フリーターの月収はいくら?元フリーターの手取りの金額など

更新日:

フリーターのおおよその平均月収と、僕がフリーターだったときのリアルな月収について。実際に口座に振り込まれる手取り給料の話も。ちなみに、「フリーター」と一括りにしても、その中にはフルタイムで働く人もいれば、週3日しか働かない人もいる。地域によってバイトの給料に大きな格差がある。なので、「フリーターの月収」なんて調べるだけ無駄じゃないかと僕は思う。

どうせなら、時給とシフトがわかればおおよその月収と手取りがわかるので、自分で計算した方が確実だと思う。

ちなみに、フリーターでもフルタイム近く働くと普通に社会保険に強制加入になってしまうこと多い。その場合の手取りは、収入の8割(×0.8)程度になる。月収20万円なら、手取りはだいたい16万円くらい。

月収(収入)と手取り給料(所得)の違い

  • 月収→税金や保険料などが引かれる前の金額
  • 手取り給料→税金や保険料などが引かれた後の手元に来る金額

月収の金額は、実際に給料として振り込まれる金額よりも必然的に高くなる。

統計的なフリーターの平均月収はいくらか

フリーターの年収はいくら?平均年収と限界年収!どれくらいだと高いか」では、「統計的なフリーターの平均年収はだいたい150万円くらい」と書いた。それを単純に月に換算すると、「12万円前後」がフリーターの平均月収ということになる。

フリーターの平均月収は当てにならない

なぜなら、「フルタイムで働くフリーター」もいれば、「週3日しか働かないフリーター」もいるし、時給もそれぞれ違うから。全員を「フリーター」として括れるんだけど、それで括ってしまうとデータが滅茶苦茶になる。たとえば、「実家暮らしのフリーター」と「一人暮らしのフリーター」が、同じレベルの月収なのだろうか?などの問題が考えられるから。なので、「世間的な平均月収」は、あまり気にしなくていいと思う。「正社員」だって、業界や年齢によって月収にかなりバラツキが生まれるじゃないか。

>>フリーターはどれくらい稼げる?働く時間と時給で計算

僕がフリーターだったときのリアルな月収

一番長く続けていた(5年くらい)アルバイトでの話だと、月収は「20万円」前後で、手取り給料は「16万円前後」だった。社会保険と厚生年金加入だったので、その辺は全て給料天引き。なので、月収と手取りにこれだけの違いが生まれている。残業の有無によって数万円の誤差は生まれてたけど。

上記の月収を稼いだアルバイトの働き方

  • 雇用形態:アルバイト(パート)
  • 場所:新宿
  • 業種:小売業(接客)
  • 時給:1,200円
  • 勤務シフト:週5日、一日実働8時間(フルタイム)
  • 社会保険、厚生年金、雇用保険加入
  • 住民税などは給料天引き
  • 交通費支給
  • 有給休暇の取得可能(当たり前)
  • 日によって残業あり
  • 少額だがボーナスあり(年二回)
  • 少額だが退職金もあった

勤務時間については、契約上は実働7.5時間だったが、実際は毎日30分残業するシフト編成。残業以外にも、体調不良で休んだりすると変動した。

>>フリーター時代のリアルな最高月収!副業すれば月収40万円以上も可能

>>フリーターの年収はいくら?平均年収と限界年収!どれくらいだと高いか

-フリーターの特徴
-

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.