フリーターは職業欄に何と記入する?書類などに書く区分について

投稿日:

カメラをかまえる女性

書類やネット上などで「フリーターの職業は何になるの?」と迷った時に。

まず、「フリーター」は職業ではないので、「その他」と選んで「フリーター」と記入するのは間違い。

ケントマン
書類などの職業欄に「フリーター」と書くことはまずないので間違えないように

フリーターは職業欄に何と記入するのが正解か

アルバイトやパートで生計を立てているフリーターの場合、選択肢に「パート・アルバイト」があれば、それを選ぶのが正解。派遣社員なら、「派遣社員」を選ぶ。

「パート・アルバイト」が選択肢にない場合

「その他」を選び、アルバイトなら「アルバイト」、パートなら「パート」という風に、該当するものを書く。

「フリーター」と書いても理解はしてもらえるだろうが、一般的に、書類などに「フリーター」と書くことはまずない。

「フリーター」は俗称のようなものであり、「職業」としては不適切。会社員が、書類に「サラリーマン」とは書かないのと同じ。

フリーターが更に詳しく職業を聞かれた場合

接客・販売のバイトをしているなら「販売業」のような感じ。

その他、

  • サービス業
  • 営業職
  • 事務職

など、いろいろ分類されている。選択式なら、近そうなものを選んでおけば問題ない。

フリーターが「業種」について聞かれた場合

これは、「どんな業界で働いているのか?」を聞いているだけなので、「バイト先の会社はどんな業界の会社か?」を答えればいい。

例えば、以下のような感じ。

  • 小売業
  • 情報通信業
  • 製造業

※業種の分類はこれ以外にもたくさんあります

副業をしているフリーターの職業

「従事している時間が長いもの本業」になる。なので、副業の方が収入が多くても、バイトで働いている時間の方が長いなら、職業は「パート・アルバイト」など、上で説明したように記入する。

「副業」の欄があるなら、副業の内容を記入してもいい。

また、バイト掛け持ちの場合でも、考え方は同じ。

パートとアルバイトの違いとは?両者にはどんな違いがあるのか

パートとアルバイトに明確な違いはない パートとアルバイトに明確な違いはないので、同じものと考えて全く問題ない。会社が勝手に使い分けているだけ。 パート ...

-フリーターの定義

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.