フリーター脱出ブログ

フリーターから正社員を目指す

フリーターとしての生活の中で大変だったこと。お金と社会的信用のなさがネック

更新日:


僕は東京でフリーターをやっていたのだが、やっぱり大変だった記憶がある。住んでいたのは埼玉県だったけど、ほぼ東京都の県境に住んでいて、アルバイトは東京でやっている感じだった。

フリーターは、なかなか大変。なるのは簡単だけど、続けていくのはなかなか辛いものがあった。僕の場合、ずっと一人暮らしだったし。実家暮らしが羨ましく感じる瞬間も多々あったけど、実家には帰りたくなかったし。

フリーター生活で大変だったことあれこれ

お金のゆとりがほとんどなかった

僕の場合、一人暮らしだったし、実家が貧乏だった為に、奨学金を借りて進学していたので、その返済もなかなか大変だった。奨学金は、猶予や減額返還があったから、大変な時でも一時しのぎはできたけど。

それを抜きにしても、お金のゆとりなんかそんなになかった。当時は、手取りで月に16万円くらいの給料。ボーナスはなし。家賃4万円に、必要な生活費などは全て自分で払っていた(当たり前だけど)。

残業が多い月もあったりはしたので、そんなときは月に22万円くらいは貰っていた。まあ、普通にできるはずだ。これくらいのレベルなら。

そうは思っていても、やっぱり足りない。そんなに遊んでいるわけじゃないのに、何故か足りない。ちょいちょいニートになった期間があったりもしたけど、何故かお金のゆとりがない。そんな生活がずっと続いていた。

それが、僕のフリーター生活の大きな印象である。

入院したり、結婚式に呼ばれたり

ライフイベントとも呼べるこれらの行事。お金のゆとりがなかったフリーター時代の僕にとっては、かなりの打撃だった記憶がある。

社会に出てすぐに盲腸(急性虫垂炎)になって入院+手術したのが最初の大ダメージ。その後、結婚式に呼ばれたり、そういう急な出費が諸々。

お金がないフリーターの僕にとっては、急な出費に対応できるだけの余力なんてそこまで残っていなかったのさ。

そうしてそんなにお金がなかったのか

計算上では、月に16万円くらい貰っていれば、少し我慢して貯金ができるはずだ。計算上では。でも、できてなかった。7年くらいずっとフリーターだったけど、最初の2~3年くらいはとにかくお金がなかった記憶がある。

何故か。まず一つは、クレジットカードのキャッシングをしてしまったこと。入院やら何やらの後にとにかくお金がなくて、ついつい使ってしまった。

もう一つは、ネットワークビジネスに参加したこと。これも大きい。20代前半の頃、株で儲かって少しゆとりがあった時代もあった。しかし、若かった僕は、他人の口車に乗せられてネットワークビジネス(マルチ商法)に参加した。

そこで、一気に30万円分の商品を購入したり、毎月1万円以上商品を買ったり、セミナーやらミーティングに金を使ったりと、結構出費が激しかった。

途中で馬鹿らしくなって辞めたけど、本当に無駄なことしたなと反省している。

しかし、弁解させてほしい。マルチ商法って、本当に金持ちの人に誘われると、どうしてもその気になってしまうこともあるのだ。その辺のチンピラに勧誘されたのとはわけが違う。そんなこともあるのだ。きっと。たぶん。

そんなこんなで、フリーター時代の僕の経済状態は、なかなか上向きにならなかったのかもしれない。最早、数年前のことなので、憶測の領域に入ってきているが。

フリーターという肩書の弱さ

お金の次に大変だったのは、これだ。肩書の弱さだ。不動産を借りるにしても、友達に会うにしても、女の子とデートするにしても、親に会うにしても、この肩書の弱さによって劣等感を感じたことは数知れず。

バイト先に新入社員(正社員)が入ってきたりするのもなかなかのダメージ。

フリーターにとって日本は生き辛い国だよ。フリーターを長く続けていると、「いつまでこのままでいいのかな」という不安も強くなってきてたし。フリーターには、賞味期限があるのかもしれないな。

フリーターは大変だ。大変だけど

ポジティブに考えれば、お金の面と肩書の面だけがデメリットで、自由な時間を持ちながら生活できるという面では、かなりのメリットがあったように思う。

フリーターは、思ったよりも楽じゃない。それなりに大変なことも多々あった。

ちなみに、「正社員になれば楽」というわけじゃないと思う。正社員には正社員なりの大変さがあるし、そもそもどの会社に行くかでもかなり違うし、結局は、何を選んでも大変なことはあるってことなんだろうな、きっと。

-フリーターの生活

Copyright© フリーター脱出ブログ , 2017 All Rights Reserved.