フリーターとニートと既卒と第二新卒の違いとは何か

フリーターの定義とは

フリーターといっても、人によって定義は様々だったりします。就職しないでアルバイトだけで生活している人をフリーター呼ぶ場合もあれば、ニートのことも含めてフリーターと定義している人もいたり。その点については、厚生労働省が以下のように定義しています。

フリーターは15~34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者うち、以下の者の合計としている。

  • 雇用者のうち「パート・アルバイト」の者
  • 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
  • 非労働力人口で、家事も通学もしていない「その他」の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

参考:フリーター、若年無業者の推移|厚生労働省

念のため説明しておくと、これは「どうやってフリーターという人の数を集計しているか」の部分の定義なので、一般認識と多少ずれている可能性も否定はできません。「35歳以上のフリーターは何て言うの?」などの問題もあるでしょうし。

ニートの定義とは

フリーターはアルバイトやパートなどで働いている雇用者ですが、ニートはアルバイトもパートもしていない人のことを指して使われることが多いです。こちらも、厚生労働省が統計をとる為に定義しているので、参考までに引用しておきます。

15~34歳で、非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者

参考:若年無業者数|厚生労働省

既卒の定義とは

既卒という言葉は、転職サイトや転職エージェントのサイトなどを見ていると度々目にする用語ですが、いまいち一般的な用語ではない感じがしますね。その定義とは、以下のようになっています。

「既卒(既卒者)」とは、高校、専門学校、大学などの学校を卒業後、一度も就職したことがない人(社会人経験がない人)を指します。明確な定義はありませんが、一般的には卒業後1~3年程度の人を差すことが多いようです。

参考:既卒の就職は難しい!?既卒就活で内定を得る方法とは?|マイナビ転職

既卒は、主に転職市場で使われている用語で、明確な定義はありませんが、基本的に上記のような使われ方をしています。「就職」には、アルバイト・パートは含まれず、基本的に正社員のことを指しているので、「一度も正社員になっていない卒業後3年以内のフリーターやニート」は、既卒ということになります。

第二新卒の定義とは

既卒と同じように、転職サイトなどを見ていると目にする言葉が第二新卒。こちらも明確な定義はなく、あまり一般的な用語でもないもの。転職市場じゃないとまず目にしない用語です。明確な定義はありませんが、基本的には以下のように定義されています。

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

参考:第二新卒とは?いつまで?転職市場で求められているのは本当か?|マイナビジョブ20's

既卒のように、こちらも卒業後1~3年の若年者を指す用語となっています。例えば、「新卒で正社員になったけれど、3年で辞めて今はフリーター・ニート」のような方は、第二新卒ということになりますね。

フリーターとニートと既卒と第二新卒の違い

フリーターとニートは、「バイトをしているか否か」で明確に違いがあります。既卒と第二新卒も「新卒で就職したかどうか」で明確に分けられますね。そして、第二新卒や既卒に含まれるニートやフリーターがいるなど、そこは「違い」というより、「そのフリーターやニートは、既卒・第二新卒に含まれるか?」という論点になるようです。

おすすめのまとめ
30代におすすめ
職歴無におすすめ
ホームに戻る

© 2022 フリダツ