リクルートエージェントから登録拒否|フリーターが使えない理由

投稿日:2018年12月17日 更新日:

大手転職エージェントのリクルートエージェントやdodaにフリーターやニートが申し込むと、登録拒否されることがある(僕自身、フリーター時代にどちらからも登録拒否された)。ただし、全てのフリーターがそうなるわけではなく、年齢や経歴、時期などによってはフリーターでも登録し、支援を受けることもできるので、使おうか迷っている場合はとりあえず申込みしてみる価値はある。

フリーターやニートが登録拒否される理由

正社員が転職活動の際に使うケースが多いから

リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントやワークポートなどの大手は、性質上「正社員から正社員への転職」に使われることは多い。つまり、他に優先すべき人材がたくさんいるのに、フリーターやニートに構っている暇はない場合もあるかもしれないのだ。転職エージェントも営利目的の民間企業なので、「扱う商品」は選びたいだろう。

フリーターやニートのような価値の低い人材を紹介したくないから

転職エージェントは、利用者を入社させることで成り立っているビジネス。求人を掲載してくれる企業が集まればオッケーな求人サイトとは少し違う。つまり、取引先企業(求人掲載企業)との信頼関係はある程度大事なわけだ。それなのに、フリーターやニートのような人材ばかり紹介されたら、大事な取引先が他の転職エージェントの利用を考えてもおかしくないだろう。

転職エージェントのビジネスモデルが原因の一つ

転職エージェントは、利用者を無事入社までもっていき、利用者が今後受け取ることになる年収の何割かの金額を報酬として求人掲載企業から受け取るビジネスモデルになっている。ということは、あまり高い年収が期待できないフリーターやニートは後回しにされてもおかしくないということだ(このビジネスモデルのおかげで、エージェントが希望条件を無視して年収重視で求人紹介することも多々ある)。

フリーターが転職エージェントを使うなら

フリーターは「フリーター歓迎の転職エージェント」を使った方がいい

転職エージェントの中には、「フリーターでも正社員」と謳っているところもいくつかあり、そういうところの利用者はフリーターや、正社員み経験者などが多いので、フリーターでも普通に登録して就職支援を受けることができる。

フリーターでも正社員になりやすい

高卒や社会人経験なしなどの経歴は気にせず、人材重視で採用してくれる企業の求人が集まっているので、フリーターでも面接までガンガンいけるし、内定ももらいやすい。なので、ニートでも正社員を目指すことができる。そして、担当者もフリーターやニートの就職支援に長けているので、バカにされることなく、安定したサポートを受けることも可能。

フリーター向けエージェントでは年齢制限に注意

その性質上、持っている非公開求人は「未経験歓迎」のものが多い。未経験歓迎の求人だと、基本的に20代までを狙って募集を出していることも多いので、「29歳まで」という年齢制限を設けているフリーター向け転職エージェントも多い。30代以上のフリーターが使うときは、年齢制限に注意したい。

大手企業の求人にも普通に出会うことができる

フリーター歓迎だからといって、聞いたこともないような中小企業の求人ばかりということはなく、大手企業の求人も普通にあるし、ベンチャー企業の求人もある。未経験歓迎求人の特性上、選べる職種はそこまで多くないが、それは仕方ないだろう。

キャリアに自信があるフリーターは大手の方がいい

「今はフリーターだけど、正社員経験が豊富にあり、実績にも自信がある」など、転職市場での価値の高い人の場合は、フリーター向けよりもリクルートエージェントやdodaのような一般向けの大手転職エージェントの方がいい求人に出会える可能性がある。

第二新卒のフリーターも大手の方がいい

第二新卒とは、「新卒で入社したけど早くに退職してしまい、かつ、卒業後2~3年以内の求職者」のこと。フリーターやニート(無職)でも該当する人はいる。この第二新卒だが、最近では「転職市場での価値はまだまだ高い」と見なされており、フリーター向けでは紹介されないような仕事で採用される可能性もあるので、やはり大手の転職エージェントの方が幅は広がるかと。

フリーターにおすすめの転職エージェント

【2019年版】フリーターからの就職におすすめの転職エージェント10選」より紹介。

リクルート例列の「就職Shop」

リクルート系列のフリーター向け転職エージェント。書類選考なしで面接まで持っていってくれるので、職歴が弱いフリーターやニートでも安心して就活できる。リクルート系列だけあって、持っている求人は8,000以上と、フリーター向け転職エージェントの中ではかなり多い。拠点がある地域は「東京都(新宿、北千住、立川)、大阪府、千葉県、埼玉県、神奈川県、京都府、兵庫県」と広く、フリーター向けエージェントの中ではかなりの大手。年齢制限は特になし。

公式リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

就職成功率96%以上の「DYM就職」

DYM就職は、フリーターやニートの就職支援にとにかく強い転職エージェント。DYM就職も書類選考なしなので、職歴が弱くても安心。持っている求人は2,000以上。東証一部上場企業のような、大手企業の求人も多数か抱えている。拠点がある地域は「北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県」と広い。使えるのは35歳まで。

公式DYM就職

高い支援実績を誇る「ウズキャリ既卒」

「フリーターやニートでも書類選考通過率87%以上」「内定率86%以上」「入社後の定着率93%以上」と、優秀な実績を誇っているフリーター向け転職エージェント。選考企業ごとにカスタマイズされた面接対策など、サポートも豊富。他の転職エージェントよりもサポートにじっくり時間をかけてくれるのも大きな特徴。拠点があるのは東京と大阪。使えるのは20代まで。

公式ウズキャリ既卒

その他のフリーター向け転職エージェント

特徴 転職エージェント 解説記事
入社後定着率94%以上 JAIC JAICとは?
丁寧なサポート ハタラクティブ ハタラクティブとは?
大手アイデム系列 アイデムスマートエージェント アイデムスマートエージェントとは?
ブラック企業を除外 第二新卒AGENTneo 第二新卒エージェントneoとは?
ブラック企業を除外 日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」 いい就職ドットコムとは?
応募前に実習あり 若者正社員チャレンジ 若者正社員チャレンジ事業とは?
女性におすすめ PASSEND PASSENDとは?

20代のうちならフリーターやニートでも正社員に普通になれる

職歴なしのフリーターにおすすめの就職支援サービス」でまとめているように、今の時代、フリーターなどの若者向け・非正規雇用者向けの就職支援サービスは充実している。そういう人材の採用に積極的な企業も多いので、20代のうちならフリーターから正社員になるのは特に難しくない。30代でも、なろうと思えばなれる。40代までいったら、少し頭を使って戦略的に行動する必要がある。

-就職活動ノウハウ

就職支援サービスを探す

東京都 北海道
宮城県 埼玉県
千葉県 神奈川県
愛知県 大阪府
福岡県 30代におすすめ

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.