クレジットカードのポイント還元率の意味とは?何%以上だと高いか

更新日:

クレジットカードのお得さを計る指標としてよく使われる「ポイント還元率」の意味について、カード会社で働いた経験がある僕が解説。クレジットカードで節約したいなら、無視できない数字の話。「何%以上だと高いか」についてだけど、一般的なクレジットカードのポイント還元率は「0.5%」なので、それを越えていると高い。「1%以上だと高い」という認識で大丈夫。。その間のポイント還元率のクレジットカードがなかなか見当たらないので。

クレジットカードのポイント還元率とは、いくら得するかの数値

「このクレジットカードを使うと、これくらい金銭的な還元がありますよ」を表した数字。パーセント表示で書かれるのが基本。

「ポイント還元率1%」はどれくらいお得なの?

「1,000円のカード利用で10円分(100円のカード利用で1円分)の還元がある」ということになる。還元率1%のクレジットカードで買い物すれば、100円使うごとに1円が何かしらの形で返ってくるという感じ。

還元は何で行われるの?

貯まったポイントを使ってキャッシュバック(請求金額から割引)できたり、nanacoポイントやTポイントなどに交換できたり、景品に交換できたりと、クレジットカードによってまちまち。ちなみに、ポイントの交換先によって還元率が下がるクレジットカードも結構あるので、注意。ポイント還元率は、「一番還元率がいい交換先にポイントを交換した場合」という条件が含まれる。

ポイント還元率は何%だと高いの?

前述の通り、一般的なクレジットカードのポイント還元率は、「0.5%」になっている。これが多数派。1%以上だと「高還元クレジットカード」と言っても過言ではない。年会費無料で高還元のカードもあれば、年会費が高いゴールドにすることで高くなる場合もある。年会費が発生するクレジットカードのポイント還元率が高い場合でも、「年会費と相殺したらどうなるか?」は気にしないと、節約に結び付かなくなる場合もある。

どうしてクレジットカードにはポイント還元があるの?

それは、「加盟店手数料」の存在があるから。クレジットカードが使えるお店(加盟店)は、カード会社に加盟店手数料を支払う。すると、カード会社に儲けがいくわけだ。カード会社は、その儲けの一部を顧客に還元する。それが「ポイント還元」というもの。

>>フリーターにおすすめのクレジットカード5選!年会費無料で高還元

-フリーターとクレジットカード

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.