フリーターから正社員を目指すなら転職エージェントを活用しよう

投稿日:

フリーターから正社員を目指す際に活用できるサービスは、以下のようなものが挙げられる。
  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • ジョブカフェ
  • 求人サイト(転職サイト)
  • 転職エージェント
  • 求人雑誌
この中では、転職エージェントをおすすめしておきたい。理由は単純で、フリーター歴7年の僕がいろいろ使った結果、一番就職活動がやり易かったからである。ちなみに、転職エージェントとは、簡単に説明すると「民間のハローワーク」のようなものである。民間なので、フリーター相手でも基本的に丁寧に対応してくれる。

フリーターにおすすめなのはこんな転職エージェント

フリーターやニートの就職支援を行っている転職エージェントが基本。正社員が転職に使うようなエージェントだと、経験者優遇の求人がほとんどの場合もある為、職歴や学歴の弱いフリーターだと登録拒否されることもあった。

フリーター歓迎の転職エージェントを使うメリット

アルバイトやパート、派遣社員、ニートでも歓迎してくれる企業の正社員求人が集まっているので、フリーターでも書類選考でほとんど落とされないし、採用もされやすい。これが一番のメリット。就職支援も充実しているので、就活経験がなくても何とかしてくれる。しかも無料で。

フリーター歓迎の転職エージェントを使うデメリット

紹介される求人は未経験歓迎の正社員求人がメインなので、「正社員経験が豊富だけど、今はフリーター」のような方だと、いい求人を逃す可能性が出てくる。また、転職エージェントは、転職サイトよりも時間を取られるというデメリットもあるが、そもそもフリーターは転職サイトだと苦戦しやすいので、その辺は帳消しになると感じた。

フリーターが転職エージェントを活用する為に

担当者に力を入れてもらいやすくする方法

就職希望時期は「できるだけ早く」と答えるのと、その転職エージェントを使うと決めたら積極的に行動すること。担当者からの電話やメールを無視すると心象が悪くなる。

担当者とは仲良くしよう

オフィスで何度も顔を合わせるし、メールや電話もちょいちょいするので、仲良くなっておいた方がやりやすい。単純に。

転職エージェントならではの欠点解消

担当者との相性が悪いと就活が捗らないので、相性が悪いと感じたら転職エージェントに相談して変えてもらう。自分の為の就活なので、そこは積極的に行ってもいい。

就職活動は軽やかに行う

いつでも途中退会できるので、合わない転職エージェントは無理に使わない。時間があるなら複数登録して見定めた方が自分に合った転職エージェントを探しやすくなる。特に東京や大阪は選択肢が多いので。

就職を簡単に諦めない

フリーターからの就職の場合、10社の面接を受けても全く受からないこともあるので、諦めない気持ちが大切。実際にやってて感じたけど、面接はやってれば上手になってくる。

フリーター向け転職エージェントで受けられる就職支援

担当者制のマンツーマンで支援、職業のアドバイス、希望に沿った求人の紹介、書類選考・面接対策、企業への推薦、応募の仲介、面接後のフィードバック、入社手続の仲介など。転職エージェントによって微妙に違う。また、求人は可能な限り出してくれる。

転職エージェントの使い方

基本は、WEBから申込→面談日程調整→転職エージェントのオフィスで初回面談→初回面談で説明を受ける→利用するか決めるという流れになる。登録したら必ず使わないといけないわけではない。民間のサービスなので。

転職エージェントの疑問を解決

転職エージェントをおすすめする理由

冒頭でも書いたが、「経験上、フリーター歓迎の転職エージェントが圧倒的に就活しやすかった」というのが一番。転職サイトは書類選考で落ちまくり、ハロワは雰囲気が好きになれずやめた。その点、フリーター歓迎の転職エージェントなら、フリーターでも丁寧に対応してくれるし、担当者の推薦と求人の種類が影響して書類選考ではほとんど落とされなかったし、いろいろフォローしてくれるので就活経験がほとんどなくても普通に就活できたし。アルバイト経験のみのフリーターやニートが就職するなら、フリーター歓迎の転職エージェントがマジでおすすめ。

転職エージェント利用時の服装について

転職エージェントのオフィスに通うだけの時は私服で問題ない。というか、スーツだと逆に浮きやすい。当たり前だけど、企業との面接の時は絶対にスーツ。スーツを持ってない場合、青山やAOKIでも買うよりも、イオンやSEIYU、イトーヨーカドーなどで探した方が安い傾向が強い。

関連フリーターが正社員面接に行く時の服装!スーツや靴など

転職エージェントは在職中でも使えるか

アルバイトやパートをしながらでも使える。というか、生活費も稼がないと就活できないので、働きながら使うのが普通。僕もそうだったし。ただし、週5のフルでバイトしながらの就活はかなり疲れるので、有給休暇などをフル活用した方がいい。

関連フリーターが就職する際にアルバイトを辞めるタイミング

転職エージェントが無料で使える理由

転職エージェントは、利用者を就職させることにより、就職先の企業から報酬(紹介料)を受け取るビジネスモデルの為。だから、利用者は無料で使える。交通費やスーツ代などの費用はもちろん自分持ちだけど。

フリーター歓迎だと20代向けがほとんどなワケ

フリーター歓迎の転職エージェントが紹介してくれるののは、未経験歓迎の正社員求人がほとんど。未経験でも歓迎してくれるのは、一般的に20代まで。だから、フリーター歓迎の転職エージェントには、20代向けのものが多い。

30代や40代のフリーターはどうすれば

東京都で就職を目指すなら、44歳まで使える「就活エクスプレス」という政府系の就職支援サービスがある。それ以外の地域でも、「わかものハローワーク」や「ジョブカフェ」という政府系就職支援サービスなら、30代や40代のフリーターでも歓迎してくれる場合がほとんどなので、活用してみるといい。どのみち転職サイトだと苦戦するだろうし。

関連わかものハローワークとジョブカフェとは?特徴や違いを解説

転職サイトやハローワークとの違い

転職エージェントはWEb完結ではないので、転職サイトとはまるで違う。使えばわかると思う。また、転職エージェントは民間企業なので、公的機関であるハローワークとは別物。サービス的にはハロワやわかものハローワークに近いけど。

関連転職サイトと転職エージェントとハローワークの違いとは?併用も可能

その他サービスとの併用について

転職エージェントの併用もできるし、「転職エージェント+転職サイト」や「転職エージェント+わかものハローワーク」なんて組み合わせも自由自在。転職エージェントは利用に時間が掛かるので、そこまで多くは併用できないだろうけど。

強引な求人の紹介や応募について

転職エージェントの中の人も仕事でやっているし、ノルマもあると思うので、中にはそういう担当者も確かにいる。その場合、その転職エージェントの利用をやめるか、担当者を変えてもらうべき。就職は、自分の為に行うのが大前提。win-winを意識できない担当者に関わる必要はない。

フリーター(アルバイト・パート・派遣)やニートというキャリアを馬鹿にされないか

僕の経験上、転職エージェントは民間企業なので、そういうことはなかった。「ハローワークでリアルに説教された」という友達はいたが。転職エージェントは民間なので、表面上の対応は丁寧。裏でどう思っているかは知らんけど。

途中退会や内定辞退について

途中退会は普通にできる。就職の内定をもらっても辞退可能。向こうに強制する権利はないので、納得できる就職ができるまで頑張るといい。

>>フリーターにおすすめの転職エージェント15選!バイトから就職可能

役立ったらシェア願います

Copyright© フリーターログ , 2019 All Rights Reserved.