フリーターという生き方は自由?メリットとデメリット

更新日:

フリーターを7年間やって感じた、フリーターという生き方のメリットとデメリットについて。「フリーターは自由なのか?」については、「どこでバイトするかによる」としか言いようがない。フリーターでも、正社員並みに不自由を強いられるバイト先もあったので。ちなみに、その場合の自由は「時間的な自由」限定。なぜなら、フリーターならではの不自由も結構多かったので。

フリーターとして生きていけるのか

これについては、「そこそこ時給のいいバイトをすれば、一人暮らしでも生きていける」というのが元フリーターの回答。実際、僕は7年間くらいフリーターとして一人暮らししていたし。実家暮らしなら、多分もっと楽だったと思う。

>>フリーターでも生活できる!「生活できない」を払拭する為に

フリーターという生き方のメリット

フリーターは時間の自由を手に入れやすい

アルバイトやパートで働く場合、面接時に希望の曜日や時間を詳しく聞かれるので、「自分が働きたいときだけ働く」という選択がしやすい。もちろん、フルタイムで働きたければ、フルタイムで働くことも可能だった。あと、正社員よりも休みが取りやすかった。「ここ休みたい」と言えば、正社員に比べれば休みやすいのがフリーター。有給休暇も取りやすかったし、まともなバイトならサービス残業なんてなかった。なので、正社員よりも時間的に自由になりやすいと言える。

>>「アルバイトは有給休暇取れない」は嘘!取り方と付与条件

ただし、「バイト先の環境次第」というのもあった。アルバイトやパートにも厳しいルールを課したり、残業をさせまくる職場もある。「アルバイト」と一口に言っても、職種や企業によって環境がかなり違うのが現実でもある。

夢を追う為の時間の自由を作りやすい

夢を追うことを諦めきれずにフリーターという生き方を選ぶ人もいる。フリーターという生き方ならば、金銭的な余裕を持つのは難しいが、ある程度の生活費を稼ぎながら、夢を追う為の活動をする自由な時間を確保しやすい。ミュージシャンや芸人を目指すだけじゃなく、専門的な勉強をする時間を確保する為にフリーターという生き方を選ぶ人もいる。僕は、夢を追いかけてたタイプのフリーターだった。一応。

>>正社員になりたくない!僕がフリーターになった理由

仕事のストレスに潰されにくい生き方

フリーターという生き方を選べば、正社員よりは「仕事の責任」というストレスとは縁が遠くなりやすいというメリットもあった。中には、アルバイトにも正社員並みの責任を押し付けてくる会社もあったけど。フリーターの場合、仕事が嫌になったら、正社員よりは辞めやすい為、ストレスから逃げることもある程度は簡単。やめさせて貰えない場合は、退職届を突き付けて「もう辞めます!」とキッパリ言えばいい。

>>フリーターがバイトを辞めたいと思ったら!すぐに辞める方法も

フリーターという生き方のデメリット

フリーターという生き方は意外と大変!気楽ではなかった

フリーターは、社会的信用が無かったり、お金が無かったり、何かと大変。決して「気楽」というわけではなかった。フリーターは、「レール」から外れた生き方なので、世間からの風当たりも冷たいというデメリットがあった。フリーターという生き方をすると、その辺に不自由さを感じてしまうだろう。

>>フリーターが羨ましい?それなりにストレスフリーで自由ではあったが

フリーターは社会的イメージが悪い

日本では、「正社員以外はクズ!」という偏向志向が強いので、フリーターの社会的イメージは著しく悪い。このイメージとの戦いは、一生続くかも。「フリーターで何が悪いんだ!放っておいてくれ!」と言いたいのだが、日本人は放っておいてくれないのが現実。世間の目が厳しいので、肩身が狭い。これ、経験者しかわからないだろうな。

>>フリーターは悪くない!何がそんなに悪いのか

フリーターは社会的信用を得られない

フリーターという生き方には、イメージ的な問題だけじゃなく、実害もある。まず、フリーターは住宅ローンなんて組めないというデメリットがある。クレジットカードは、審査が厳しいところだと作れない(普通に作れるカードも結構ある)。アパートなどの賃貸契約の時でも、少し微妙な反応をされることもある。

>>フリーターに社会的信用がない理由と社会的地位を上げる方法

いざ「正社員になりたい!」と思ったときにも、この社会的信用のなさがのしかかることがあった。「フリーターをしていた」というのは、マイナスになっても、プラスになることはほとんどない。これが現実。

フリーターを始めると貧乏生活の始まりかも

そもそも給料が少ないので、金持ちには程遠い。フルタイムでアルバイトしていれば、普通に一人暮らしできるくらいは稼げるが。稀に、フリーターの自由な時間を使い、副業でかなり稼いでいる人がいたりもするけど、やっぱり稀なケース。「アルバイトだけをして、残りは遊ぶ」のような「ザ・ダメなフリーター」のような生き方をしてしまうと、その傾向は更に顕著になるかと。

夢を追う為に一時的にフリーターになったり、過酷な仕事の後の羽休めとして一時的にフリーターという生き方を選んだりしたわけじゃない場合、今後の展望を考えないと、貧乏なフリーター生活をずるずる引きずってしまう可能性がある。

>>フリーターが貧乏生活に陥る理由!辛い厳しい現実

フリーターならではの不自由さ!普通の生活ができない!

先ほど書いた「住宅ローンが組めない」も一つの例。その他にも、「結婚して子供を産む」なんてことも難しい。要は、「普通の日本人の生活だと思われている生活」が送れないという、大きなデメリットが潜んでいるということ。

>>フリーターは結婚できない?後悔しない為の子供やマイホームの話

「時間的にそこそこ自由」以外の自由がないのがフリーターの現実だった

いいバイト先に巡り会えれば、確かに正社員よりは時間の自由を作りやすい。あと、仕事のストレスからある程度自由なくらい(会社次第だけど)。しかし、それ以外はだいたい不自由だった。基本的に貧乏なので、思いっきり遊ぶことはできない、海外旅行は厳しい、欲しい物が買えないなどの「金銭面での不自由さ」を感じずにはいられなかったのが一つ。

そして、前述のように世間の目は厳しいわ、社会的な信用はないわ、バイトを休むと給料がガッツリ減るわ、結婚なんて考えられないわ、マイホームなんて夢のまた夢だわと、「フリーターならではの不自由さ」をたくさん感じてきた。

「時間的な自由がある程度ほしい」というだけなら、フリーターという生き方はいいかもしれない。しかし、僕の経験上は不自由な部分が多かったので、フリーターを絶賛することはできない。まあ、それでも僕は、フリーターという生き方が好きだったけどね。

>>フリーターはいつまで許される?年齢の限界は何歳か

>>一生フリーターはダメなのか?「別にいい」と思うならやるべきこと

-フリーターの特徴

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.