三井住友VISAカードはフリーターでも作れるか?申込条件と審査の話

更新日:

有名な銀行系クレジットカード「三井住友VISAカード」はフリーターでも作れるかどうかについて、申込条件を基に解説。フリーターが実際に作れたかどうかも。結論から言うと、三井住友VISAカードはフリーターでも申し込める。ただし、クレジットカードの審査はやってみないとわからないので、必ず作れるとは限らない。

三井住友VISAカードが欲しいなら、とりあえず申し込んでみるといい。ちなみに、一度に複数枚のカードに申込をすると審査に落ちやすくなるので、そこだけはご注意を。

>>フリーターなりのクレジットカードの作り方?普通に申し込めば作れる

フリーターでも三井住友VISAカードは作れるか?

申込条件的には、フリーターでも作ることができる。銀行系のクレジットカードは、エポスカードのような流通系のクレジットカードに比べると審査が厳しいという噂もあるが、申し込んでみる価値はある。

三井住友VISAカードの申込条件は厳しいの?

「満18歳以上の方(高校生は除く)」が申込条件なので、フリーターでも問題なく申込できる。年収や職業の制約はないので、特別厳しいわけではない。通常のクラシックカードよりもポイント還元率などが優遇されている「デビュープラスカード」には、「満18歳~25歳までの方(高校生は除く)」という年齢制限がある。

フリーターでも三井住友VISAカードは作れたか?

僕が生粋のフリーターだった時でも作ることができた。ちなみに、今でも愛用している。持っていると不思議な安心感があるクレジットカードである。銀行系は審査が厳しいと言われているが、根拠がどこにあるかわからないし、時代によっても変わるだろう。

三井住友VISAカードはフリーターにおすすめ?若者向けのデビュープラスはおすすめできる

25歳までが使えるデビュープラスカードなら、年会費無料条件が緩く、ポイント還元率が高いのでおすすめ。年齢制限を越えた人が作ることになる「クラシックカード」は、年会費がかかる上、ポイント還元率も一般的なクレジットカードと同じ0.5%なので、言ってしまえば「普通のクレジットカード」である。

>>クレジットカードのポイント還元率の意味とは?何%以上だと高いか

旅行傷害保険やセキュリティなどが充実しているので、その辺を気にするフリーターには、三井住友VISAカードのクラシックでもおすすめできる。

>>デビュープラスカード

三井住友カードの「クラシックカード」と「クラシックカードA」の違いは?

三井住友VISAカードのクラシックカードにはこの二種類がある。クラシックの年会費は1,250円(税別)で、クラシックAの方は年会費1,500円(税別)。ちなみに、どちらも初年度は年会費無料。主な違いは、「旅行傷害保険の充実度」。年会費が高いクラシックAの方が充実している。保険を気にしないなら、クラシックカードを選んでも問題ない。

フリーターは三井住友VISAカードを作るべき?

前述の通り、若いフリーターには「デビュープラスカード」がおすすめできる。年会費が無料になりやすく(年一回の利用でいい)、ポイント還元率が高く、セキュリティも充実しているので。

三井住友VISAカードのメリットは、やはりセキュリティ面。それ以外は普通のクレジットカード。ちなみに、「VISA」のカードが欲しいだけなら、他のクレジットカードでもVISAブランドを付けられるカードは多数存在するので、三井住友カードに固執する必要はない。

>>三井住友VISAクラシックカード

>>フリーターでも作れたクレジットカードとダメだったクレカ

-フリーターとクレジットカード

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.