フリーターとニートと無職の違いとは?同じようで違う意味を持つ

更新日:

フリーターとニートと無職は違う

フリーター、ニート、無職。これらには、明確な違いがある。

フリーターとは

アルバイトやパートが生業の人(学生や主婦・主夫は含まれない)

また、厚生労働省は、フリーターを「15~34歳」と定義して統計を取っている。

関連フリーターの定義とは?わかりやすく解説

ニートとは

厚生労働省は、「ニート(若年無業者)」を以下のように定義している。

若年無業者は、15~34歳の非労働力人口のうち家事も通学もしていない者としている。

{引用}フリーター、若年無業者の推移|厚生労働省

「完全失業者」は、非労働力人口に含まれない。つまり、ニートは「学生でも主婦(主夫)でもないのに働かず、仕事も探していない若い人」ということになる。

ちなみに、厚生労働省の定義は、「これで統計を取っている」というだけなので、35歳以上のニートも現実にはいる。ただし、定年退職者を「ニート」とは呼ばない。

無職とは

ニートを「無職」とする場合もある。しかし、一般的には、

失業などの要因によって陥った現在の状態

として「無職」が使われることが多い。仕事を探している「完全失業者」や、定年退職者を「無職」と呼ぶのが妥当。

ただし、これらの定義には曖昧な点も多い。ニートを「無職」と呼んでも間違いではないので。

以下は「フリーター・ニート・無職」には含まれない

  • 学生
  • 主婦
  • 主夫

-フリーターの定義

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.