転職エージェントとハローワークの違いとは?どっちがいい?併用も可能

更新日:

転職エージェントとハローワークの違いについて簡単に解説。そもそも違うサービスなので、併用も普通にできる。「どっちがいい?」という問題については、「使ってみて確かめてほしい」というのが回答になる。ハローワークには何かと悪評があるが、それは転職エージェントでも同じこと。どの担当者に当たるか、どのエージェントを選ぶかなどで相対的な評価は大きく変わるので。

運営元の違い

  • 転職エージェント:民間企業
  • ハローワーク:公的機関

転職エージェントは、普通の民間企業。「人材紹介会社」という部類の民間企業である。一方、ハローワークは厚生労働省が設置している公的機関。

求人の質の違い

一般的に、ハローワークよりも転職エージェントの方が求人の質が高いと言われている。理由としては、ハローワークの求人掲載が無料だからだ。掲載が無料だから、資金が豊富ではない零細企業の求人も多い。その点、転職エージェントに求人を掲載すると費用が発生してしまう。なので、資金力がそこそこあり、人材育成に投資する意欲がある企業だと推測されるのだ。(転職エージェントにも質の悪い求人があってもおかしくない)

ただし、これは一概には言えないので、偏見を持つのはよろしくないかと。

サポートの質の違い

これは、転職エージェントの方が高い。なぜなら、民間企業である転職エージェントは、「採用させてこそ売上になるビジネスモデル」でやっている為、その分サポートに力を注いでいるから。ハローワークでは、説教する職員もいるくらいなので、対応の丁寧さは転職エージェントの方が基本的に良い。ただし、これは「人による」部分が多く、ハローワークにもいい職員はいるし、転職エージェントにも相性が合わなくてやりづらい担当者もいる。百聞は一見にしかず。どちらも実際に使って確かめるのが一番。

>>フリーター向け転職エージェントのメリットとデメリット!正社員へ

ちなみに、ハローワークは空いている職員に相談するシステムだが、転職エージェントは基本的に担当者制のマンツーマン支援。(フリーターやニートなどを対象にした、若者向けの「わかものハローワーク」はマンツーマン制になっているが)

>>「わかものハローワーク」や「ジョブカフェ」の就職支援でフリーターから正社員へ

転職エージェントとハローワークはどっちがいいか

冒頭で書いたように、個人的には、使ってみて決めて頂きたいと思っている。どの求人がいいか、どこで巡り会えるか、どのサポートがいいかは、タイミングや個人の性格によって変わってくるので。もちろん、併用しても何の問題もないので、時間にゆとりがあるなら、いろんな手段で活動してみるといい。活動拠点を変えるだけで、就活のやりやすさがかなり変わることもある。

ちなみに、フリーターが使うなら、普通のハローワークよりも「わかものハローワーク」や「ジョブカフェ」、dodaのような大手転職エージェントよりも、フリーターの就職支援をメインに行っている転職エージェントがおすすめ。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント12選!高卒や既卒でも正社員

-フリーター向け転職エージェント
-,

        

Copyright© フリーターログ , 2018 All Rights Reserved.