フリーターはお金がない!金欠の理由と脱出方法

投稿日:

スポンサーリンク

フリーターにお金がない、金欠に陥る理由は、フリーターになってみればわかる・・・と言いたいところだが、単純に「収入が少なく、しかも安定してないから」だ。

フリーターとは、アルバイトやパートを本業としている者のこと(個人的には派遣も同類だと思っている。結局は非正規雇用だし)。

フリーターの意味や定義と各種雇用形態との違い

つまり、フリーターは、時給制で給料を貰うのが基本。
風邪やインフルエンザで休んだりしたら、それが直に給料に反映されてしまう。

しかも、アルバイトなので給料が安いのが普通(正社員よりも稼げるアルバイトもあるけど)。

そんなこんなで、給料がそもそも安い、しかも安定してないので、フリーターにはお金がないのだ。

金欠は嫌だ!お金がないフリーターから脱出するには

思い付く限りのことを書いてみる。7年間のフリーター経験を踏まえながら。

時給の高いアルバイトに乗り換える

コンビニみたいに、時給の安いアルバイトをしていたら、そりゃ、金欠になる。
アルバイトの求人サイトって、時給を指定して検索できるじゃない。

思いきって、高い時給を設定して探してみるのがいい。
自分の時間を安売りすると、自分に入るお金がどんどん少なくなる。

アルバイトよりも、派遣の方が時給が高いケースも結構多いので、派遣でも探してみるといい。

派遣アルバイト求人サイトの「釣り広告」にご注意を

アルバイト(パートも同じ)に入る回数や時間を増やしてみる

フルタイムで働いていないのなら、フルタイムで働くようにしてみる。
現在のアルバイトでそれが無理そうなら、掛け持ちしてみる。
売る時間を増やせば、その分だけお金が入る。
現状に甘えているだけでは、お金がない問題は解決できない。

採用祝い金が貰えるアルバイト求人情報サイトまとめ

残業を増やしてみる

普通の正社員でもやっているような手段。
アルバイトは時給制なので、まともな会社なら、残業代をしっかり出す。
しかも、フルタイムで働いている場合の残業代って、割り増しだし。

まあ、「残業するな!」と言う職場もあるので、できればの話。

正社員になって給料を増やす

「お金がない!」フリーターなんて辛いだけだ!」とか感じているのなら、正社員を目指してもいい。
フリーターから正社員になるのは、難しいと言えば難しいけど、言うほど難しくもない(人手不足な世の中らしいし)。
ただし、給料はあまり妥協しない方が、今後のため。
日本では、転職を繰り返すのはまだまだ厳しいので、「はずれ」は少なくしたいもんだ。
あと、ブラック企業も怖いので、下調べは入念に。

フリーターから脱出して正社員として就職するには

ついでに言うと、フリーターは、「フリーターでも歓迎してくれる転職エージェント」を使った方が、圧倒的に就活が楽になると思う。
僕の場合はそうだった。

フリーターにおすすめの転職エージェント(就職支援サービス)まとめ

副業をしてもっとお金を稼ぐ

副業で月に何十万円も稼げれば、「リッチなフリーター」になれる。
副業には様々な種類があるので(ビジネスをするわけですから)、選択肢は豊富にある。
これは、ネット社会ならではの現象なんだけれども。

中には、「ネットワークビジネス(マルチ商法)」みたいに、参加してしまうとお金とか人脈とか失ってしまうような危険なものもあるので、そこは注意したい(実は、僕は少しハマっていた時期がある)。

自分に合った副業をしないと、お金とか時間とか無駄にしてしまうので、できるだけ早く「自分に合った副業」を見付けられればラッキーだ。

フリーター時代にやった副業をいくつかおすすめしてみる

投資系には手を出さない

株とかFXとか仮想通貨とか、そういうのには手を出さないのが無難だと思っている。
ああいうのって、「お金に余裕がある人」がやるものだし、金欠状態の資金力で参入してもたいした成果は期待できないんだ。

僕みたいに、たまたま株に助けられる人もいるだろうけど、大抵の場合は損をする。
実力とか才能の話じゃなくて、そういうものなんだ、投資って。
運にかなり左右される。
自分の生活を運任せにしすぎるのは、いささか危険すぎる。

フリーターは投資をするべきなのか?お金に余裕があればオッケー

お金がないからと言って、借金してはいけない

マジで。僕は借金してかなり苦労と後悔した部類の人間。
クレジットカードにキャッシング枠が残っていれば、コンビニのATMでお金が借りれてしまう世の中だ。
クレジットカードがなくても、消費者金融のカードローンとかでもお金が借りれてしまう世の中だ。

たしかに、お金を借りれば、「お金がない!」という問題は、一時的に解決する。
しかし、そのあと、さらに強烈な「お金がない!」が待っているのだ。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、利息がかなり高い。
その支払いだけでも死にそうになる。

それに加えて、借金は「癖」になる。
「これくらいならまだいいか」という安易な考えで、借金をどんどん増やしてしまう、昔の僕のような人間になってはいけない。

お金がないなら、とにかく「稼ぐ」ことだ。
節約もしたほうがいい。
でも、節約には限界がある。
必ず、「稼ぐ努力」はするべき。
借金という選択肢は除外するべき。

フリーターは、お金がない。
そんなの、誰もがわかっている。
そこをどう打破するかは、自分の行動力とアイディア次第。
なにもしないでボーっとフリーターをやっていると、社会の底辺からは抜け出せない。
悩んでもいい。
でも、「行動すること」も忘れないでほしいと思う。

        

-フリーターコラム

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.