フリーター脱出ブログ

フリーターから正社員を目指す

フリーターは正社員求人の書類選考に通らない?やり方次第では通過可能!

更新日:


フリーターは職務経歴が弱いから書類選考が厳しい

フリーターが正社員を目指すときに最大のネックになるのが職務経歴です。アルバイト経験だけでもの職務経歴書を書くことはできますが、インパクトは弱すぎですよね。

フリーターは、転職市場での価値が低いのは明らか。正社員経験の長い人と、フリーター経験の長い人。どう考えても、前者のほうが戦力になりそう。素人でもわかります。

それに、フリーターは世間体がかなり悪いです。社会的信用のなさは抜群。「フリーターをやっている奴なんて、社会のゴミだ」と思われても仕方がないんです。優秀なフリーターもいるのは確かですが、社会の目はそんなもの。

しかし、「フリーターは書類選考に通らない」なんてことはありません。

もしも、「正社員を目指そうと思って転職サイトを使っているのに、書類選考を通過できない」という悩みを持っていたり、「これから就職活動をしようと思っているが、不安」と思っていたりしたら、転職エージェント(就職支援サービス)を使うようにしてみて下さい。

転職エージェント経由で就職活動をすれば、フリーターでもガンガン書類選考を通過することも可能なんです。

なぜエージェントを使えばフリーターでも書類選考を通過できるのか

転職エージェントは、民間のハローワークのようなもので、「人材紹介会社」とも呼ばれます。転職エージェントは、無料で転職支援(求人の紹介、書類の添削、面接対策など)をやってくれるサービス。

要は、「転職(就職)の仲介」をやってくれるサービスなんです。転職エージェントの担当者は、あなたの話を聞いたり、アドバイスをしたりしながら、応募先の企業ともやりとりをします。

その中で、あなたを企業に推薦してくれたりもするので、転職エージェントを使えば、転職サイトを使う場合よりも書類選考に通過し、面接まで行きやすいんです。

僕も、フリーター時代に転職エージェントを使いましたが、書類選考はガンガン通過してました。アルバイト経験しかなかったにも関わらず、です。

「フリーターは書類選考に通らない!」という悩みや不安を持っているのなら、迷わず転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントはどうやって使えばいいのか

転職エージェントはたくさんあります。優秀な人材がたくさん集まってくる大手のエージェントもあれば、フリーターでも歓迎してくれる転職エージェントもあります。

その中から選んで登録するわけです。エージェントは、いくつか併用しても大丈夫。担当者との相性などもあるので、いくつか使ったほうが効率的です。

使い方は簡単で、まずは公式サイトから会員登録。すると、エージェントの担当者から「面談はいつにしますか?」と連絡が来るので、日程を調整してオフィスに足を運び、担当者と面談をしながら、求人の紹介を受けたりします。

面談は一回で終わるわけじゃなく、書類添削や面接対策、別の求人の紹介などもあるので、何回か通うことになります。

※中には、面談じゃなく、最初に説明会に参加するエージェントなんかもあります。

基本、登録したら、流れに従って仕事に応募し、頑張って面接や書類選考をこなしていくだけ。内定が貰えるまで頑張るだけです。数多くの求人に応募する覚悟は必須。

転職エージェントは、内定が貰えた後のことまでフォローしてくれます。

転職エージェントはどこを使えばいいのか

DODA(デューダ)のような大手の転職エージェントは、優秀な人材が集まってくるので、フリーターだと登録拒否されることもあるんですが、求人数も多く、オフィスも各地にあり使いやすいので、使えるなら使ったほうがいいです。

登録拒否されたら、別のエージェントに申し込めばいいだけ。恐れず、申し込んでみることをおすすめします。

業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

DODAのような大手のエージェントから登録拒否された場合は、フリーターでも歓迎してくれるエージェントを使うようにして下さい。

フリーターでも歓迎してくれるエージェントは、東京なら「ハタラクティブ」というところがおすすめです。渋谷と立川にオフィスがあるエージェントで、対応がかなり丁寧、フリーターからでも正社員を目指せるような求人、サポート体制が整っているので、東京のフリーターはとりあえずここを選んでみて下さい。

ハタラクティブ

他に、少し特徴的な「JAIC(ジェイック)」というエージェントもあります。JAICは、フリーターでも歓迎してくれるエージェントで、「10日間の就活講座」を受けて、書類選考なしで面接まで行けるという、「書類選考が通らない!」という悩みを解決してくれるエージェント。

その分、求人は厳選されていて、自由度は少ないのが難点です。職種も営業系が多いので、向かない人にはイマイチかもしれません。

ハタラクティブの場合、東京にしかオフィスがないのが難点ですが、JAICは東京以外にもいくつかオフィスがあるので、東京以外のフリーターでも使えるのはメリット。

フリーター就職・既卒就職なら[JAIC(ジェイック)]説明会申込

転職サイトも併用すれば就活の効率がアップするかも

フリーターでも転職サイトは使えますが、書類選考に通過するのがやっぱり難しいです。しかし、稀に通過し、面接まで行けることもあるので、併用すれば多少の効率アップになります。

転職サイトを使う場合、実は、転職エージェントで入手したノウハウが役に立ちます。

転職エージェントを使えば、プロの担当者に添削してもらった職務経歴書と履歴書が手に入ります。これを基にして転職サイトに経歴の登録をすれば、しっかりした情報を入力することができ、「就活の素人」であるあならが書いたものよりも、マシな経歴が登録できます。

それを使えば、多少は書類選考に通過しやすくなります。「フリーターはお断り!」ような姿勢の企業だと、通貨は難しいですが。

職務経歴はアルバイトやパート、派遣だけでも大丈夫

「アルバイトや派遣は職歴に入らない」と思っている人もいるようですが、そんなことはありません。僕はアルバイト経験しかないのに転職サイトに登録し、いくつか仕事に応募してみましたが、転職エージェント経由の求人程ではないものの、面接まで行くことは可能でした。

「企業がどんな人材を求めているのか」次第なんだと思います。あとは、しっかり情報を書ける人なら、信頼されやすいというのもあるのかもしれません。

転職サイトを使うならもっと数を打つ

「未経験歓迎」のような文言のある求人なら、フリーターでも堂々と応募することができます。時期によっては求人が少ない時もあるので、転職サイトの併用が必須な場合も。

あと、フリーターが転職サイトを使うと、やはり書類選考に通過しにくいので、転職エージェントとの併用は必須になってくると思われます。

どの道、求人応募の数は必要なので、エージェント、転職サイト共に、気になった求人にはガンガン応募するようにして下さい。

まとめ:フリーターでも書類選考に通過できる

アルバイトの経歴しかない「ザ・フリーター」の僕でも書類選考にガンガン通過できたんですから、あなたでも大丈夫です。やり方を変えるだけで、上手くいくこともあるってことですね。

就活の道は険しいですが、諦めないで頑張って下さい。諦めなければ、面接のコツも掴めてくるので、フリーターから脱出できるはずです。

-フリーターから正社員

Copyright© フリーター脱出ブログ , 2017 All Rights Reserved.