フリーターから脱出したいのにできない理由!失敗の原因

更新日:

フリーターから脱出したいのにできないのはなぜか。どうして上手くいかずに、失敗に終わってしまうフリーターがいるのか。ここでは、元フリーターが、実際に経験から、「正社員になって脱出」をメインに、「足りないかもしれないこと」「できていないかもしれないこと」などを羅列してみる。

本気でフリーターから脱出しようとしていない?

  • あまり「フリーターから脱出するための活動」をしていない
  • 脱出の意気込みだけは十分あるつもり
  • 現状に甘んじている
  • 一回やって「やったつもり」になっている

人は、「現状維持」が一番心地いいらしい。たとえ、それがどんなに辛いものでも。フリーターから脱出するには、「本気で脱出したい!」という強い気持ちが必要。じゃないと、何となくバイトして、脱出できないまま何となく日々が過ぎ去っていくかも。

応募する求人の数が少ないから脱出できない?

  • 求人サイトで応募したけど、数が少ない
  • 「いい求人」が更新されるのを待っている
  • 一つの求人サイトしか使っていない
  • ハローワークしか使っていない
  • 転職エージェントに頼りきり
  • 新しい「タウンワーク」の発行を待っている

気になった求人には全て応募した方がいい。同時に応募してもなんの問題もない(面接日程は後で調整すればいい)。それに、応募ソースはたくさんあり、それぞれ抱えている求人も違うので、一つに依存しているのは時間の無駄。情報の更新を持っていると、どんどんチャンスは逃げていく。

>>フリーターの仕事探し!正社員求人の探し方7選

何社も受けてやっともらえるのが「内定」というもの。あんまりのんびりしてるのももったいない。フリーターから脱出したい!という気持ちが冷める前に、早めに行動した方がいい。

アルバイト経験しかないなど、職歴が弱いから脱出できない?

  • アルバイトの経験しかない
  • 正社員経験はあっても、短い
  • バイトをしょっちゅう変えている
  • ニート期間が長い

職歴が弱いと、転職サイトなどで普通に応募しても、書類選考で落とされる可能性が高い。書類選考でつまずき、面接までいけないとなると、フリーターから脱出できないのも仕方ない。

>>sフリーターは書類選考に通らない!落ちる!通過する方法

就職活動の方法を間違えているから脱出できない?

  • 応募できる求人が少ない
  • 応募はたくさんしているのに、面接までいけない
  • 履歴書の書き方がわからない
  • 職務経歴書の書き方が不安

就活に不馴れなフリーターは、フリーターの就職支援を行っている転職エージェントを利用した方がいい。フリーター向け転職エージェントなら、書類選考は普通に通過できるし、フリーターでも正社員になりやすい求人が揃っているから。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

「逃げ道」を作っているから脱出できない?

  • 資格を取ってからフリーターをやめる
  • 夢を追いかけている
  • 「ビジネスで成功するから大丈夫!」とか思っている
  • 「投資で稼いでいるから大丈夫」とか思っている

自分の人生は自分のものなので、他人がとやかく言うことじゃない。でも、「30代になると一気に正社員が難しくなる」という事実もあるので、20代の中盤くらいで「一度は会社員をやっておく」という選択肢も必要なんじゃないか?と僕は思う。

>>フリーターから正社員就職は何歳まで?タイミングの話

>>フリーターから正社員になるには?就職する為に必要なこと

-フリーターから正社員

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.