってしまうということだと思う。その点、「時間の自由」という面では、フリーターの方がマシだ。何が正解かは、やってみないとわからない。世の中、これが真理ってもんでしょうよ。

>>フリーターという生き方は自由?メリットとデメリット

その他、フリーターが生まれる理由

・就職活動に失敗した
・やりたいことがなかった
・正社員になったけど、辛い思いをしたので、フリーターになった

こういう人たちも見たことがある。人生なんて長いんだし、一度くらいフリーターになっても、別にいいと僕は思っている。それに、今の日本社会は、非正規雇用が増加しているそうじゃないか。フリーターなんて、別に珍しくもなんともない存在になってきているんじゃないだろうか。

>>フリーターは悪くない!何がそんなに悪いのか

なぜそんなに正社員にこだわるのか

正社員、いいと思う。非正規雇用よりは安定しているし。ただ、「稼げたとしても、自営業やフリーランスなんかより、正社員がいいに決まっている」という、偏向思考を持った人に会ったこともある。日本は、高度経済成長期はとっくに終わっている。今は東証一部に上場している会社でも、生き残りに必死だったりする。正社員に安定は、会社の安定があってこそだ。会社の安定が危ういこれからの時代に、何が「安定」なのか、もう一度考える必要があるのではないだろうか。

>>「正社員は安定している」という幻想!従業員として働くリスクについて

とか言っても、フリーターはやっぱり不安定である。老後とか、絶対に不安になるし。まあ、何が正しいかは、自分で決めるのがベスト。他人は、自分の人生の責任なんて取ってくれないし。(なのに、偉そうにアドバイスをしてくるから、不思議である)

>>フリーターでも生活できる!「生活できない」を払拭する為に

-フリーターとして生きる為に

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.