フリーターと既卒の違い?フリーターは既卒に含まれる場合も多い

更新日:

そもそも「既卒」の定義とは何か

中学校や高校、大学や専門学校などを卒業してから一度も就職していない人のこと「既卒」と呼ぶ

これが一般的な「既卒」の定義。ちなみに、「既卒」とは、転職市場でよく使われる用語である。

「一度も就職してない」の定義

これは、大抵の場合「正社員としての就職」を指していて、アルバイトやパート、派遣社員などの「非正規雇用」は含まれていない。

>>正規雇用と非正規雇用の違いとは?生涯賃金格差や待遇の違いなど

既卒のフリーターと既卒じゃないフリーター

  • 一度も正社員経験がないフリーター→既卒
  • 正社員経験があるフリーター→既卒ではない

という感じになる。なので、「既卒とフリーターは違う」というよりも、「既卒に含まれるフリーターもいる」が正しい。ちなみに、学校を卒業してから一度も正社員になっていないなら、ニートや派遣社員なども「既卒」と呼ばれることになる。

正社員経験があるフリーターの呼び名

既卒ではないフリーターの中には、転職市場では「第二新卒」と定義されるフリーターもいる。

>>フリーターと第二新卒の違いとは?第二新卒に含まれるフリーターもいる

そこにも含まれないフリーターの呼び名は存在しない。まあ、普通に「フリーター」になるんだろうけど。定義というのは曖昧な点も多いので、そこまで深く考えても仕方ない部分がある。

既卒フリーターにおすすめの就職支援サイトは?

アルバイト経験しかないよう既卒フリーターだと、普通の転職サイト(リクナビNEXTなど)や、正社員が転職活動に使うような一般向けの転職エージェント(リクルートエージェントなど)だと、かなり苦戦する場合が多い。書類選考に通らないなど。

>>フリーターは書類選考に通らない!落ちる!通過する方法

僕も既卒フリーターだったのだが、その経験上、既卒や第二新卒の就職支援を専門に行っている転職エージェントが一番就職活動をやりやすかったし、実際に正社員にもなれた。既卒フリーターが正社員を目指すなら、そういう転職エージェントをおすすめしたい。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

-フリーターの定義

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.