フリーターと第二新卒の違いとは?第二新卒に含まれるフリーターもいる

更新日:

そもそも「第二新卒」の定義とは

第二新卒に明確な定義はない。これが大前提。しかし、一般的には「新卒で就職したけど1~3年程度で辞めた求職者」が第二新卒の定義。要は、「新卒で就職したけど仕事が長続きしなかった人」のこと。そういう人が転職市場に飛び込むと、「第二新卒」と呼ばれる。

アルバイトや派遣などの非正規は「就職」に含まれない

一般的に、「就職した」というのは、「正社員として就職した」という意味で使われる。なので、非正規雇用で働いたとしても、それは「就職」には含まれない。ちなみに、正社員経験のないフリーターやニート、派遣社員などは「既卒」と呼ばれる。

>>フリーターと既卒の違い?フリーターは既卒に含まれる場合も多い

フリーターと「第二新卒」

「新卒で就職したけど1~3年程度で辞めた人」が卒業から3年以内にフリーターをやっている場合、「第二新卒」と呼べる。「新卒で就職したけど1~3年程度で辞めた人」が卒業から3年以内にニートをやっていても、「第二新卒」になる。

卒業してから4年以上経っているフリーターは?

卒業してから5年経っているなどの場合、そもそも「新卒」と呼ぶには相応しくないので、「第二新卒」とは呼ばれない。そういう場合は、「ただのフリーター」という分類になるかと。そもそも、「1~3年程度」という第二新卒の定義も曖昧で、中には「2年以内」とハッキリ定義している場合もあったり。しかし、卒業してからあんまり年月が経過していると、やはり「新卒」と呼ぶのは微妙になるので、「第二新卒」の期間はそんなに長くないという結論付けはできる。

第二新卒が再就職するには?

前職でそれなりの経験があるなら、転職サイトや一般向け転職エージェントでもそれなりの扱いを受けることは可能。すぐに辞めてしまい職歴に不安があるなら、既卒(アルバイト経験のみのフリーターなど)の就職支援を専門に行っている転職エージェントを使って就活することをおすすめする。なぜなら、職歴が弱くても正社員になりやすい求人と就職支援があるから。

>>フリーターから正社員になるには?就職する為に必要なこと

-フリーターの定義

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.