「アルバイトは有給休暇取れない」は嘘!取り方と付与条件

更新日:

フリーターに限らず、アルバイトやパートでも有給休暇の取得は可能。なぜなら、法律で決まっているから。「フリーターでは有給休暇なんて貰えない」とか思っている人もいるみたいだが、完全なる間違い。有給休暇は正社員の特権ではなく、労働者の権利である。非正規雇用だからという理由でないがしろにされていいわけではない。きちんと扱わないと、労働基準法違反になるのだから。

「フリーターだから有給休暇取れない」は完全なる間違い

「アルバイトのくせに、パートのくせに」という理由で有給休暇の取得を拒まれているようなら、厳重に抗議すべき。必要なら、労働基準監督署に相談するべし。ただし、有給休暇の付与には一定の条件があることも忘れずに。

有給休暇の付与条件(フリーターとか関係ない)

  1. 6ヶ月継続勤務
  2. 全労働日の8割以上出勤

この2つの条件を満たせば、有給休暇が付与される。正社員だとか、アルバイトだとか関係ない。パートでも派遣でも、条件を満たしていれば有給休暇が付与される。

※働く時間や日数によって付与日数は変わる

ちなみに、「6ヶ月継続勤務」というのは、契約上の話ではない。3ヶ月ごとに契約更新が必要な派遣社員でも、ちゃんと更新して6ヶ月継続で勤務してればいい。

「全労働日の8割以上出勤」は、「出るべき日に出勤しているか」の割合で考える。お葬式の参列など、正当な理由で休んだ日は「全労働日」には含まれない。有給休暇で休んだ場合は、「出勤した」とみなされる。

有給休暇が貰えるタイミング(やはり「フリーター」とか関係なく)

最初に付与されるのは、入社してから6ヶ月後。その先は、一年ごと。なので、二回目の有給休暇は、最初の有給休暇付与から一年後(入社してから1年6ヶ月後)に付与され、その次は入社してから2年6ヶ月後・・・という感じで続いていく。付与される日数は、継続勤務期間が延びていくに従って多くなる。ただし、上限有り。

フリーターと正社員に有給休暇の違いはあるか

「どれくらい働くか」によって変わる。正社員は基本フルタイム労働なので、一番多く貰えるポジション。そして、フリーターでも正社員と同じだけ有給休暇が貰える場合がある。それは、以下の条件のいずれかを満たしている場合。

  • 週の所定労働時間が30時間以上
  • 所定労働日数が週5日以上又は年間217日以上の場合

これだけ働いていれば、フリーター(アルバイトやパート、派遣社員)でも正社員と同じだけの有給休暇が付与されるわけだ。上の条件より働いていない場合は、労働日数などに応じて有給休暇の付与日数が変化する。有給休暇の場合、「フリーター」も「正社員」も関係ないということ。「どれだけ働いているのか」「ちゃんと出るべき日に出勤しているのか」。有給休暇の付与において重要なのは、それだけ。

有給休暇の取り方

バイトでも有給休暇は取りたいときに取れる

有給が付与されたら、使うのは自由。フリーターだろうが関係ない。「この日は有給休暇にします」と言えば、それだけでオッケー。会社側が「有給取得の理由言わないと有給はやらん!」とか言ってきたら、労働基準法違反である。(有給取得の理由を聞くのは自由だが、回答を強制することはできない)

労働者が有給休暇を取る時に理由を聞かれても、回答を拒否することができる。法律で決まっているので。ちなみに、「旅行の為なら有給休暇取らせん」とかいうのも完全にアウト。労基に相談すべき案件。有給休暇をいつ取るかも、労働者の自由。フリーターだって自由。本来なら、正社員だって自由。みんな遠慮しまくるから、社会がおかしなことになっているだけ。

ただし、有給休暇を取得されることによって人員が足りなくなり、「正常な事業運営ができない」と判断される場合のみ「その日はちょっと~」という相談は可能。しかし、会社側が「じゃあ、代わりにこの日ね」と勝手に決めることはできない。

【参考】これで完璧!「もらえる有給休暇の日数」にかかわる基礎知識

>>フリーターが社会保険と厚生年金に強制加入になる条件とは

-フリーターとアルバイト

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.