フリーターから正社員になるメリットとデメリット

更新日:

フリーターから脱出して正社員になると、何を得られるのか。また、何を失うのか。経験者の立場から、思い付く限り書いてみることに。フリーターから正社員になるのは確かにデメリットもあるが、メリットの方が多いのはお察しの通り。しかし、「どの会社に就職するかで全く違う」という事実も無視できない。

「正社員」と括ってしまうのはもしかしたら間違いなのかもしれない。仕事内容や慣習は業界によって全く違うものだし、同じ業界でも会社によって全く違うものだから。「正社員がどう」という問題ではなく、「その会社はどうなのか」の問題の方が実は大きいというのが僕の見解。

一人のフリーターだけ見てもフリーターの実情はわからないように、一つの仕事だけ見ても正社員の実情なんてわからないということだ。その辺も踏まえて読んでみてほしい。

フリーターから正社員になるメリットは?

正社員になると給料が上がる。収入が増える

「前にやってたアルバイトの方が給料が良かった」となってしまうケースもあるだろうけど、大抵の場合は上がるはず。これが一番のメリットだろう。

>>フリーターの年収はいくら?平均と限界収入!どれくらいの給料だと高いか

正社員になると堂々と自分の職業が言える

僕の場合、堂々と「フリーターやってます!」とは言えなかった。日本の場合、正社員になっておけば、堂々と言える。同窓会とかも堂々と参加できるというメリット。

正社員になれば社会的信用が得られる

フリーターは、住宅ローンなんか組めない。正社員になれば、そういうローン的なものとか、やりやすくなるというメリット。みんな、正社員を信用しすぎな気もするけど。

>>フリーターに社会的信用がない理由とは?社会の底辺の苦悩

正社員になれば堂々と結婚できる

正社員になっておけば、大抵の人は納得してくれるというメリット。昭和世代には一番響くか。嫁から「給料安すぎ!」とか後で言われたりとかするんだろうけど。

>>フリーターは結婚できるかできないか?一応無理ではないが

正社員になればボーナスが出る

フリーター時代にはほとんど縁がなかったボーナスが貰えるというメリット。まあ、貰えると嬉しいもんである。ただし、「正社員になれば十分なボーナスがもらえる」とは限らないんだけど。小売業界とか、安い会社はかなり安いらしい。

正社員になれば何となく安心できる

幻想かもしれないけど、「社会通念」の魔力は強い。これだけ不安定な時代でも、会社がいつまで存続するかわからなくても、「正社員」になると安心するというメリット。フリーターの経験があるから、尚更強く感じているのかもしれない。

>>正社員は安定しているか?従業員として働くリスクについて

フリーターから正社員になるデメリット

正社員になると社畜化してくるかも

フリーター時代でも、社畜みたく扱われた酷いアルバイトはあった。逆に、正社員でもある程度自由な会社はある。これは、完全にケースバイケースである。入ってみてからのお楽しみ。僕の場合は、社畜化が進行した。

正社員になると時間の自由が効かなくなってくる

アルバイトが本業だったフリーター時代は、残業なんてほぼなかったし、休みも結構とりやすかった。気軽に欠勤もできた。正社員になると、そうもいかない気がしてしまうというデメリット。まあ、実害もあるんだけど、何となく「しっかりしないと」と心のどこかで思っている僕がいる。

正社員になると転勤の可能性が出てくる

基本的に、フリーターに転勤はない。正社員になると、あるところはめっちゃあるというデメリット。あんまりしたくないけど、突然やって来る転勤。できれば、来ないことを祈っている。

正社員になると仕事の難易度が増す。かも

アルバイトよりも難しい仕事を任されるのが正社員というものらしい。フリーター時代よりも仕事がダルくなるかもしれないというデメリット。
僕はあんまり感じてないけど。(仕事内容がダルいとかじゃなくて、そもそも仕事がダルいタイプの人間なので)

>>フリーターという働き方の特徴

関連項目

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.