フリーターが一人暮らしを始める時に掛かる初期費用の目安

更新日:

僕がフリーターとして関東で一人暮らしを始めたときにかかった初期費用の内訳など。一人暮らしを始めようと思っているフリーターの参考にでもなれば幸い。経験上、引越業者の料金だけでもそれなりにかかるので、ある程度の資金を用意しておかないと一人暮らしを始めるのは厳しかった。ちなみに、僕が住んでいたのは埼玉県で、バイトしていたのは東京都心。

一人暮らしを始めるのに必要な初期費用

一人暮らしを始めるには20万円~50万円は必要

あくまでも目安の数字。僕がフリーターとして初めて一人暮らしを始めたときは、40万円くらい掛かった。それくらいの貯金か、親からの援助がないと、一人暮らしを始めることすら難しい。まあ、初期費用を抑えられる物件を選ぶなどの対策をすれば、もっと金額を下げることは可能なので、あくまでも目安として考えて頂きたい。地域によって一人暮らしを始めるのに必要な初期費用が違うことも忘れないでほしい。

では。何がそんなに掛かったのか。ザックリまとめると、以下のようになる。

  • 賃貸物件の契約費
  • 引越し業者代
  • 家具や家電の購入代金

賃貸物件を契約するときの初期費用

一人暮らしを始めるときの費用では、ここが一番高い。家賃や物件、不動産会社によって大きく変動する。安く見積もっても、最低20万円くらいは考えておいた方が無難。何が掛かるのかと言うと、こんな感じ。

  • 敷金(家賃の1~2ヶ月分ほど)
  • 礼金(家賃の1~2ヶ月分ほど)
  • 仲介手数料(家賃の半月分~1か月分ほど)
  • 日割り家賃+一か月分の家賃
  • 火災保険料
  • 鍵交換代など

敷金とはどういう費用か

敷金は、保証金のようなお金。その物件から退去する際、敷金から部屋の修繕費を差し引かれたり。物件によって設定が違うので、ご確認を。基本、返ってくるお金。そして、その物件から引っ越すときに入居者と大家でトラブルになりやすいものでもある。普通に住んでいたなら、返してもらえるのが当たり前なので、返還金額に納得できないなら抗議した方がいい。

礼金とはどういう費用か

礼金は、「大家さんへのお礼」という、よくわからないお金。関東の風習だそう。最近では、礼金がない物件も増えているので、極力そういう物件を選んだほうが、一人暮らしの初期費用を抑えられる。敷金がない物件もあるので、一人暮らしの初期費用を抑えたい場合は、そこに絞るといい。また、礼金が設定されている物件でも、意外と値切れるので、粘ってみることをおすすめする。

仲介手数料とはどういう費用か

仲介手数料は、不動産会社に支払う手数料。家賃の半月分のところもあれば、一か月分のところもある。

日割り家賃とはどういう費用か

日割り家賃が発生するのは、月の途中から引越した場合(だいたいこのケースになるかと)。例えば、10月15日から契約した場合、契約時に「10月15日から10月31日までの家賃」と「11月分の家賃」をあらかじめ払ってから住み始めることになる。ちなみに、家賃も頑張れば意外と値切れるので、成功すれば大きな節約になる。不動産取引は、相手の言い値に従わないことが大切。

火災保険料とはどういう費用か

火災保険料は、賃貸契約の時に必ず入る保険。契約時に1万円~2万円ほど払う。物件によっても違うが、だいたいそれくらい。

その他、鍵交換代など

あとは、鍵交換代などの費用が発生する。鍵の交換は、だいたい1万円~2万円ほど。その他にも、不動産会社によっては、最初にクリーニング代として家賃の半分くらい請求してくるところもあったり。賃貸物件を契約するときの費用は、これくらい。

家賃のだいたい3~6倍くらいを考えておいたほうがいい。一人暮らしを始めるとき、不動産会社にとりあえず見積もりだけでも出してもらえるので、気になる地域の物件はある程度見てみるといい。ちなみに、礼金や家賃を値切るコツは、単純に「もう少し安くなりませんか?」と聞くだけ。そうすれば、不動産会社の人が大家さんに交渉してくれるはず。

引越しで掛かる費用

引越し業者の費用は5万円くらい

距離と荷物の量によって大きく変動。引越し業者によっても違う。一人暮らしの場合、だいたい5万円前後くらいになるはず。自宅の車で運べるなら、かなりのコストカットが可能。ちなみに、引越し業者を使う場合は、かならず複数の業者(2~3社ほど)で見積もりを出してもらった方がいい。他社の見積価格を持っていれば、値段交渉が容易になるから。
これは、当たり前のテクニック。

家具や家電の購入代金は10万円以上

僕の記憶によれば、それくらい掛かった気はする。生活に必要な家電や家具、小物類を全部揃えると、軽く10万円は超えるはず。20万円を超えてもおかしくない。初期費用を抑えたいなら、安い店でまとめ買いして、値切り交渉するとか、家具家電備え付けの物件を探すとか。

>>フリーターの一人暮らしで掛かった生活費の内訳

>>フリーターの一人暮らしは無理?可能だが難しい

-フリーターの一人暮らし

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.