フリーターと家事手伝いの違いとは?ニート、無職についても

更新日:

両者はそもそも違う存在。フリーターと家事手伝いは別物。なぜなら、共通点が全くと言っていいほど存在しないから。

「家事手伝い」の定義とは

非常に曖昧な存在なので、Wikipediaから引用させて頂く。それによると、

家事手伝い(かじてつだい)とは炊事、洗濯、掃除などの狭義の家事および家業を手伝うこと、およびそれに従事する人を指す。

{参考}家事手伝い - Wikipedia

ということ。「家事を手伝う人が家事手伝い」という、普通のことが書いてあった。

フリーターと家事手伝いの違い

  • フリーター:アルバイトやパートなどを生業としている人(学生は除く)
  • 家事手伝い:家事の手伝いをしている人

なので、比べようのない両者である。「違い」なんて、たくさんあることになるかと。

>>フリーターとは何者か?意味や定義を解説

ニートと家事手伝いの違い

いろんなタイプがいるだろうが、一般的にニートは、

  • 働いてない
  • 働く気もない
  • 家事もしない

というイメージがある。そう、あくまでも「イメージ」の話。

>>フリーターとニートと無職の違いとは?同じようで違う意味を持つ

このイメージで家事手伝いと比較すると、

  • ニート:働かないのに家事もしない
  • 家事手伝い:家事をしている

になる。ただし、ニートになった経緯は人それぞれだし、中にはそれなりの事情があってニートになる人もいるので、イメージだけで語るのは危険だと思われる。

ちなみに、あえてニートをやっている人はそのまま「ニート」で、退職などの理由により一時的にニートになっている人は「無職」という分類もできる。

家事手伝いはニートの言い換え?

僕の認識だと、「ニートを格好良く言い換えているだけだろう」という感じだった。しかし、いろいろ調べてみると、働けない(働かない)理由は人それぞれだと知った。なので、何でも「ニート」で括るのも良くないかなと、最近は思っている。まあ、「自宅警備」は完全にニートの言い換えだと思ってるけど。家事手伝いの中にも、「逃げの一手」として「家事手伝い」を名乗っている人もいるだろうけど。

フリーターはフリーター。家事手伝いは家事手伝い

比較しようとしても比較する箇所がなかった。なので、「フリーターと家事手伝いは別物」ということでいいじゃないか。

>>フリーターとフリーランスの違いとは?個人事業主の方が分かりやすいかも

-フリーターの定義

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.