アルバイトよりも派遣の方が正社員になりやすい可能性

更新日:

フリーター時代にアルバイトも派遣社員も経験して、「派遣社員の方が正社員を目指す就職活動をやりやすいのでは?」と感じたので、その理由を書いておく。別に、「派遣社員の方がアルバイトやパートよりも正社員に近い」という話ではなく、雇用保険の失業給付の豆知識の話である。

派遣の方が正社員になりやすい理由

雇用保険の失業給付の存在

非正規雇用でも、条件を満たせば雇用保険に加入させられる。その条件は、「31日以上働く見込みがあること」と「週の勤務時間が20時間以上であること」の二つ。アルバイトや派遣のみで生計を立てている場合、大抵の人は該当してしまうはず。

雇用保険に入っていると、失業した時に条件を満たしていれば「失業給付」というお金が貰える。もちろん、非正規でも。手続きは、ハローワークで。退職後に離職票などの書類を持って手続き。ちゃんと手続きすれば、毎月ギリギリ生活できるくらいのお金が3~4ヶ月程度貰える仕組み。

派遣の場合、契約満了で退職すると、「会社都合退職」になる

この失業給付だが、「自己都合」よりも「会社都合」で退職した方が給付日数が長いし、失業の認定の回数も少ないし、何より「貰える早さ」が違う。「自己都合」で退職した場合、「待機期間」7日間+3ヶ月」待たないと失業給付が貰えないので、貯金がないとそこまで待てないのが現実。

一方、「会社都合」の場合は、3ヶ月待たなくても貰えるので、速度は雲泥の差。会社都合なら、退職してから2ヶ月後くらいには最初の失業給付を受け取れます(手続き上、それくらいのタイムラグはある)。

つまり、会社都合で辞めた方が有利。そして、派遣の場合、契約満了まで働いて退職すると、「会社都合」にしてくれる。法律で決まっているので。アルバイトの場合、「辞めます」と自分から言ったら自己都合にしかならないのだが。

派遣社員の方が失業給付を受け取りやすい

契約満了まで派遣で働けば、会社都合で辞められる(働く期間が短いとダメだけど)。つまり、失業給付を「早く+長く」貰える。ある程度の生活費を受け取りながら、じっくり正社員への就職活動なんかもできるわけだ。会社都合の場合、4ヶ月は失業給付が受けられる。就職活動は何だかんだで時間と体力を消費するので、何気に嬉しい制度。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

アルバイトから正社員になることも可能

そんな感じで、派遣の方がアルバイトよりも「正社員になりやすい環境」がある程度整っている。僕が「派遣社員でいた方が、のちのちに正社員になりたくなったときに有利」と感じたのは、失業給付のもらいやすさがあったから。この記事で言いたかったのは、それだけ。

>>フリーターから派遣社員になるメリット!バイトとどっちがいいのか

>>フリーターから正社員になるには?就職する為に必要なこと

-フリーターから正社員
-

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.