楽なアルバイトときついアルバイト!フリーター経験から選別

更新日:

アルバイトは、やってみないと「楽」も「きつい」もわからなかった。そして、他人の「楽」とか「きつい」というのは、全くと言っていいほど当てにならない。僕の場合、友達に「このバイト楽だよ!」と言われたものが、きつくて仕方なかったこともある。自分的には楽なバイトでも、どんどん新人が辞めていくバイトもあった。バイトの向き・不向きは人によってかなり違うので、他人にアルバイトの感想を聞くだけむだかもしれないのだ。ストレスの感じ方は、人それぞれ違う。そのことを踏まえて読んで頂きたい。

僕の経験上、楽だったアルバイトたち

コンビニのアルバイトは楽だった

コンビニでのレジ打ち、入荷、品出し、発注、電話対応なんかをするアルバイト。ただし、時給が低い傾向が強いので、フリーターとしてやるなら、深夜枠を選ぶべし。僕は学生時代にやってた。都会のコンビニは忙しいんだろうが、田舎っぽいところのコンビニは暇だから楽。アルバイト仲間と楽しく働くことも可能だった。

規律もそんなに厳しくないはず。お店によるけど。直営店は、FC(フランチャイズ)店よりも厳しいらしい。

家電量販店での接客のアルバイト

「~電機」とか「~カメラ」とかで働くアルバイト。派遣社員が多い印象だが、直接雇用のパートタイマー(アルバイト)を募集している会社もある。時給はそこそこ高め。家電量販店で働く場合、「何を担当するか」と「どこにお店でやるか」でかなり変わってくる。担当する家電によっては、覚えることがかなり多い場合も。僕は楽なところに当たったので、楽だった。

規律の部分だと、かなりゆるいところもあれば、軍隊のように厳しいところもある。基本的に非正規雇用者だらけの業界なので、「アルバイトだから」みたいなのがあんまり通用しないのが難点。休みを取りにくかったり。学生バイトには結構優しいけど。

>>家電量販店でアルバイト(パート)をするメリットとデメリット

スーツ専門店での接客のアルバイト

「専門店」と言うとかっこいい感じだが、要は「青」が付くようなお店とかで働くアルバイト。実は、ああいうお店、半数以上はパートかアルバイトだったり。接客、品出し、レジ打ち、電話対応なんかをやるアルバイト。覚えることはそこそこ多いけど、基本的に丁寧に教えてくれるので、そんなに難しくなかった。

これも、どこの会社で働くかによって「楽さ」がかなり違ってくる。会社によっては、お店によっては、ノルマが厳しかったり。僕は穏やかなお店で働いていたので、特に「きつい」と感じたことはない。ちなみに、この業界は「繁忙期」と「閑散期」の落差が激しく、真夏なんかはかなり暇なので、楽チン。忙しい時は、休憩できないくらい忙しかったりも。

>>スーツ専門店(AOKIや洋服の青山など)でのアルバイトはきつい?ノルマはあるか

データ入力のアルバイトは楽チンだった

パソコンを使ってデータ入力していくだけのアルバイト。業種によっては楽。きついところもあるので注意。覚えることが多すぎたり、残業が多すぎたりする場合も。僕の場合、最初はかなり楽だったんだが、やらされることが多くなると、覚えることも残業も膨張していき、面倒になって辞めた。きついわけではなかったが、副業をする時間を削ってまでやるアルバイトなんてないと思ってたので。

座ってパソコンするだけのアルバイトなので、楽と言えば楽。疲れるっちゃ疲れる。

コールセンター(受信のみ)のアルバイトは楽な場合もあった

電話を受けて、答えて、データ入力するだけのアルバイト。僕が短期でやったコールセンターは、かなり暇一日2本らいしか電話を取らなかったので、物凄く楽だった。基本、周りのアルバイト仲間と喋ってるだけで一日が終わる感じ。可愛い女の子とも知り合えた。

ただし、コールセンターによっては、一日に数十本も電話を取らないといけないほど忙しいセンターも普通にある。

二度とやりたくない!「きつい!」と感じたアルバイト

コールセンター(受信のみ)はきついところはきつい

実は、離職率が物凄く高いコールセンターのアルバイト。さっき書いたような楽なコールセンターに当たればラッキー。普通に忙しいところに当たってしまうと、きつかった。一日数十本の電話に出るのは地獄。僕がやってたのは、大手企業のコールセンター。一日中座りながら電話を取り、パソコンにデータ入力をするアルバイト。これは、個人的には地獄だった。時給はそこそこ良かったんだけど。

最初は慣れることに必死でも、慣れてくると、「座って電話を取って入力する」という作業が苦痛で仕方なくなった。電話だと、変なお客さんも多いし。案の定、物凄い離職率だった。30人くらいいた同期が、気付いたら半分以上いなくなっていたり、仲良かった人が急にいなくなったり。僕もいなくなったり。中には、「こんな楽な仕事ない!」という人もいたので、アルバイトとの相性というのは、やっぱりよくわからない。

>>コールセンターのバイトはきつい!楽な場合もある!フリーター向けか

テレホンアポインター(発信)はきついアルバイトの代表格

略して「テレアポ」。会社が用意したリストを見ながら(中には自動でどんどん発信するシステムのところも)、ひたすら電話を掛けて、営業マンが行く約束(アポ)を取るアルバイト。いわゆる「電話営業」である。受信も辛いが、発信もなかなかきついものがあった。時給高いんだが、アポが取れないと怒られまくったりして、マジきつい。面接を何社か受けたが、結構小さめの怪しい会社が多い印象(非合法とかではなく)。

一日中座って、謎のリストを使って電話をかけまくる。「ガチャ切り」されるのは当たり前。怒鳴られたりもする。優しいお客さんなんて滅多にいない。ネット社会になり、詐欺も横行している世の中では、「時代遅れなアルバイト」なんじゃないかと思う。長く続けられるアルバイトではないような。離職率もかなり高め。

>>テレアポのアルバイトは辛い?実際の経験から感想

クレジットカード勧誘のアルバイトはきつい

ショッピングモールとかで、道行く人に声をかけてクレジットカードの勧誘をするアルバイト。これもなかなかきついアルバイトだった。向いている人にとっては楽しいらしいが、知らない人に声を掛けまくるのは、向いていない人にとっては苦痛でしかない。時給は高めだが、離職率も高め。一応、これをやるとクレジットカードに詳しくはなれた。

配送センターでの仕分けアルバイト

単発でやったことがある。宅配業者のセンターで荷物の仕分けしたりするアルバイト。接客業の経験ばかりだった僕にとっては、職場の雰囲気が異様すぎて無理だった。体力も使う仕事。引越しのアルバイトよりは楽なのかも。

ファミレスのキッチンはかなりきつかった

学生時代にやったアルバイト。大手のファミレスのキッチンで、ひたすら料理するアルバイト。友達に「ファミレスのキッチン楽だよ!」と勧められてやったんだが、僕には全く合わなかった。きついだけだったので、数ヶ月で退職。ひっきりなしに機械で注文された料理のリストが流れてきて、それを作る。マイペースな人には絶対に向いてないアルバイト。

料理に目覚めさせられたのは良かったんだが、暑いし、覚えること地味に多いし、注文多いし、残業も多めだったので、きつくて辞めた。向いている人には向いているそうな。

>>アルバイトが決まらない時の対処法!フリーター向け

-フリーターとアルバイト

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.