バイトやパートでも副業禁止の理由!ダブルワーク禁止は何故か

更新日:

フリーター(パート・アルバイト)なのに、副業を禁止にしている会社が結構ある。では、なぜ副業を禁止する会社があるのか。その理由を、実際にアルバイトの副業禁止をしている会社で働いていた元フリーターが解説。ちなみに、単純に「弱いものいじめ」が理由というケースが多いわけではない。むしろ、そこまで考えていないケースの方が多い気がしていている。

会社の情報漏洩防止の為にダブルワーク禁止にしている

ある程度納得できる副業禁止の理由が、これ。アルバイトでダブルワークしても副業になる。もしも、掛け持ち先の会社が競合他社だった場合、その従業員から大事な情報が漏洩するかもしれない。だから、副業を禁止するというもの。パートやアルバイトだけで生活しているフリーターにとって「副業禁止」は痛いが、会社には会社なりの都合というものがあるという場合がこれ。

うちの仕事に集中してほしいから副業禁止

事実、こういう理由から副業を禁止しているケースもある。アルバイトでもフルタイムで働かせることを前提にしている場合、しかも、従業員の大半がアルバイトやパートの場合は、本業に集中してもらわないと会社的に困る。だから、バイトやパートでも副業禁止というケース。

2会社の風習的にバイトやパートも副業禁止にしている

正社員の副業を禁止している会社はまだまだ多い。そういう会社は、風習的にアルバイトやパートの副業も何となく禁止にしている場合がある。また、実際は副業禁止じゃないのに、「正社員が副業禁止なんだから、アルバイトだって副業禁止でしょ」と社員が勘違いしているケースもある。この場合は、アルバイトの就業規則をしっかり確認すれば、「実はアルバイトは副業禁止じゃなかった」というケースも考えられる。

バイトやパートが副業禁止規定を破るとどうなるか

アルバイトだとしても、解雇されてもおかしくはない。バレればの話なんだが。人事は、アルバイトの納税状況までチェックするほど暇じゃないかもしれない。確定申告のときに、「住民税は自分で納税する」にしておけば、ばれにくいらしい(確実ではない)。そもそも、確定申告が必要なほど稼げなかれば、言わない限りばれることはない。

ちなみに、源泉徴収が必要なアルバイトなどをした場合は、普通にバレやすいと思われる。

会社の副業禁止規定に抵触しない副業

大抵の場合、以下のものは「副業」にカウントされない。

  • FX
  • 仮想通貨取引
  • 株式投資
  • 投資信託
  • 不動産投資
  • その他の投資(投機)系

これらの「資産運用系」のものは、正社員でも副業にカウントされないことが多い。ただし、禁止している会社もあるかもしれない。

>>フリーターは投資をするべきなのか?基本的に投資家向きではない

フリーターは副業禁止を守るべき?

どうしても解雇されたくないくらい好きなバイトなら、守った方がいいかもしれない。しかし、ただでさえ収入が少ないフリーターは、副業で稼げるなら積極的に稼いだ方がいいと僕は思っている。副業したくらいで解雇されるアルバイトなら、他を探した方がいい。まあ、あくまでも自己責任でお願いしたいが。

>>フリーター時代にやった副業をおすすめ!稼げる副業と危険な副業

-フリーターとアルバイト
-

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.