フリーター脱出ブログ

フリーターが一人暮らしするときの家賃の理想


一人暮らしフリーターの理想の家賃。それは、無料。つまり、「安ければ安いほどいい」ということ。実際に一人暮らしをして、それを痛感した。

一人暮らしでは家賃が重い

重い。とにかく重い。「家賃がもっと安ければ生活がもっと楽になるのに」と何度思ったことか。「収入の4分の1が理想」なんて言われているけれど、もっと安くてもいいくらい。

高い家賃に悩まされているのなら

理想としては、お金を貯めて、もっと安い部屋に引越してしまうこと。最初はコストが馬鹿みたいに掛かるけれど(数十万円)、継続的に生活費をカットすることができる。

誰か援助してくれる人がいるのなら、頼ってもいいかも。

とにかく、今後のことを考えるのなら、家賃の滞納なんて絶対にしないことだ。

これから一人暮らしをするフリーターへ

部屋探しをするときには、絶対に家賃を妥協してはいけない。「1万円くらい予算を超えてもいいか」なんて思って契約してしまうと、その1万円が後に大きな重荷になる可能性がある。

不動産会社の営業マンは、どんな物件に対しても、「この物件はいいですよ」的なことを言ってくる。ハッキリ言って、シカトしたほうがこっちの利益になる。

家賃や礼金などは値切れる

不動産なんて、値切ってナンボの世界。家賃や礼金などは、値切ろうと思えば値切れる。時と場合によるけど。

しかし、どんな物件に対しても、本気で悩んでいそうな顔で「もう少し安くなりませんかね・・・」と言ってみるのは、大事。絶対やろう。

すると、不動産会社の人が、大家さんに交渉してくれる。金額に納得できなければ、別の物件を探したり、別の不動産屋に行ってみる。

不動産屋を変えるだけで、選択肢が大幅に広がる場合もある。

家賃を妥協すると後が大変

自分の現在の収入、これからの見込み収入。これらを考慮して計算するのもいいけれど、大抵の場合、見積もりが甘すぎる。

一人暮らしは、実際にやってみないと大変さがわからないからだ。収入の少ないフリーターが一人暮らしするときは、できるだけ家賃を抑えて、できるだけ貯金するようにしたほうが絶対にいい。

7年もフリーターやってた僕が言うんだから、間違いないと思う。世の中、お金がないとやっていけないんだから。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じカテゴリの記事一覧

 - フリーターの生活

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

最終更新日:2017/05/08