フリーター脱出ブログ

フリーターから正社員として就職する方法


「フリーターだけど、正社員として就職したい!」というのは、不可能な話ではなく、普通に可能な話。

競争の激しい大企業は難しい場合も多いけど、そこそこの会社に就職することは普通にできる。

「職歴がアルバイトしかなくても大丈夫かな?」とか思うかもしれませんが、大丈夫です!

正社員として働いた経験がある人なら、「アルバイトしか職歴がない!」という人よりもいくらかは有利かも。職歴は、書類選考を通過する為に重要なので、あるに越したことはない。

たいした職歴がなくても書類選考に通ることはあるのでご安心を。

管理人の僕は、フリーターの経験しかなかったけど、普通に行けた。その経験で気付いたのは、「どういう就活をするか?」がいかに大事かってこと。

そりゃ、就活は数をこなさないとなかなか内定ゲットには至らない。数々の失敗、お祈りメールや電話が来ることを覚悟しつつ、効率的なやり方を実践する!

簡単にはいかないかもしれないけど、やってできないものではないのだ(簡単に決めてしまうフリーターもいるから恐ろしい)!

フリーターから正社員になるには?

「正社員から正社員への転職」と基本的に同じ

転職と言えば転職なので。基本、応募したい企業を見付けて、応募するだけ。書類作成とかもするけど。

ルートとしては、

  • 転職サイトを使う
  • 転職エージェントを使う
  • ハローワークを使う
  • 紹介予定派遣を使う
  • 企業のサイトから直接応募
  • アルバイトから正社員になる
  • 知人からの紹介

のどれかになるはず。

で、経験者から言わせると、「正社員としての就職経験がないのなら、フリーター向けの転職エージェントを使うのがおすすめ!」である。

フリーター向けの転職エージェントをおすすめする理由

まず、転職エージェントというのは、無料で就職のサポートをしてくれる民間企業。ネットから登録し、実際にエージェントの拠点に足を運び、求人の紹介や面接対策、履歴書や職務経歴書の添削、企業への推薦やアフターフォローなんかをしてもらう。もちろん、全部無料。

※登録した人ではなく、採用した企業から報酬を貰うビジネスモデルの為、利用者は無料

「ハローワークの民間バージョン」と言えばわかりやすいかもしれない。

有名な転職エージェントには、リクルートエージェントDODA(デューダ)などがある。

ただし、これらの大手転職エージェントには優秀な人材もかなり集まってくるため、「フリーター?相手してらんねえよ!」という感じで、門前払いを食らう可能性大。僕も、面談すらしてもらえなかった。

じゃあ、フリーターは転職エージェントが使えないのか?いや、そんなことはない!

中には、「フリーターでも大歓迎」というエージェントもあり、「フリーターでも正社員として採用しますよ!」という企業が求人を出しているので、フリーターでも正社員として就職できる環境が整っていると言える。

フリーター向けの就職支援サービスまとめ

どうして転職サイトなどはダメなのか?

正社員経験や、正社員としての就活経験があるのなら、転職サイトのほうが効率的かもしれない。でも、アルバイトの経験しかないのなら、難しい。

転職サイトでは、サイト内で職務経歴書を作り、それを武器に書類選考に臨むことになる。もちろん、ライバルもたくさんいるわけだ。フリーター以外の人もたくさんいる。そんな中では、フリーターは圧倒的に不利なのだ。

もちろん、フリーターでも「未経験歓迎!」のような仕事には応募できる。でも、やっぱり、フリーター向けの転職エージェントを経由するよりも、書類選考で弾かれる確率がとてつもなく高かった(何社か通過することはできたけど)。

フリーター向けの転職エージェントを使えば、フリーターでも正社員として採用してくれるような企業が求人に出会えるし、エージェントが自分を企業に推薦してくれるので、圧倒的に書類選考を通過しやすくなる。

職務経歴書などの添削や面接対策もしてくれるので、アルバイトとは面倒くささが違う「正社員を目指す就活」の経験がない人でも、安心して就活に挑むことができるわけ。

転職サイトを合わせて使ってもいいかもしれない。転職サイト経由で内定を貰うのも不可能ではないはず。その辺は、実際にやりながら見極めていけばいいと思う。

その他のルートはどうなのか

企業のサイトには、だいたい採用情報というページがある。「どうしてもここに就職したい!」というのがあれば、この方法は効果的かも。熱意が伝わりやすいだろうし。募集してなかったら残念!だけど。

