フリーターなりのクレジットカードの作り方|アルバイトで申込

更新日:

フリーターでもクレカは作れる

フリーター(アルバイトやパート)でもクレジットカードは作れる。そして、クレジットカードの作り方には裏技なんてないので、普通に申込するしかない。しかし、ある程度のコツは存在する。

フリーターなりのクレジットカードの作り方

作り方のコツ(1)|申込むクレジットカードの種類

フリーターでも申し込めるクレジットカードを狙う。中には、本家のAMEXのように、「アルバイト・パートは申込不可」としているクレジットカードもある。しかし、大抵のクレジットカードは、18歳以上であれば、フリーターでも申込める。申込む前に、申込資格だけ確認しておくといい。

作り方のコツ(2)|ゴールドカードは狙わない

レギュラーカードなら、フリーターでも作れるクレジットカードは多い。しかし、ゴールドカードの場合、レギュラーカードよりも審査が厳しくなる傾向があるので、狙わないのが無難。フリーターでゴールドカードが欲しいなら、レギュラーカードで信用を積み重ねるのが大事。

関連フリーターでもゴールドカードは作れるか

作り方のコツ(3)|クレジットカードは複数同時に申し込まない

クレジットカード業界では常識的な話で、複数のクレジットカードに同時に申込むと、「こいつ、怪しい」と思われやすく、審査に落ちやすくなる傾向がある。申込むなら、本当に欲しい一枚だけにしておこう。

フリーターがクレジットカードに申込む時の職業など

フリーターが申し込む時の職業と勤務先

フリーターの職業は「パート・アルバイト」になる。「フリーター」は職業ではないのでご注意を。勤務先は、普通にアルバイト先を書けばいい。

関連フリーターは職業欄に何と記入する?

掛け持ちでバイトしている場合の職業の書き方

勤務時間が長い方でまず勤務先情報などを書いて、短い方のバイトは「副業」として書いてしまえば大丈夫。収入の多さではなく、勤務時間の長さが「本業か、副業か」を分ける目安。

一年間働いてなくて年収がわからない場合

カード会社によって対応は違うが、「直近2ヶ月分の給料を6倍して、概算年収を計算する」や、「直近一ヶ月の給料を12倍する」などをするのが基本。気になるなら、問い合わせた方が早い。

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.