フリーターの一人暮らしで掛かった生活費の内訳

更新日:

僕が実際にフリーターとして一人暮らししていたときの生活費の内訳を公開。個人差はもちろんあるが、「これくらいお金が掛かる」の目安にでもなれば幸い。僕がフリーターとして一人暮らししていたのは、関東圏内。「埼玉県に住んで、都心で働く」というスタイルだった。東京付近での一人暮らしでは、「都心付近で働いて、住むのは都心から離れた場所」というのが当たり前のスタイル。

ちなみに、僕がフリーターとして一人暮らししていたときの月収は、20万円前後。手取りにすると一ヶ月15~17万円くらいだった。年収にすると240万円前後。僕の場合、その収入だと生活はカツカツだった。一人暮らしは厳しい。甘く見ない方がいい。

まあ、僕はたまに衝動買いとかしてしまうタイプだったので、皆様の方がずっと上手くやれるはず。

>>フリーターはどれくらい稼げる?働く時間と時給で計算

フリーターの一人暮らしで必要だった生活費の内訳まとめ

  • 家賃    ⇒ 4万円
  • 食費    ⇒ 3万円
  • 消耗品   ⇒ 1万円
  • 通信費   ⇒ 1.5万円
  • 水道光熱費 ⇒ 1万円
  • 娯楽費   ⇒ 3万円以上
  • 奨学金返済 ⇒ 1.5万円

合計すると、月に15万もの生活費が掛かっていた。奨学金の返済がなくても、一ヶ月の生活費は13万円ほど。よくこれフリーターとして一人暮らしやってたものだ。

>>フリーターが奨学金の返済に困った時の制度など!自己破産しない為に

僕は社会保険加入だったので、健康保険や年金などは給料天引き。娯楽費や食費は月によって変動してだけど、やっぱり辛かった。上手い人はもっと上手くやるだろうけど、掛かる人はもっと掛かるはず。男性よりも女性の方が多くなるかも?

>>フリーターが社会保険と厚生年金に強制加入になる条件とは

一人暮らしでは家賃が一番重たい!フリーターはできるだけ安く抑えるべし

「家賃は収入の4分の1くらいがベスト」と言われている。しかし、月収が20万円も行かないフリーターの場合は、「できるだけ安いに越したことはない」と言える。無料が理想の家賃だが、普通に考えれば一ヶ月に数万円は掛かる。

東京都内だと、家賃は高い。地方でも、都市部は高い。できれば、「家賃が安い地域に住んで、仕事は給料の高い都市部で行う」という戦略を取りたいところ。これは、フリーターじゃなくても言えることか。

一人暮らしの食費は一ヶ月3万円前後!フリーターでも、節約しすぎは危険

家計簿をつけていたからわかるんだけど、一人暮らしでも3万円前後は掛かる。節約が上手な人はもっと安くできるんだろうが、普通の人はこんなもんだと思う。フリーターだからと言って、食費を削りすぎると、健康上良くない。一人暮らしの生活費を節約したいなら、別のところを削った方が無難。

一人暮らしでは、「消耗品代」という生活費を侮ることなかれ

シャンプーとかティッシュとか、食費に該当しないけど、必要な生活費。男性なら、女性よりは安くできるかと。とりあえず、月に1万円くらいは見積もっておいたほうが無難。僕はそれくらい掛かってた。

一人暮らしの水道光熱費は1万円前後!どの地域のフリーターかで結構変わる

安い時だと、5000円に届かない月もあった。水道代は2か月に一度の支払いだったり。とにかく、ここは季節変動が激しい。冷房を使う夏よりも、暖房を使う冬のほうが電気代が高かったり。あと、都市ガスよりもプロパンガスのほうが圧倒的に高いなど、地域によっても変動あり。
水道料金も地域によって違う。電気代は、「どの電力会社にするのか」で結構変わってくる。

現代には欠かせない「ケータイ代やネット代(通信費)」という生活費

普通に使うと、合わせて15000円くらい。ざっくり計算。スマホ代7,000~8,000程度で、ネット代が光回線で5,000円ほどだったから、もっと安いか。最近だと、格安SIMや格安スマホを使えば、スマホ代も抑えられる。一ヶ月に2,000円ほどに抑えることも可能。インターネットも、安易にフレッツ光にしないで、au光などの派生サービスを使ったほうが安かったりする。また、光回線じゃなくて、モバイルWi-Fiにした方が安かったり。

一人暮らしには重たい「国民健康保険や国民年金」という生活費

社会保険と厚生年金に加入していれば問題ないが、加入できていない場合は、こっちの支払いも考えておかないと危うい。収入にもよって健康保険の金額は変動するけど、合わせて3~4万円くらい掛かるかと。あと、税金を自分で支払うケースも、注意。

ちなみに、国民年金などは、滞納していると督促が来るし、督促を無視し続けると、最悪の場合「財産の差し押さえ」になるので、「払わない」という選択が基本的にできない。免除できる条件が揃っていれば、申請すれば「支払わなくてもいい」ってできるけど。一人暮らしできるくらい稼いでいるフリーターは、まず無理。

変動が大きい生活費「娯楽費や趣味代」

これは、かなりの個人差あり。ただ、あんまり安く見積もっていると、「全然使えないじゃん」という事態に陥るので、家計簿などで記録して「どれくらい必要か」を自分なりに計算しておいた方がいい。飲み会とかデートとか行ってると、いつの間にか結構使ってしまうもの。

金欠一人暮らしフリーターの天敵!「アパートの更新料」という生活費

一人暮らしには欠かせない生活費の一つ。契約内容にもよるけど。僕の場合は、「二年に一度、家賃を二倍払わないといけない」という感じで、更新料がやってきた。賃貸の場合、更新料が掛かるケースが多いけど、「更新料なし」の物件もある。

>>フリーターの一人暮らしに必要な収入(月収)!最低いくらあれば可能か

>>フリーターの一人暮らしは無理?可能だが難しい

-フリーターの一人暮らし

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.