知人からの紹介は、人脈がないとまず無理なので、ケースバイケースで。

ハローワークは、在職中でも求人登録できるし、職員に相談しながら就活を進めることができるので、いいかも。ハローワークの求人にいい印象を持ってなかった僕は使わなかたけれども。

しかし、ハローワークは、公的機関なので、ある程度安心して使えるはず。ハローワークと転職エージェントを使い比べてみるのもあり。

紹介予定派遣は、使い方によってはなかなかいい手段になり得る。

フリーターから正社員になる方法

転職エージェントを使う場合

フリーター向けの転職エージェントのサイト(いくつかあります。後述)にアクセスして、登録。すると、エージェントから電話が来る。そこで、面談の日時を決める。

※試しに、リクルートエージェントなどの大手エージェントに登録してみるのもあり。もしかしたら、相手してくれるかも

面談当日は、実際に担当者と会ってお話。希望職種や条件を聞かれる。求人があれば、当日に紹介して貰うことも可。

気になった求人があれば、応募も可能。履歴書や職務経歴書の作成、面接などに不安があれば、素直に相談すべし。書類のテンプレをくれたり、面接の練習をしたりしてくれる。

応募し、無事に書類選考を通過すれば、面接。あとは、内定を貰えるまで頑張る。他の求人にも応募してみる。それを繰り返す。

面接後のアフターフォローや、入社前のフォローなんかもしてくれるので、ある程度安心して就活することができるのが特徴。

※ちなみに、僕はエージェントで添削してもらった職務経歴書を武器にして転職サイトを使うということもやったりした

転職サイトを使う場合

まずは、使いやすそうな転職サイトに登録(リクナビNEXTやen転職など)。登録手順に従って、プロフィールや職務経歴をしっかり作り込む(ここ重要!書き方がわからなくても、テンプレを参照すれば大丈夫)

下準備ができたら、「未経験歓迎!」など、応募資格がありそうで、やってみたい仕事を検索、検索。ひたすら応募、応募。面接まで行けたら、内定貰えるように頑張る!

転職サイトを使う場合、一人ぼっちで就活することになる。

また、転職サイトによって持っている求人が違うので、複数登録したほうが、目当ての仕事が見付かる可能性がアップ。

紹介予定派遣を使う場合

紹介予定派遣とは、数か月間は派遣社員として働いた後、自分と派遣先双方の合意があれば、派遣先で直接雇用して貰えるという仕組みの派遣。

問題点としては、直接雇用と言っても、契約社員としての雇用が多いこと。なので、直接雇用されたときの雇用形態はしっかり確認しておく必要がある。

中には、ハタラクティブハケンのように、正社員になれる紹介予定派遣のみを集めた派遣会社もあるので、活用するのも悪くない。

企業のサイトから応募する場合

「採用情報」のページに応募方法などが書いてあるはずなので、その通りに。ちなみに、履歴書よりも職務経歴書のほうが大事だってことは、覚えておいたほうがいい。

これも、一人ぼっちで就活することになる。

アルバイトから正社員になる

人事部に知り合いがいたり、バイト先の上司なんかが推薦してくれたりすれば、外部からいきなり正社員を目指すよりも有利に正社員を目指せる場合もある。

バイト先の会社に魅力を感じていないのなら、他を探すしかないけど。

知人からの紹介の場合

知人に聞いて下さい。

ハローワークを使う場合

まず、自分が住んでいる地域を管轄しているハローワークに行って、求人の登録(在職中でも可)。ハローワークの基本的な流れは、「ハローワークのパソコンを使って求人検索→気になった求人があれば職員に相談→紹介状を作ってもらったりして、面接→内定貰うまで頑張る」という感じ。

自分で検索するのではなく、ハローワークの職員に求人の紹介をしてもらうことも可能。

転職サイトなどとは違い、職員と一緒に就活できるので、安心感があるのが特徴。どんな求人があるのかは、自分の目で確かめるべし。時期や地域によって違うので。

いろんな方法を組み合わせてもオッケー

あと、正社員になるための就活は、何気に時間が掛かるので、それを覚悟の上でやるべし!「16社受けて、内定が一つ貰える」くらいの気持ちでやったほうが、ショックも少なくて済むはず(エージェントの担当者がそう言ってた)。

フリーターから正社員を目指す道は険しく見えるときがあるかもしれないけど、不可能ではないので、努力あるのみ。

ちなみに、「正社員だから、安心!」というわけでもないので、そのことはお忘れなく!正社員にも、いろんな境遇の正社員がいるですよ、ホント。

スポンサーリンク

フリーターの正社員就職支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じカテゴリの記事一覧へ

 - フリーターから正社員

最終更新日:2017/05/24