アルバイトが決まらない時の対処法!フリーター向け

更新日:

アルバイトがなかなか決まらない時の対処法について。やることはシンプルなので、必要なのは「やる気」と「行動力」。基本、フリーター向けに書いていく。一応、学生などにも当てはまるかな。アルバイトが決まらない時にやるべきことは、誰でも同じかも。

アルバイトがなかなか決まらない時にやるべきこと

応募しまくる、応募する求人を増やす

アルバイトがなかなか決まらない、採用されないときは、アルバイトにガンガン応募する。やるべきなのは、これだけ。「応募して、面接が終わって、結果を待ってから次に応募」とかやってしまうと、アルバイトが決まらないのは仕方がない。「面接は落ちるもの」という認識で、複数のアルバイト情報サイトで一気に求人を探し、気になるものは一気に応募する。面接の日程調整なんて、応募先と相談しながらやっていれば、きれいに埋まるもの。

応募したいアルバイトが見付からない時は別の求人サイトも使う

使っていないアルバイト求人情報サイトを使ってみる。求人サイトは、サイトによって掲載されている求人に結構な違いがあるので、いいアルバイトと出会いたいなら、求人情報サイトも複数使った方がいい。

>>採用祝い金が貰えるアルバイト求人情報サイトまとめ

それでもアルバイトが決まらないときは

応募するバイトの職種を変える

応募するアルバイトの種類を変えてみる。希望通りにいかせたいのはわかるけど、同じ職種で何社も応募して決まらないなら、方向転換すべき。「事務系ばっか応募してダメだったから、接客業のアルバイトにする」のような感じで。不思議なもので、アルバイトの方向を変えただけで、決まりやすくなったりもする。

>>フリーターにおすすめのアルバイトまとめ!時給が高いのを狙え

アルバイトの面接に落ちまくるとき

面接対策をする

アルバイトが決まらないときは、面接のやり方に問題がある場合がある。面接の成功方法を、ネットや本などで一度しっかり勉強した方がいいのかもしれない。ちなみに、アルバイトの面接なんて、普通に会話しに行く気分で全く問題ない。志望動機も、正社員求人と違って、「接客に興味があって」とか「パソコンが得意だから」とか、そんな簡単な理由で大丈夫。

アルバイトの合否決定要因!意外とテキトーなところもある

会社によって違うので、そこは何とも言えない。ただ、僕が見たケースで、アルバイト先の店長が「気分が乗らないから」という理由で、その日面接に来た人を全て不合格にしていたことがあった。もしかすると、「なんでアルバイトの面接に落ちるか」と考えるだけ、無駄なのかもしれない。

複数のアルバイトから合格の連絡が来ても断ればいい

一気にアルバイトの面接をこなすと、「採用通知が複数来た」という状況になるのは当たり前。募集している会社・採用通知を出す側も、断りの連絡が来るリスクくらい普通に承知している。「応募先の相手に悪い」と思う必要は全くなく、逆に「選び放題じゃん!ラッキー!」という気持ちでいればいい。面接したとき、実際に見たときの印象から、やりたいアルバイトに承諾の連絡をするだけ。

ただし、断るアルバイトには、きちんと断りの連絡を入れるべき。合格の連絡をしたいのに、ずっと音信不通じゃ、会社に迷惑がかかる。そこは、社会人としてしっかりやるべし。まあ、社会人だけじゃなく、学生でもそこはしっかりした方がいいけれど。

>>パートとアルバイトは何が違う?定義的には同じ!契約社員とは違う

-フリーターとアルバイト

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.