フリーター脱出ブログ

リクルートカードはフリーターでも作れるのか


ポイント還元率1.2%の高還元を誇るのがリクルートカード。年会費が無料のクレジットカードの中では、トップクラスの還元率。

審査が緩いという情報はないが、フリーターでも申込することは可能。フリーターでも作ることはできるはず。還元率が高いので、作れたら嬉しいクレジットカード。

リクルートカードの特徴とメリット

年会費がずっと無料

年会費が嫌いな人には嬉しい。

ポイント還元率が高い

前述の通り、ポイント還元率は1.2%と、かなり高い。一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%が圧倒的に多数派なので、その2倍以上の還元率。

1万円使って120円分のポイントが貰える計算。

ポイントのここが残念

ポイント還元率は高いが、貰えるポイントがリクルートポイント。キャッシュバックには使えないので、リクルート系列サービス(じゃらんなど)のユーザーじゃないと、あまり魅力はないかも。

Pontaポイントには交換できる

同じ還元率でリクルートポイントをPontaポイントに交換することができるので、Pontaポイントユーザーなら、リクルートカードを作るメリットは十分にある。

GEOやらローソンやら、Pontaポイントが使えるお店は意外と多いので。

海外と国内の旅行傷害保険を付帯

利用付帯だけど、そこそこの保険が付帯されている。年会費無料のクレジットカードにしては、かなりしっかりした旅行保険を付帯。海外に行く場合には、リクルートカードが役立つかも。

ショッピング保険も付帯

海外と国内で対応。年会費無料のクレジットカードで、国内でも適用されるショッピング保険を付帯しているのは珍しい。

クレジットカードの旅行傷害保険って何?簡潔に解説

ブランドについて

VISAかJCBから選べる。

高還元で高機能なのがリクルートカード

リクルートカード

ポイントの使い道がかなり少ないが、使い道がある人にとっては、かなりの高還元クレジットカードになる。その他の機能も、年会費無料の割にはかなり充実しているの、なかなかおすすめのクレジットカードだという評価ができる。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じカテゴリの記事一覧へ

 - フリーターとクレジットカード

最終更新日:2017/05/08