フリーターとパートタイマーの違いとは?比較する必要はそんなにない

更新日:

フリーターは基本的にパートタイマーである。なので、違いというよりは、「パートタイマーに含まれるフリーターもいる」のような認識の方が正しい。そもそも、パートタイマーは「どれくらいの時間働くか」によって分類されるもの。雇用形態の違いとは少し違った話になる。

パートタイマーとは何か

「パートタイム労働法」によると、

「短時間労働者(パートタイマー=パートタイム労働者)」とは「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間よりも短い労働者」

上記の「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者」というのは、主に「正社員」「正規職員」など。つまり、上記の説明文を簡単に言うと「正社員よりも短い時間で働く労働者がパートタイマー」という感じになる。

※パートタイマーに似た言葉としては「フルタイム労働者」が挙げられる。

パートタイマーに分類される人たち

  • 学生アルバイト
  • パートをする主婦(主夫)
  • フリーター

あたりが挙げられる。性質上、パートタイマーには非正規雇用が基本になっている。ただし、派遣社員や契約社員などは非正規だがフルタイム労働者であることが多いので、パートタイマーに分類されないことも多い。

>>パートとアルバイトは何が違う?定義的には同じ!契約社員とは違う

フリーターは基本的にパートタイマー

冒頭で書いたように、「違う」というより、「フリーターはパートタイマーに含まれる」が正しい。フリーターに明確な定義がないのでややこしくなるが、フリーターの定義を「アルバイトやパートを生業としている人」に限定すると、そうなる。(フリーターに契約社員と派遣社員も含めてしまうとややこしくなるが)

>>フリーターとは何者か?意味や定義を解説

なぜなら、「アルバイト」や「パート」と呼ばれる労働者は、基本的にパートタイマーだから。

フルタイムで働くフリーターはパートタイマー?

「契約だけパートタイムで、実際には残業して毎日フルタイムで働いている」というフリーターもいる。僕もそうだった。この場合は、「パートタイマー」になる。なぜなら、「所定労働時間」というのは、雇用契約書や就業規則に記載された時間から、休憩時間を差し引いた時間のことだから。

契約時間もフルタイムのフリーターはパートタイマーじゃない

正社員と同じだけ働く契約をしているなら、短時間労働者ではなくなるので。ちなみに、働き方改革の「同一労働同一賃金」により、今後フリーターのような非正規雇用者の待遇改善がされていく可能性もある。(経営者からすると頭の痛い問題かもしれないが)

パートタイマーでも社会保険に加入させられる

社会保険加入はフルタイム労働者の特権ではなく、パートタイマーにも適用されるケースが多い。昔は違ったのかもしれないが、現在ではパートタイマーの社会保険加入条件はどんどん緩くなっていて、強制加入対象になるパートタイマーも増えている。

>>フリーターが社会保険と厚生年金に強制加入になる条件とは

-フリーターの定義

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.