フリーターが正社員面接に行く時の服装!スーツや靴など

更新日:

フリーターが正社員求人の面接に行くときの服装について、元スーツ専門店の店員が教える。男性のフリーター向け。最初に書いておくけど、別に「こういうスーツで、こういうワイシャツじゃなければいけない」なんてものは別に決まってない。なので、ここで紹介するのは、「こういう服装で面接に行くのが無難」というコーディネートの一例である。

ちなみに、ハローワークのような就職支援サービスだけに行くときは私服でも問題ない。

フリーターが正社員求人の面接に行くときは「スーツ」で

「スーツ」で面接に行く。これが当たり前。フリーターは、アルバイトの面接時に私服で行く場合もあるだろうけど、正社員面接の時は絶対にスーツ。(会社から別に指定があるケースは別)

以下、「どのようなスーツやワイシャツで行くか?」というところ

面接時におすすめのスーツやワイシャツなど

面接時のスーツは派手じゃないものを

新卒(リクルート)の場合は、黒無地か紺無地の選択しかできないが、フリーターの場合は「中途」と同じ感じなので、そこまでのこだわりはいらない。(別に黒無地か紺無地でもいいけど)

フリーターが正社員求人の面接に行くときのスーツは、派手じゃなければなんでもいい。無難に選ぶなら、黒か紺のスーツで、控えめなストライプや、シャドーストライプ。

別に、グレーでもいい。

※リクルートが紺無地や黒無地指定なのは、「服装で人を判断したくない」という企業側の思いがあるからだそうな

面接時のワイシャツは白無地の長袖が無難

就職した後の仕事着としても使えるし、冠婚葬祭でも使える万能ワイシャツが白無地(長袖)。普段スーツを着ないフリーターでも、一枚は持っておきたいワイシャツ。

ボタンダウン(襟をボタンで止められるワイシャツ)は冠婚葬祭向きじゃないけど。これも、別に白にこだわらなくても大丈夫。ブルー無地のワイシャツでもオッケー。怖いなら、白でいけば問題なし。

面接時のネクタイは派手じゃなければなんでも

ネクタイの色は、基本はワイシャツの色に合わせた色にするんだけど(ブルーのワイシャツにはブルーのネクタイみたいに)、白のワイシャツだったら何色でも大丈夫。基本色としては、青かグレーか赤あたり。シンプルなストライプのネクタイを選ぶのが無難。

これも、別にストライプに固執しなくても大丈夫なんだけど。(リクルートはシンプルなストライプ一択)

スーツ着用時のシューズは革靴。面接は黒で行くのが無難

黒のヒモ靴、ストレートチップ(爪先付近に横線が入っているタイプ)だと、冠婚葬祭でも使える万能な革靴。

革靴を持ってないなら、こういうのを買っておくと後々も便利。

スーツ着用時のベルトは靴の色に合わせる

これが靴とベルトの組み合わせ方。黒い革靴なら、黒のベルト。茶色の靴なら、同じような濃さの茶色のベルト、という感じ。この色あわせは、今後スーツを着ることになるなら覚えておいた方がいい。

靴下はスーツの色に合わせるといい

派手じゃなければなんでもいいんだけど。ちなみに、スニーカーソックスはNG。面接時は、普通とは違う格好をしていると無駄に目立ってしまうので、普通に。

面接時のアクセサリーや頭髪

バッグはビジネスバッグ

カジュアルなものはダメ。シンプルで安いものでもいいので、持っていないなら必要。

面接時に着ける腕時計はシンプルなものを

スポーツウォッチとかはやめておいた方が無難。そこで判断する面接官もあんまりいないかもだが、職種によっては見られている可能性あり。

面接時のアクセサリーは控えめに

正社員求人の面接には、無駄におしゃれしていく必要ない。結婚してないなら、指輪はいらない。とにかく、無駄にお洒落する必要性が特にない。

面接までに髪型と髪色ははおとなしめに

ここで面接の評価を落とされたら、フリーターから正社員への道が狭くなってしまうので、こだわりは捨てるべし。

最後に:面接までに名刺入れは買っておくべし

面接時に、担当者の名刺を受けとることがほとんど。名刺をスーツのポケットにダイレクトインするビジネスマンは、見たことがない。
ビジネスマンのたしなみとして、名刺入れは必需品。「フリーター」というハンデがあるんだから、変なところでなめられないようにしておいた方がいい。

>>フリーターから正社員への志望動機のダメな例!正直な理由は基本NG

>>フリーターから正社員になるには?就職する為に必要なこと

-フリーターから正社員

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.