コールセンターのバイトはきつい!楽な場合もある!フリーター向けか

更新日:

コールセンターのアルバイトは、イスに座って電話をひたすら取るだけのアルバイト。パソコンを使ったデータ入力を合わせて行う場合も多い。そして、離職率がとてつもなく高いアルバイトでもあったりする。コールセンターのバイト募集は多いけど、離職率が高いからいつでも募集しているという現実もあったりする。楽なセンターに入れれば楽だけど、きついところはノルマなどが結構きつい。しかも、それらは入ってみないとわからないのだ。

まあ、それなりに稼げるアルバイトではあるんだけど。ただし、「すぐ辞めたくなるかも」ということを考えておいた方がいい。特に、生活がかかっているフリーターの場合。

コールセンターアルバイトの離職率が高い

僕は、大手企業のコールセンターのバイトを一年くらいやったことがあったが、同期はどんどん辞めていくのを見ていた。仲良くなった人もどんどん辞めていった。中には、「こんな楽な仕事はない!」と断言する人もいたけど、おそらく少数派。何年も続けていける人は少数派。「離職率は9割」くらいなんだとか。

【参考】離職率は9割! 知られざるコールセンターの実情とは - ダ・ヴィンチニュース

コールセンターのアルバイトがやることとは

座って電話を取り続ける。基本的にこれだけ。パソコンを使ったデータ入力を伴うケースも結構ある。カスタマーセンターなんかは基本的にデータ入力あり。バイトの内容的に覚えることが多いので、電話を取り始める前にしっかりした研修があることが多い。

発信のみの「テレアポ」!とは違う!コールセンターは受信のみ

リストを使ってひたすら電話を掛けるバイトは「テレアポ」という別の種類のバイト。コールセンターは、基本的に受信のみ(電話を受けるだけ)である。カスタマーセンターを思い浮かべるとわかりやすいかも。

>>テレアポのアルバイトは辛い?実際の経験から感想

コールセンターから発信するケースもある

「調べてから折り返します」とか「確認してから折り返します」のようなケースだと、お客さんに発信することもある。あとは、掛かってきた電話で聞き忘れたことを確認するために発信したりも。「受信のも」でも、業務上発信することがある。テレアポみたいにバカみたいに発信しまくるわけじゃないので、そこを心配する必要はない。

パソコンが苦手だとデータ入力がきついかも

僕はメモ帳を使って頑張っているおばさんも見たことあるけど、個人情報保護の観点からやはり微妙だし、そもそもスピードが遅くなるので、やはりパソコンでの文字入力が苦手だと厳しい場合も。ノルマがきついセンターだと特に。文字入力ができるだけじゃなく、「コピー」「貼り付け」などのショートカットキーもある程度覚えておいた方がデータ入力のスピードが上がる。

実際に体験してみて「疲れる!」と感じたこと

まず、ずっと座って電話を取り続けるのが疲れた。「慣れるでしょ」と思ってたけど、全く逆で、集中してた初心者時代よりも、慣れてきた中堅時代の方が余計なことを気にするようになり、疲れを感じた。あとは、電話疲れ。僕がやっていたところだと、一日50本くらいは取ってた。多いところだともっと多いらしい。楽なところはもっと楽。その辺は実際に入ってみないとわからない。楽なところに当たれば、そんなに「疲れる」とは感じないかも。

ちなみに、パソコンを使ってるのも地味に目や手首が疲れる。

連続して電話を取るのもストレスなのに、クレーム野郎で更にストレス

クレーム野郎に当たると更に疲れる。電話だと横柄になる人が多いので、コールセンターはその辺も疲れた。ただでさえ、座って機械のように電話を受け続けるのも結構なストレスなのだ。クレームに出くわしたときなんて、本当に辞めたくなった。まあ、だんだん嫌になって実際にやめたんだけど。

ノルマが厳しいセンターだと更にストレスが

営業ではないので「販売ノルマ」ではなく、「受電本数ノルマ」である。多いところだと、一日50本以上の電話を取り続けないといけない。ノルマ達成できないと厳しい指導が入ったり、給料に影響が出たり、契約更新してもらえなかったりと、大変。コールセンターによってノルマの有無、厳しいかどうかは全く違うので、面接でしっかり確認した方がいい。

センターによっては覚えることが多い

これは、電話の内容次第。カスタマーセンターに電話をしたことがある人ならわかると思うけど、センターの人って結構詳しいじゃないですか。あれを自分がやるとなると、覚えることが多いのは目に見えているわけで。まあ、センターによっては覚えることが少ないこともあるけど。短期のコールセンターなんかは特に。

同僚とのコミュニケーションが取り辛い

忙しいコールセンターだと、休憩時間以外は誰とも喋れない。「電話で喋ってるじゃん!」と思うかもしれないが、それは全くの別物。楽なところだと、ずっと隣の席の人やSV(リーダーみたいな人)と喋っていられるが。人が多いので、逆に孤独を感じてしまうかもしれないのが、コールセンターのアルバイトだったりする。

コールセンターバイトが楽しいケース

僕が短期でやった「人が多いのに、電話本数がかなり少ないセンター」だったときは楽しかった。一日に1本くらいしか電話取らなかったので、周りの人たちと喋ってたら一日が終わる感じ。隣に可愛い女の子が座ってたときは、「可愛い女の子と喋ってたら一日終わる」という、最高のアルバイトだった。そういう暇で、緩いセンターに当たれば、楽しいアルバイトだと感じた次第。

一年くらいやって感じたコールセンターバイトのコツ

「わからなくなったらすぐにSVに相談」これに尽きる。あと、「保留」をうまく使うのも大事。内容を覚えておくのは必須。回答に困ったら、「お調べしますので、少々お待ち下さい」などとテキトーに言って保留。調べてわかりそうなことはすぐに調べて回答。それでもわからなそうな内容は、監督してくれているSVにすぐ相談。

テキトーに答えてしまうとクレームの温床になるので、冷静に判断して受け答えするのがコツかな。ちなみに、ダルい時は切ったあとのデータ入力をわざとゆっくりやったりして時間を稼ぐといいよ。

コールセンターバイトのメリット

コールセンターバイトの時給はどれくらい?

会社による。安いところは時給900円台もあるし、高いところだと時給1,500円貰えたりもする。地域にもよって変動するだろうけど、東京都内だと時給1,300円前後くらい貰えるコールセンターが多い気がしてる。

コールセンターは土日・祝日休みの傾向がある

中には24時間営業で、ほぼ休みなく稼働しているセンターもあるので一概には言えないが。ただ、小売店での接客のアルバイトよりは確実に土日休み安い傾向があるアルバイトだと言える。土日休みたいフリーターなんかにはおすすめできるかも。内容を無視すれば。

コールセンターのアルバイトは休みやすい場合も

コールセンターのバイトは基本的に人数が多いので、風邪などで休みやすかった。休み希望も通りやすかった。僕の経験上だけど。あんまり休むと評価が下がるのは当たり前だけど。

コールセンターはフリーター向きのバイトか?

続けられれば、時給はいい傾向にあるし、休みも取りやすいしで結構おすすめできる気はする。コールセンターをやっているフリーターも結構いるし。時給とシフト的にはフリーター向きっちゃ向き。向いているか向いていないかはやってみないとわからないので、迷っているならやってみるといい。それしか言えない。

>>楽なアルバイトときついアルバイト!フリーター経験から選別

-フリーターとアルバイト

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.