アルバイトだけで生活できない?生活する為にやるべき事

更新日:

アルバイトだけで生活するのは可能。できないわけではない。ただし、甘く見ていると、バイトだけで生活するのが大変になってしまうので、やるべきことはやった方がいい。ここでは、フリーターとして7年間一人暮らしをしていた僕が、その経験を基に「バイトだけで生活する為にやるべきこと」を書いておく。

ちなみに、バイトだけで生活するために一番大事なのはできるだけ時給の高いアルバイトを選ぶことである。

アルバイトだけで生活する為にやること

  • できるだけ稼ぐ
  • できるだけ節約する

この二つを頑張る。これが、アルバイトだけでまともに生活する為に必要なこと。やはり、「節約」よりも「稼ぐこと」の方がずっと大事。ちゃんと稼げるのが大前提。節約は、その補佐的な役割しかできない。

アルバイトで出来るだけ稼ぐ

時給の高いアルバイトを探す

「学生時代にやったことがあるから」という理由で、時給の低いアルバイト選ぶのは危険。未経験のアルバイトでも、時給の高いアルバイトを選ぶべき。そうしないと生活が苦しくなる。慣れていないバイトでも、やっていればそのうち慣れる。ここを怖がっていては、アルバイトだけで生活するのが難しくなってしまう。

>>フリーターにおすすめのアルバイトまとめ!時給が高いのを狙え

また、「アルバイト」という形態よりも、「派遣社員」を選んだ方が時給が良い傾向が強いので、派遣で働くことも検討したほうがいい。時期によって募集のある求人は違うので、やはりバイトと派遣双方から探した方が、効率的に時給の高い仕事が見付かる。

>>フリーターから派遣社員になるメリット!バイトとどっちがいいのか

出来ればフルタイムでアルバイトをする

稼ぐ為。掛け持ちをするのもいい。ただし、掛け持ちを禁止しているアルバイトもあるので注意。フルタイムで働けば、基本的に社会保険にも入れる。アルバイトだけで生活するには、できるだけ働いた方がいい。実家暮らしなら別にいいのかもしれないけど、バイトだけで一人暮らしするには、「週3日」のような甘いことは言っていられないはず。

社会保険と厚生年金に入れるアルバイトを

給料天引きで保険料や年金を支払える為。国保は自分で支払う必要あり。給料天引きの方が管理しやすい。しかも、社会保険なら会社も負担してくれるし、厚生年金の方が将来の年金受給額も多くなる。

>>フリーターが社会保険と厚生年金に強制加入になる条件とは

※国保や国民年金を滞納すると督促が来ます。最悪の場合、財産差し押さえ

一人暮らしする場合と実家暮らしでは必要な金額が違う

実家暮らしは、その家庭によってルールが違うので何とも言えない。一人暮らしで自立する場合、「これくらいあれば大丈夫」の2倍くらいの収入が必要だと考えておくといい。一人暮らししたことがない人は実感がないかもしれないが、実際に一人暮らしすると、想像以上にお金が必要になるのだ。

>>フリーターの一人暮らしに必要な収入(月収)!最低いくらあれば可能か

バイトだけで生きる為に節約が大事

一人暮らしの場合、家賃は抑える

「アルバイト先は都市部で、住むのは電車で30分のところ」のような、家賃を抑える工夫が必要。交通費が支給されるアルバイトを選ぶのも必須。家賃は、契約時に値切ることができるので、トライすべし。単純に「家賃、安くなりませんか?」と仲介業者に相談するだけでも大丈夫。家賃が高いと、「家賃さえ高くなければ・・・」という後悔が生まれてしまう可能性がある。

格安SIMや格安スマホを使って生活費を節約

スマホ代はとにかく高い。何かと不便だが、使えるなら格安SIMや格安スマホを使いたい。ケータイ代を毎月2000円程度に収められるのは大きい。友達が格安スマホを使っていたが、「意外と普通に使える」ということだった。それでいて、3大キャリアよりも料金が激安。いい節約になるはずだ。

ネット代は安いところに

安易に「フレッツ光」を選んでしまうと、実は高い。安いネット回線を選ぶべき。場合によっては、光回線よりもモバイルWi-Fiの方が使い勝手がよく、料金も安い場合がある。どちらも検討し、比較してみた方がいい。生活費の中でも、固定費はできるだけ削減しよう。

固定的な生活費はクレジットカード払いにしてポイントを貰う

スマホ代やネット代、水道光熱費などは、クレジットカードで支払ってポイントを貰ってしまおう。微々たる金額だが、自動的にわずかばかりの節約ができる。また、ポイント還元率が高いクレジットカードを使えば、節約効果を上げることもできる。

>>フリーターにおすすめのクレジットカード5選!年会費無料で高還元

外食は控える

外食は高い。そして、安易に自炊するのも高い場合がある。一人暮らしの場合、「ご飯だけ炊いて、おかずはスーパーの総菜」のような食生活の方が食費が安いことも。他にも、コンビニで弁当買うよりも、スーパーのお弁当のほうが安かったり。自炊が苦手でも、何とかなる。

ちなみに、外食ばっかりしてると、「気付いたら太ってた」みたいなことになるかもしれない。外食ばかりだと、健康面も心配である。

ギャンブルはやらない

ギャンブルでは「お客」は通算では負けるようになっている。「ギャンブルで稼ごう」などと思わない方がいい。生活が苦しいと「楽に稼ぎたい」とか思ってしまう気持ちもわかる。わかるけど、ギャンブルだけはやめたほうがいい。本当に「社会のゴミ」になってしまうかもしれないから。

投資には手を出さない

投資にはリスクが付きまとう。アルバイトだけで生活する場合、お金に余裕はないはず。お金に余裕がないなら、投資などやるべきではない。お金に余裕があり、「資産運用の手段」としてなら別。投資も、ギャンブルと似たようなもので、「もっと稼ぎたい」という安易な理由で参入すると、痛い目にあう。

>>フリーターは投資をするべきなのか?基本的に投資家向きではない

家計簿をつける

家計簿をつけると、「お金の使い方」を意識するようになる。結果的に、節約に繋がるアイテムだったりする。お金の管理をしっかりやるのも、「節約」では大事なこと。「レシートを貯めておいて、月の終わりに合計金額を計算し、記録する」程度でも大丈夫。

天引き貯金を導入する

貯金する為の方法。アルバイトの給料が入ったら、貯金用の口座にすぐに貯金するお金を移動。後は、残ったお金をその月を生活費とする。これをやっておけば、貯金ができる上、節約意識も改善される。「余ったら貯金する」じゃなくて、「貯金してから余ったお金で生活する」という貯金の仕方。

>>貯金の仕方!一人暮らしのフリーター向け!貯金なしはヤバイ

アルバイトだけで生活するのは意外と大変だけど、できないこともない

実家暮らしならそうでもないはず。一人暮らしの場合、アルバイトだけで生活するのは想像以上に大変だと思っておいた方がいい。生活しているうちに、遊ぶ頻度が増えたり、結婚式に呼ばれたり、病気で入院したりなど、出費が増えていくことも容易に想像できる。後悔しないために、最初から時給の高いアルバイトを選んだり、家賃を安くしたりする必要がある。

あと、貯金は本当にしておいた方がいい。貯金は、生活していく為に必要。経験者が言うんだから、間違いないと思って頂きたい。

>>貯金の仕方!一人暮らしのフリーター向け!貯金なしはヤバイ

-フリーターとして生きる為に

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.