フリーターの年収はいくら?平均年収と限界年収!どれくらいだと高いか

更新日:

東京都内でアルバイトをするフリーターなら、フルタイム近く働けば年収200万円を越えるのもそう難しくはない。時給1,500円以上でフルタイムシフトにすれば、年収300万円を越えることもできる。ただし、それよりも時給が高いアルバイトはそうそうないので、壁は年収300万円前後ということになるだろう。その辺がフリーターの限界(副業で稼ぐ場合は別だけど)。

ちなみに、時給が安い地域だと、フルタイムでバイトしても年収200万円いくかいかないか程度しか稼げない。もちろん、これらの数字は「収入」の話なので、実際に手元に来る手取りの金額はもっと少ないことになる。

フリーターの平均年収は?

収入(年収)と所得(手取り)の違い

  • 収入→税金や保険料などが引かれる前の金額
  • 所得→税金や保険料などが引かれた後の「給料」として手元に来る金額

社会保険に加入しているフリーターは、年収と所得に大きく差が生まれる。仮に国保と国民年金だとしても、それを払わないと督促来るし、督促を無視し続けると財産差し押さえになってしまうので、払わないという選択肢がない。なので、国保あたりの金額は最初から差し引いて考えた方がお金の管理がしやすくなる。

統計的なフリーターの平均年収はいくら?

これにはいろんな数字があるので、一概に「フリーターの平均年収はこれ!」とは言い切れない。とりあえず、「フリーターの平均年収はどれくらいなの?収入アップの方法はある? - ハタラクティブ」によると、

平均すると大体150万円程度に落ち着くのではないか、というのが一般的な見解のようです。

ということ。一概に言い切れない理由としては、

  • 個人によって働く時間がまちまち
  • フリーターの定義が曖昧
  • 時給の違い

などの問題があるから。「フリーター」と言っても、安い時給で週3日しか働かないフリーターもいれば、高い時給でフルタイムで働くフリーターもいたりするので、そういう人たちをまとめて「平均」なんて出しても、あまり意味がないのだ。統計を取るなら、「地域別」「働く時間別」くらいにしないと参考になる平均年収は算出できないと思う。

ちなみに、「フリーターはどれくらい稼げる?働く時間と時給で計算」で、「この時給でこれくらい働いたらフリーターの年収は~円」というのを計算したので、ご参考までに。

フリーターは限界年収はどれくらい?

いくらだと「年収が高いフリーター」と言える?壁の話

冒頭で「壁」の話をしたので、そのライン。普通のアルバイトをする場合(薬剤師系などの専門職や、お水系を除外)のフリーターの年収の限界は300万円ちょっとくらい(週5日のフルタイムの場合)なので、年収300万円以上稼いでいたら「年収の高いフリーター」と言ってもいいと思う。ただし、残業をたくさんしたり、基準外の週6日以上働いたりすれば、もっと稼げるが。それじゃ社畜と一緒になってしまうけど。

ちなみに、時給1,000円のバイトでフルタイムシフトをやれば、年収がちょうど200万円くらいになる。なので、年収200万円程度だと「安い」と思った方がいい。もちろん、地域格差はあるが。

実際に振り込まれる給料(手取り)はいくら?

社会保険加入と未加入で変わってくる。社会保険加入の場合、給料として振り込まれる手取りの金額は、収入のだいたい8割くらいになる。なので、年収200万円だと160万円くらいが年間の手取りで、月に換算すると13万円程度。年収300万円の場合は、240万円くらいが年間の手取りで、月に換算すると20万円程度になる。

国保・国民年金の場合だと天引きされる金額が少ないのだが、年収200万円クラス働いていると、大抵の場合は社会保険に強制加入になってしまう。また、前述のように、国保などの金額は「支払うもの」として差し引いて給料の金額を見た方がいいので、実際の手取りは社会保険の場合と同じくらいになる。

社会保険へ強制加入になる年収は?

それは年収130万円を越えた場合なので、一人暮らしするフリーターなんかは軽く条件を満たしてしまうことになるかと。また、社会保険は「正社員の4分の3以上の時間(週30時間以上、一ヶ月およそ15日以上)」という条件を満たしてもフリーターだろうと強制加入になってしまう代物。フリーターでも、意外と社会保険に入っている人は多いのである。ちなみに、社会保険には厚生年金も含まれる。詳しくは「フリーターが社会保険と厚生年金に強制加入になる条件とは」参照。

フリーターの一人暮らしに必要な年収は?

地域によって変動あり。僕の経験上、関東圏内でフリーターとして一人暮らしするなら、月の手取り15万円は必要だと感じた。なので、年間の手取りで180万円以上、必要な年収はおよそ220万円以上になる。僕の場合、奨学金の返済が毎月15,000円程度あったので、それくらいの年収でも生活は苦しかった。人によっては、年収200万円いかない程度でもやっていけるかもしれない。

ただし、フリーターの一人暮らしでは「もしも」に備えて貯金しておいた方が絶対にいいので、「多いに越したことはない」という結論になる。

>>フリーターの一人暮らしに必要な収入(月収)!最低いくらあれば可能か

補足:僕がフリーターだったときの年収

僕はアルバイトを何回か変えたので、「平均年収」を出すとデータ的に微妙。なので、僕が一番長くやったアルバイト(5年くらい)での話でも。そのアルバイトをやってたときの僕の年収は、「240万円前後」だった。源泉徴収票に書いてあった数字なので、間違いはない。年間の手取り(所得)は「200万円」に届かない程度。もしかしたら、「フリーターで年収240万円は高い!」と感じる人もいるかもしれないけど、社会全体で見たらゴミカス以下ということをお忘れなく。

上記の年収を稼いだ、一番長くやったアルバイトでの働き方

  • 雇用形態:アルバイト(パート)
  • 場所:新宿
  • 業種:小売業(接客)
  • 時給:1,200円
  • 勤務シフト:週5日、一日実働8時間(フルタイム)
  • 社会保険、厚生年金、雇用保険加入
  • 住民税などは給料天引き
  • 交通費支給
  • 有給休暇の取得可能(当たり前)
  • 日によって残業あり
  • 少額だがボーナスあり(年二回)
  • 少額だが退職金もあった

勤務時間については、契約上は実働7.5時間だったが、実際は毎日30分残業するシフト編成。

>>フリーターの月収はいくら?元フリーターの手取りの金額など

「フリーターだから貧乏でもいいや」ということは絶対にないので、まともにフリーターとして生きていきたいなら、できるだけ多く稼げるアルバイトをした方が絶対にいい。

>>フリーターがお金を稼ぐコツ!バイト選びや副業の話

-フリーターの特徴
-

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.