フリーターとフリーランスの違いとは?個人事業主の方が分かりやすいかも

更新日:

名前が似ている両者だが、全くの別物なので、混同しない方がいい。もしかしたら、「フリーランス」だとフリーターと名前が似ているので混同する人がいるのかもしれない。「フリーランス=個人事業主」と言われればどうだろうか。個人事業主とフリーターは同じだと思わないだろう。両者は、それだけ違うものということだ。

「フリーター」とは何者か

フリーターの定義は以下の通りである。

アルバイトやパートを生業としている者(学生を除く)

アルバイトやパートを生業としている人が「フリーター」。場合によっては派遣社員や契約社員が含まれることもある。詳しくは「フリーターとは何者か?意味や定義を解説」参照。

では、似た名前の「フリーランス」とは何者だろうか。

「フリーランス」の定義とは

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。おもにライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの職種において、個人で仕事をしている人のことを指すことが多く、自分の才覚などで仕事をしている人といえるでしょう。

{参考}フリーランスって何?フリーランスになるために必要なこと - freee

ちなみに、フリーランスには「個人事業主(法人未設立)」も「個人経営者(法人成りした個人事業主)」の両方が含まれる。

フリーターとフリーランスはまるで違う

正社員も、アルバイトもパートも、「会社」に所属している「従業員」。会社から「給料」を貰っているのが、フリーター。一方、フリーランスは、会社に所属したりせずに、自分で仕事を請け負い、稼ぐ人たち。会社から給料をもらうわけではなく、請け負った仕事をこなし、「売上」を稼ぐ。「フリーカメラマン」「フリーアナウンサー」「フリーになったプログラマー」などを想像すればわかりやすいかな。

フリーターとフリーランスの明確な違い

  • お金の稼ぎ方
  • 収入の多さ
  • 働き方
  • 社会的イメージ
  • 働く時間の決め方
  • 働く場所の決め方
  • 税金の納め方
  • etc

そもそも、「従業員と個人事業主」という大きな違いがあるので、諸々違いがあって当然。それだけ、フリーターとフリーランスは違う存在ということ。

>>フリーターと社会人の違いとは?バイトは社会人経験に含まれるか

-フリーターの定義

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.