フリーターの為の情報ブログ

フリーターログ

フリーターがバイトを辞めたいと思ったら!すぐに辞める方法も

投稿日:2018年6月13日 更新日:

アルバイトを「辞めたい!」と思い、何回かアルバイトを変えた経験がある元フリーターが、「フリーターがバイトを辞めたいと思ったら考えるべきこと」を書いておく。

「所詮はアルバイト」なので、「辞めたい!」と感じるようなアルバイトを無理に続ける必要はないと思う。バイトしながら次のバイトをさっさと決めて、辞めてしまおう。

フリーターがバイトを辞めたいと思ったら

アルバイトを辞めるのなんて簡単。次をさっさと決めてしまって、「辞めます」と素直に伝えればいい。

「辞めたい」じゃなくて、「辞めます」。「辞める」という意思をハッキリ伝えるのが大事。大抵の会社は、アルバイトの退職意思確認から一ヶ月後に契約終了になっているので、一ヶ月後に無事に辞めれる。労働基準法上は、「退職届」を出してから、最短二週間で契約終了にできる。

どうしても辛い時には、すぐに辞める方法もある。

フリーターがすぐにアルバイトを辞めたい時

「辞めます!」と伝えたらもう行かなければいい

これがすぐに辞める方法。辞めることを伝えたら(できれば退職届を提出して)、体調不良とかを理由に休み続ければいい。そうすれば、契約は解除になるので、実質的にすぐ辞めたことになる。無理矢理有給休暇消化にしてもらうのもいい。社会人としてはイマイチな方法かもしれないが、辛いなら仕方ない。自分の健康よりも大事な仕事なんてないのだ。

それに、所詮はバイトだし。

どうしても辛いならバックレてもいい

所詮はバイトなんだし。社会人としてはやってはいけないことと言われるが、そもそもバイト先に問題はなかったのか?という問題を突き付けることもできる。会社側がいつも強い立場にいるが、なんで労働者を軽視するのか。そういう問題も。

バックレても、損害賠償なんてどうせ請求できないんだから、どうしても辛いならバックレてもいいと僕は思っている。だって、所詮バイトじゃん。自分の健康の方が大事じゃん。なんで、他人の会社の為に辛い思いをしないといけないのか。

アルバイトをスムーズに辞めたいなら

退職の意思を伝えたのに辞めさせて貰えない場合は

「辞める」と宣言したのなら、期日が来たらもう行かなければいい。「辞めるなんて聞いてない」と言われても面倒なので、退職届を出しておくのもあり。そもそも、日本には「職業選択の自由」というものがあるので、辞めるも辞めないもこっちの自由。アルバイトは、奴隷じゃない。辞めたいなら、辞める権利がある。

「代わりが見付かるまで待って」とか言われることも多々あるけど、関係ない。「代わりがいない」は労働者には関係のない問題。

バイトを辞める理由をしっかり作っておく

「辞めたい」というと、だいたい「なんで?」と理由を聞かれることが多かった。別に、法律上は辞める理由なんて必要ないんだけど、しっかり作り込んでおいた方が、経験上スムーズに辞めやすい。

アルバイトでも有給休暇消化を忘れずに

まともな会社なら、有給休暇を消化して退職にしてくれる。有給休暇が残っているのなら、きちんと消化すべし。まともじゃないアルバイト先だった場合は、管轄の労働基準監督書に相談しよう。(辞めさせてもらえない問題がひどい場合も、そこに相談すべし)

まとめ|フリーターがバイトを辞めたいと思ったら

  • 次のバイトをさっさと決める
  • 「辞めたい」じゃなくて「辞めます」
  • 最悪バックレでもいい
  • 理由付けをしておくとスムーズに辞めやすい

アルバイトを辞める時に使えそうな理由をこちらの記事にまとめてみたので、合わせてどうぞ。

フリーターがバイトを辞めたいと思ったら!すぐに辞める方法も

アルバイトを「辞めたい!」と思い、何回かアルバイトを変えた経験がある元フリーターが、「フリーターがバイトを辞めたいと思ったら考えるべきこと」を書いてお ...

もしもフリーター生活に限界を感じているなら、次はアルバイトにしないで、正社員になるという手もある。こちらの記事で紹介しているような転職エージェントを使えば、フリーターでも正社員になりやすいし。

フリーターからの就職におすすめの転職エージェント10選

フリーターからでも正社員として就職しやすくしてくれる転職エージェントを、元フリーターが厳選しておすすめする。ついでに、選び方や使い方のコツも書いておく ...

-フリーターのアルバイト選び

スポンサーリンク

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.