クレジットカードのリボ払いとは?フリーターが使うのは危険

投稿日:2016年11月19日 更新日:

リボ(リボルビング)払いとは

「リボ払い」とは分割払いの一種。ショッピング利用をリボ払いにすると「ショッピングリボ」、キャッシングの返済をリボ払いにすると「キャッシングリボ」と呼ばれる。

通常の分割払いとリボ払いの違い

通常の分割払い
回数指定で返済
リボ払い
金額指定で返済

通常の分割払いは、「この買い物は~回で支払う」と指定するのに対し、リボ払いは「リボ払い残高を毎月~円返済していく」という指定をする。「リボ払い残高」に応じて返済金額を決める「残高スライド方式」という返し方もある。

分割の考え方の違い

通常の分割払い
買い物ごとに分割する
リボ払い
「リボ払い残高」として積み上げられる

「リボ払い残高」から「毎月いくら返すか?」を指定するのがリボ払いというもの。リボ払い残高が残っている状態で新たにリボ払いをすれば、残高はその分増える仕組み。

リボ払いに掛かる手数料(利息)

リボ払いには手数料が発生する。年率15%あたりが相場。なお、通常の分割払いは、2回払いまでなら手数料がかからない。

リボ払いが危険である理由

毎月の請求金額を抑制できるが、手数料が高くて、結局は支出が増える。しかも、なかなか返済は終わらない。なので、フリーターはもちろん、誰もが使うべきではない代物。「貧乏の方がお金が掛かる」とは、よく言ったものである。

リボ払いの豆知識

  • リボ払いは大抵のクレジットカードでできる
  • あとからでもリボ払いに変更できる
  • 「リボ払い専用カード」も中にはある

リボ払いは、手数料が高い分、カード会社が儲かる。つまり、あなたが損をするということ。リボ払いは「カード地獄」にも繋がるので、使わないのが一番。

-クレジットカード

スポンサーリンク

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.