フリーターの為の情報ブログ

フリーターログ

楽天カードはフリーターでも作れるか?審査難易度と申込条件

投稿日:2016年11月2日 更新日:

有名なクレジットカード「楽天カード」はフリーターでも作れるのかどうかについて、申込条件を基に解説。フリーターが実際に作れたかどうかについても触れてみる。楽天カードは、「ステータスカード」には程遠いが、ポイント還元率が高いので、作れるならフリーターだろうと作っておきたいところ。

ちなみに、ここでは書いていることは、ゴールドカードではなく、レギュラーカードの話。

楽天カードはフリーターでも作れるか

条件的には、フリーターでも問題なく作れる。

ただし、クレジットカードは審査してみないと結果はなんとも言えないので、作りたいなら申込するしかない。作れるかどうかと、申し込めるかどうかは別問題なので。ちなみに、一度に複数のクレジットカードに申込すると審査に落ちやすいのでご注意を。

楽天カードの申込条件

「高校生を除く18歳以上の方であればどなたでも」というのが、公式サイトに記載されている申込条件。条件的には全く厳しいものではない。

公式サイト楽天カード

「クレジットカードを作れるかどうか」は、収入・職業・勤続年数・ブラックリスト入りしてないかなどを考慮して決められる。しかも、大半は機械による自動審査なので、やはりやってみないとわからない。

フリーターでも楽天カードは作れた

僕が生粋のフリーターだったときでも楽天カードを作れた。「安定した収入」や「年収~円以上」、「定食のある方」なんて条件はないので、そこまで気にしないでも大丈夫なんだと思われる。まあ、やはり審査はやってみないとわからないんだけれども。

楽天カードはフリーターにもおすすめ

まず、楽天カードの基本情報をまとめてみると、以下の通り。

年会費 無料
ポイント還元率 1%
ポイント交換先 楽天スーパーポイント
支払日 月末締め/翌月27日支払い
ブランド Visa、Mastercard、JCB、AMEX
付帯保険 海外旅行傷害保険(利用付帯)、盗難補償、不正利用補償

楽天カードは、年会費が無料で、ポイント還元率が「1%」と、一般的なクレジットカードの「0.5%」よりも高い。それに加えて、フリーターでも申し込めるので、フリーターにおすすめのクレジットカードの一つと言える。

さらに、楽天系列のサービスで使うとポイント優遇もあるし、海外旅行に欠かせない「海外旅行傷害保険」も利用付帯ながら付帯している。盗難補償や不正利用補償もあるので、必要なサービスは一通り揃っている。

デメリットを挙げるとしたら、貰えるポイントが楽天ポイントという点くらい。ただし、最近では、楽天ポイントが使える提携店も増えているので、昔ほどデメリットではない。

公式サイト楽天カード

まとめ|楽天カードはフリーターでも作れるか

  • フリーターでも申込可能
  • 実際に作れるかは審査次第
  • 年会費無料で高還元なのでおすすめ

楽天カードは、決して「持っているとカッコいいクレジットカード」とは言えないけど、節約に繋がりやすいので、フリーターにもおすすめしておく。

※フリーターでも作れたクレジットカードまとめ

※フリーターにおすすめのクレジットカードまとめ

-フリーターとクレジットカード

スポンサーリンク

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.