「正社員は安定している」という幻想!従業員として働くリスクについて

更新日:

正社員は安定しているわけではない。なぜなら、従業員として働いている以上、リストラの可能性、会社倒産の可能性、自分が働けなくなる可能性などがあるから。一つの収入源に依存していると「収入がゼロになる可能性」を抱えていることになり、安定していないということ。その点を理解せずに、「正社員は安定している」という幻想だけを信じるのは危険。正社員でも、転職慣れして会社を渡り歩けるようになったり、副業などで収入源を増やしたり、大きな金額の貯金をしたりしておかないと、安定は手に入れられない。

正社員はフリーターより安定してる

正社員は、フリーターよりは圧倒的に安定している。正社員は、正規雇用。雇用契約の定めがなく、基本的に定年まで働くことを前提としている。一方、フリーターは非正規雇用。雇用契約に定めがあり、契約更新していかないと長く働くことはできないのが通常。それに、正社員よりもアルバイトの方が先に解雇されやすいので、フリーターよりも正社員の方が安定していると言える。

>>正規雇用と非正規雇用の違いとは?生涯賃金格差や待遇の違いなど

正社員として働くリスク

正社員は一生安定した働き方なのか?

正社員にも、以下のようなリスクがある。

  • 会社が倒産すれば無職になるから
  • 正社員でもリストラの可能性はあるから
  • 自分自身が病気などで働けなくなる可能性あるから
  • 会社や仕事が嫌になる可能性があるから

(そもそも、「今後の日本は大丈夫か?」という問題もある)

今は高度経済成長期の頃とは違い、「正社員になって定年まで働けば安定」というのは幻想になりつつある。というか、その「安定」の概念自体、もともと幻想だったのかもしれない。

肝心の会社は安定しているのか?

会社が30年存続する確率は1%未満というデータもある。つまり、会社が定年まで存続していることは、確率的には奇跡に近いことという見方もできるということ。高度経済成長期はとっくに終わり、日本は低迷へと向かってどんどん加速している。「作れば売れる時代」は終わり、多くの企業は生き残りに必死。日本を代表する大企業が、経営難に陥るのも珍しくなくなっている。

そんな時代に、「正社員になれば一生安定」なんて断言できるだろうか?肝心の会社がなくなれば、「正社員」なんて肩書きに意味はなくなってしまう。

リストラで安定が失われる可能性はないか?

倒産までいかなくても、会社の存続のために、正社員だろうが大量のリストラの対象になることは考えられるし、そういう事例も普通にある。確かに、正社員は法律上は解雇されにくい存在だし、先に解雇されるのはアルバイトや派遣だろう。しかし、会社の存続自体が危うくなったとき、会社は正社員だって切り捨てる。

なので、「正社員になった」と安心していないで、「転職はするもの」と考えておいた方がいい。

いつまでも健康に働けるか問題

人生、何が起きるかわからないもの。「正社員は安定している」と思っていても、病気やケガなどで働けなる可能性は誰にだってある。職場環境の変化や仕事内容の変化で精神的にやられてしまうこともあるかもしれない。従業員として働くということは、自分の時間を切売りしてお金を稼ぐということ。自分の時間を切売りできなくなったら、その「商売」はできなくなるということになる。

自分から「正社員としての安定」を捨てたくならないか?

長年勤めてきた会社でも、人材の入れ換えなどの職場環境の変化、自分自身の部署異動などにより、仕事に嫌気がさしてくることもある。もしくは、上がらない給料、減らない残業などに絶望するとか。「仕事を辞めたい」と考えながら、続ける人もいる。しかし、誰にもでも限界はある。その「限界」が自分には来ないと、言い切れるだろうか。

正社員を定年まで続けていれば老後の安定はあるか?

正社員として定年まで働き、そこそこの退職金を貰い、後は年金生活。そういう「日本の安定した人生のレール」というものが、おとぎ話になってしまうのもそう遠くはないかも。厚生年金の受給月額は、平均で15万円に行くか行かないかくらいなもの。国民年金はその3分の1程度という情報だ。

今後の日本の状況を考えると、今の若い世代はもっと貰えなくなるだろうし、受給開始年齢も引き上げられていく可能性がある。年金は、受給年齢引き上げと徴収する金額の増加、受給額の引き下げなどをすれば、破たんや制度廃止まではいかないはずだが、やはり不安しかない。

今では、100歳まで生きるのも珍しくはないし、その頃には物価がどうなっているかもわからない。退職金だけに頼らないで、自分で資産形成しておくのは必須。大人たちに「こういう生き方が安定だ」と教え込まれていた生き方は、実は「その世代にとって」という幻想に似たものだったのかもしれない。

本当に安定した働き方とは

本物の「安定」を手に入れるには、収入源をいくつか持つか、莫大な資産を持つ必要がある。収入源がいくつかあれば、会社員としての給料がなくなったとしても、生活を続けられる。莫大な資産があれば、キャッシュフロー収入だけで生活することも可能だし、収入がなくなっても蓄えがあるからしばらく安心できる。

正社員であろうと、一つの小さな収入源に依存している時点で、やはり「安定している」とは言えないのだ。

>>フリーター時代にやった副業をおすすめ!稼げる副業と危険な副業

-フリーターから正社員

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.