フリーターの意味や定義と各種雇用形態との違い

投稿日:

スポンサーリンク

フリーターには、こういう意味があるらしい。

自由な時間を求めて、定職に就かずにアルバイトやパートで生計を立てる人

フリーターの定義はこんな感じ。

アルバイトやパートを本業とする人

人によって若干の認識の違いはあるけど、基本はこれです。

アルバイトとパートの違い?

両者に違いはありません。

「パート」で雇われてようが、「アルバイト」で雇われていようが、それを本業にしていたら「フリーター」

両者は、会社が勝手に呼び分けているだけで、明確な違いはありません。

「学生がアルバイト、主婦がパート」みたいな位置付けがよく使われていたそうですけど、「臨時て使うのはアルバイト、長期で雇う非正規がパート」という使い分けもされてたりするので、ここの明確な定義は特に必要ありません。

フリーターとパートタイマーの違いとは

派遣社員はフリーターか?

「派遣とフリーターは別物」と考えている人もいますけど、派遣もアルバイトみたいなものなので(直接雇用じゃないだけ)、雇用形態的にはフリーターと考えて問題ないかと。

「派遣はフリーターじゃない!」というプライドを持つのは勝手ですけど、実質的には同じ非正規雇用で、仲間じゃないんですかね。

フリーターと派遣社員の違いとは?派遣は少し特殊である

契約社員はフリーターか?

契約社員も、非正規雇用。

正社員とは違います。

契約更新してもらえないと仕事がなくなるので、不安定さはフリーターと同じようなもん。

なので、「契約社員はフリーターと同義」と考えても問題ありません。

しかしながら、「契約社員は正社員と同格くらい」と考えている人もいるので、オブラートに包んだほうがいいかと。

どの道、会社に都合よく使われやすい雇用形態であることは、フリーターとさほど変わりませぬ。

フリーターと契約社員の違いとは?嘱託社員や準社員も

フリーターとニートの違い

ニートとは、学生でもないのに働いていない人を指します。

フリーターは非正規雇用ですがちゃんと働いているので、ニートとは違います。

フリーターとニートの違いとは?無職かそうでないかが大事

フリーターと正社員の違いとは

正社員は「正規雇用」で、フリーターは「非正規雇用」。

正規雇用は、基本的に定年まで働くことを前提としているが、非正規雇用者が長く働くには基本的に契約更新が必要。

その他、収入の違いやボーナスの有無(アルバイトでも支給されるケースもある)、福利厚生面の違いなどがあります。

フリーターと正社員の違いとは?雇用期間が大きく違う

有給休暇や社会保険など、正社員とフリーターでさほど変わらない部分もあります。

有給休暇は雇用形態に関係なく、働いている期間や日数などに応じて支給されるもの。

フリーター(アルバイト)でも有給休暇の取得は可能

社会保険は、条件を満たしていればフリーターでも強制加入なので、給料天引きから逃れることはできません。

フリーター(アルバイト)でも社会保険と厚生年金に加入させられる

フリーターと「既卒」の違い?

「既卒」とは、転職市場で使われる用語で、「学校を卒業してから一度も就職していない人(アルバイトなどの非正規雇用は含まない)」を指します。

つまり、フリーターでも該当する人は該当するもの。

フリーターと既卒の違いとは?転職市場における扱い

フリーターと「第二新卒」の違い?

「第二新卒」も転職市場で使われる用語で、基本的には「新卒で就職したけど退職し、かつ、卒業から3年以内の人」という意味。

要は、「新卒で就職したけどすぐに辞めた若者」ということです。

やはりアルバイトのような非正規雇用は「就職」にカウントしないので、第二新卒に当てはまるフリーターもいます。

フリーターと第二新卒の違いとは?「既卒」との違いも

        

-フリーターとは

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.