転職サイトと転職エージェントとハローワークの違いとは?併用も可能

更新日:

仕事風景

転職サイトは、ネットを使って活動できるの求人サイト。転職エージェントは、民間の人材紹介会社で、エージェントのオフィスで転職支援を受けるもの。ハローワークは、公共職業安定所。職業相談や様々な支援を受けることができる。

ケントマン
どれも「無料で使える」というのが共通点。

転職サイトとは

主に正社員求人が掲載されている求人サイトを指す。会員登録時に職務経歴などを詳しく登録するのが一般的。ネットを使って求人の検索と応募ができるメリットがある反面、面接日程の調整などは自分で行う必要がある。

関連転職サイトでフリーターから正社員!アルバイトやパートから就職

無料で使える理由

求人を掲載する企業が転職サイトにお金を支払う為、利用者は無料で使うことができる。

転職エージェントとは

民間のハローワークのようなもので、転職エージェントのオフィスに通い、担当者制のマンツーマンで転職(就職)支援を受ける。求人の紹介、応募の仲介、面接日程の調整などは全て担当者が行う。また、担当者が企業に推薦してくれる為、書類選考を通過しやすいというメリットもある。

関連フリーターにおすすめの転職エージェント15選!バイトから就職可能

無料で使える理由

入社した人が受け取ることになる年収の3割程度に相当する金額を、求人を出している企業から受け取る(紹介料)。転職エージェントはそういうビジネスモデルの為、利用者は無料で使うことができる。

ハローワークとは

厚生労働省所轄の職業安定所。通称「公共職業安定所」。「求人の登録」をすることにより、ハローワーク内のパソコンで求人検索をしたり、職員に相談したり、セミナーを受けたりすることができる。また、失業した時に、雇用保険の失業給付の手続きなどをするのもここである。

関連ハローワークは高卒や職歴なしのフリーターでも使えるか

若者向けのハローワークもある

使うのに年齢制限があり、通常のハローワークとは違う内容の支援をしてくれる「わかものハローワーク」というものも各地に設置されている。フリーターが正社員としての就職を目指すなら、通常のハロワよりも、「わかハロ」の方が安定した支援を受けられる可能性が高い。

関連わかものハローワークとジョブカフェとは?特徴や違いを解説

フリーターが使うならどれがいいか

経験者的には、転職エージェントがおすすめ。しかも、フリーターやニートの就職支援をメインに行っている転職エージェント。フリーター歓迎の正社員求人を豊富に紹介してくれる為、フリーターでも就活しやすいので。

役立ったらシェア願います

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.