DYM就職とは?使い方の流れや特徴!フリーターでも登録して使えるか

更新日:

DYM就職とは、フリーターや「第二新卒」・「既卒」、ニートや派遣社員の就職支援に強い転職エージェント。書類選考免除で面接までもっていってくれるのが一番の特徴。その就職成功率は90%以上。また、求人数が多く、業界も多岐にわたり、上場企業の求人も普通に持っていることも挙げられる。

DYM就職の使い方に関するQ&A

DYM就職の使い方!どういう流れなのか?

WEBから登録後、面談の日程を調整。その後、DYM就職のオフィスに足を運び初回面談。担当者と一緒に就活をスタートするという流れ。DYM就職のオフィスには何度か足を運ぶし、担当者とも電話やメールなどで連絡を取ったりもする。希望に沿った求人があれば初回面談から紹介してくれる場合も。求人は可能な限り紹介してくれるので、一回で決める必要なんて全くないし、フリーターからの脱出はそこまで簡単でもない。つまり、努力と根気は必要ということ。

また、DYM就職では書類選考なしで面接まで持っていってくれるので、アルバイト経験のみ・社会人経験なしのような職歴が弱いフリーターやニートでも、面接までがんがん行くことが可能。つまり、求人に応募後は面接対策になる。面接対策もしっかりやってくれるので、不安なことはどんどん相談。面接日程の調整もDYM就職がやってくるし、面接後のフィードバックもある。ダメだったら他の求人もしてくれる。もしも入社が決まれば、入社前の手続きや、入社後のアフターフォローまである。

>>DYM就職

DYM就職はフリーターでも登録できる?

「リクルートエージェント」や「doda」などとは違い、フリーターやニートなどでも歓迎してくれるので安心していい。

>>フリーターがリクルートエージェントとdodaに申し込んだら登録拒否された

在職中でも使える?

もちろん使える。というか、在職中に使う人の方が多いんじゃないのかな?在職中だと、面接の日程とアルバイトが被ったりする場合もあるだろう。そういう場合は、頼むなり有給使うなりして調整した方がいい。あとは、DYM就職の担当者に何とかいい日程にしてもらうとか。将来がかかっているんだから、そこは頑張るポイントだったりする。

また、在職中に就職活動は結構疲れる。適度に休憩したり、やはり有給休暇を活用しながらやるようにしよう。転職サイトよりも時間的コストは高いが、その分フリーターでも面接まで普通に行けるようにしてくれたりするので、使うメリットは十分にある。

使うのに料金はかかる?

無料で使える。利用者が無料で使えるのは、求人を出している企業がお金を支払うからである。

使えるのは何歳まで?

対象年齢は18~35歳。30代フリーターでも使える数少ないフリーター向け転職エージェントだが、30代前半までしか使うことができない。

>>30代フリーターにおすすめの転職エージェント3選!正社員へ

36歳以上の方は、一般向けの「リクルートエージェント」などを利用するか、政府系の「わかものハローワーク」などを使って就活した方がいいかもしれない。もしくは、転職サイトで地道に活動するか。

>>「わかものハローワーク」や「ジョブカフェ」の就職支援でフリーターから正社員へ

どの地域のフリーターでも使える?

転職エージェントは、通える距離にオフィス(拠点)がないと使うのが難しい。DYM就職のオフィスは、以下の地域にある。フリーター向け転職エージェントの中では、オフィスの数はなかなか多い方。

  • 東京都(品川区)
  • 愛知県(名古屋市)
  • 北海道(札幌市)
  • 大阪府(大阪市)
  • 福岡県(福岡市)

※一応、海外(タイとか香港とか)にもオフィスがある

拠点が遠いと使うのは無理?

DYM就職では、仙台や沖縄の求人も扱っていて、拠点が地域を希望するなら「電話で面談」という形も取ってくれる。

内定を断っても大丈夫?

もちろん大丈夫。選ぶ権利は、こちらにもあるのだ。

途中で退会もできる?

途中退会してももちろん大丈夫。自然消滅してもいいけど、担当者かDYM就職のオフィスに連絡を入れた方が無難。

転職サイトやハローワークなどと併用しても大丈夫?

制限はないので、問題ない。時間が許すなら、他の転職エージェントなどと併用しても大丈夫。

>>フリーターの仕事探し!正社員求人の探し方7選

面談に関するQ&A

面談は土日でもやってる?

基本的に平日だが、難しい場合は土日でも対応してくれる。

面談できる時間は?

DYM就職の営業時間は10:00~21:00なので、その間に行う。ちなみに、一回の面談にそこまで時間はかからない(一時間前後くらいが普通)。

面談に行くときの服装は?

私服でいい。別にスーツで行っても構わないけど。

面談のキャンセルはできる?

もちろん、キャンセルもできる。ただし、ドタキャンはやめよう。社会人なんだから。

ハローワークなどとの違い

ハローワークとの違いは?

DYM就職は民間企業で、ハローワークとは公的機関なので、違う存在。やっていることは似てるけど。しかし、サポート内容や持っている求人には大きな違いがある。

>>転職エージェントとハローワークの違いとは?どっちがいい?併用も可能

派遣会社とは違うの?

派遣会社は「人材派遣会社」で、雇用した人を派遣先で働かせる会社。一方、DYM就職のような転職エージェントは「人材紹介会社」で、転職や就職の仲介をしている会社。

DYM就職の特徴

DYM就職ではどんな求人を紹介してもらえる?

上場している大手企業から、ベンチャー企業の求人まで、2,000以上の求人を持っている。紹介してくれる業種も豊富で、フリーターやニートなどでも正社員を目指しやすい未経験歓迎の正社員求人がメインになっている。

どんな就職支援を受けられる?

自分に担当者がついて、マンツーマンで就職支援をしてくれる。具体的には、カウンセリング、職業や求人の紹介、面接対策、企業への推薦と面接日程の調整、面接後のアフターフォロー、内定後のフォローなど。面接時の服装の指導なんかもしてくれる。

DYM就職でフリーターから正社員を目指せる?

フリーターでも正社員として採用する意欲のある企業の求人が集まっている上、「就職成功率96%」という数字を出している就職支援も受けられるので、その可能性は十分にある。もちろん、本人の努力も不可欠だが。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

-フリーター向け転職エージェント
-

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.